webstation plus

 今の生活を楽しんでいますか?

 実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。

 そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』。読めば、どのような境遇でも現実を愛することから始めようと思える物語です。

 「普通に憧れる女の子」と「普通から抜け出したい女の子」の物語

 物語の主人公は、小学三年生の矢島ダイアナ。彼女は普通の女の子になりたいと夢見ていました。

 なぜなら、ダイアナは母親の影響で、普通の女の子とはかけ離れた生活をしていたからです。

 金髪に染められた髪に、「大穴」と書いてダイアナと読む名前、日本人なのにティアラと名乗るキャバ嬢の母親など、ダイアナはそのすべてを嫌っていました。

 一方で、もう一人の主人公である神埼彩子も、今とは違う自分になりたいと願っていました。

 「家」という閉じられた空間ではなく、刺激のある外の世界に憧れを抱いていました。洗練された物、教育、言葉などに囲まれて、お嬢様として暮らす日々に嫌気がさしていたんですよね。

 だからこそ、彼女たちは出会ってすぐに惹かれあうようになるのですが…。これが不幸の始まりでした。

 目の前にある現実を愛さなければ幸せにはなれない

 彼女たちはお互いの生活をうらやましく思い、目の前にある現実に向き合おうとしませんでした。その結果、二人とも不幸な思いをすることになります。

 ダイアナは、キャバ嬢として自分を育ててくれた母を見下していました。母よりも見たことも会ったこともない父親に理想を抱きます。

 また、自分を必要以上に高く評価しており、同級生から「目つきが悪い」「お高く留まっている」などと指摘されても、「知的で成熟した人たちに囲まれていないからだ」と周りの人たちのせいにしていました。

 一方の彩子も、両親から大切に育てられたのに、自分を危険にさらすような場所に出向くようになります。

 身体に良いものだけを食べ、最高の教育環境を与えられ、「汚いもの」や「酷いもの」はすべて排除してもらっていたのに、自分の力だけで外の世界で通用すると勘違いしていたのです。

 その結果、ダイアナはまわりから無視されるようになり、彩子は大学の上級生にレイプされてしまうんですよね。

 目の前にある現実を見ようとせず、理想ばかりを追いかけていた結果です。だからこそ…。

 まずは現実を受け入れるところから始めよう

 まずは、目の前にある現実を受け入れることが大切なんですよね。

 もちろん、他人をみて「羨ましい」と思うこともあるでしょう。しかし、どれだけ他人を羨んだところで、現実は変わりません。

 むしろ、理想ばかり追い求めて、現実を見なければ、ダイアナや彩子のように不幸な思いをすることになります。そんなツライ思いをするのは嫌ですよね。

 ◆

 柚木麻子さんの小説『本屋さんのダイアナ』。読めば、どのような境遇でも現実を受け入れるところから始めようと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

百田尚樹『影法師』感想/光と影はふたつでひとつ

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしよ …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか?  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …