webstation plus

 今の生活を楽しんでいますか?

 実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。

 そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』。読めば、どのような境遇でも現実を愛することから始めようと思える物語です。

 「普通に憧れる女の子」と「普通から抜け出したい女の子」の物語

 物語の主人公は、小学三年生の矢島ダイアナ。彼女は普通の女の子になりたいと夢見ていました。

 なぜなら、ダイアナは母親の影響で、普通の女の子とはかけ離れた生活をしていたからです。

 金髪に染められた髪に、「大穴」と書いてダイアナと読む名前、日本人なのにティアラと名乗るキャバ嬢の母親など、ダイアナはそのすべてを嫌っていました。

 一方で、もう一人の主人公である神埼彩子も、今とは違う自分になりたいと願っていました。

 「家」という閉じられた空間ではなく、刺激のある外の世界に憧れを抱いていました。洗練された物、教育、言葉などに囲まれて、お嬢様として暮らす日々に嫌気がさしていたんですよね。

 だからこそ、彼女たちは出会ってすぐに惹かれあうようになるのですが…。これが不幸の始まりでした。

 目の前にある現実を愛さなければ幸せにはなれない

 彼女たちはお互いの生活をうらやましく思い、目の前にある現実に向き合おうとしませんでした。その結果、二人とも不幸な思いをすることになります。

 ダイアナは、キャバ嬢として自分を育ててくれた母を見下していました。母よりも見たことも会ったこともない父親に理想を抱きます。

 また、自分を必要以上に高く評価しており、同級生から「目つきが悪い」「お高く留まっている」などと指摘されても、「知的で成熟した人たちに囲まれていないからだ」と周りの人たちのせいにしていました。

 一方の彩子も、両親から大切に育てられたのに、自分を危険にさらすような場所に出向くようになります。

 身体に良いものだけを食べ、最高の教育環境を与えられ、「汚いもの」や「酷いもの」はすべて排除してもらっていたのに、自分の力だけで外の世界で通用すると勘違いしていたのです。

 その結果、ダイアナはまわりから無視されるようになり、彩子は大学の上級生にレイプされてしまうんですよね。

 目の前にある現実を見ようとせず、理想ばかりを追いかけていた結果です。だからこそ…。

 まずは現実を受け入れるところから始めよう

 まずは、目の前にある現実を受け入れることが大切なんですよね。

 もちろん、他人をみて「羨ましい」と思うこともあるでしょう。しかし、どれだけ他人を羨んだところで、現実は変わりません。

 むしろ、理想ばかり追い求めて、現実を見なければ、ダイアナや彩子のように不幸な思いをすることになります。そんなツライ思いをするのは嫌ですよね。

 ◆

 柚木麻子さんの小説『本屋さんのダイアナ』。読めば、どのような境遇でも現実を受け入れるところから始めようと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『PK』感想/臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 勇気を振り絞って生きていますか?  私はできるだけ勇気を振り絞りながら生きているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『PK』を読んで、臆病も勇気も伝染することに気づきました。  そのため、今よりも勇気を振り絞って生きてい …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人間の末路を描いた物語

 何かに依存していませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない!?

 人間に与えられた特権を使っていますか?  実は私たち人間には他の生物にはないある特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように過ごしている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はジェットコースターに乗っているかのような爽快感が味わえる物語

 サスペンスはお好きですか?  私はドキドキ感が味わえるサスペンスが大好きで、小説だけでなく映画もよく観ていますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』は一味違いました。  ハラハラドキドキ感が味わえるだけ …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …