webstation plus

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。

 たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認したりと、あれこれ動くはずです。

 もちろん、こうした行動が悪いわけではありませんが、少し視点を変えると、まったく違った風景が浮かび上がってくるんですよね。

 幕末も多くの人たちが揺れ動いていた

 物語の舞台は幕末の江戸城。勝海舟と西郷隆盛の間で江戸城は不戦開城することが取り決められていましたが、その約束とは無関係に、誰もが様々な思いを巡らせていました。

 たとえば、最後の将軍・徳川慶喜を担ぎ上げて、新政府の樹立を阻止しようとする彰義隊や、幕府を武力で叩き潰す機会を虎視眈々と狙う新政府、このどちらにも属さずに、金目のものを売りさばいて自由気ままに生きようとする旗本など、多くの人たちが自分の利益を考えて行動していたのです。

 一方で自分の利益を度外視する人たちもいました。勝海舟はもちろんのこと、尾張徳川の部下、加倉井隼人もそのひとり。彼は大した役職に就いていませんでしたが、江戸城明け渡しに先んずる官軍の俄か隊長を命じられました。

 要は開城の勅使が向かう前の斥候です。城内に問題があった場合、殺されてもいい捨て駒として選ばれたのです。

 このように、自分の利益になろうがなるまいが誰もが時代の流れに翻弄されていたわけですが…。

 まわりに翻弄されることなく自分の意志を貫く主人公

 この物語の主人公である的矢六兵衛は、まるで何事もなかったかのように自分の持ち場を離れませんでした。

 開城談判が成立した途端に、梃子でも動かなくなり、御所院番所の宿直部屋に座り続けます。それだけでなく、話かけても答えてくれませんでした。

 六兵衛は何のために座り続けているのか、なぜ話しかけても答えてくれないのか謎だらけです。とはいえ、放っておいては幕府と新政府との争いの火種になりかねません。

 そこで六兵衛を説得しようと、勝海舟や加倉井隼人、大村益次郎や木戸孝允、さらには将軍まで彼と対面しますが、誰一人として六兵衛を説得できませんでした。

 むしろ、説得する側の弱い心が浮き彫りになっていく一方です。そんな彼らの姿を見ていると…。

 意志を貫く人には誰も敵わない

 意志の力には世界をも動かす力があるように思えてきます。

 冒頭に紹介したように、私たちはまわりの影響を色濃く受けて生きています。しかし、六兵衛のように自分の信念を貫き、まわりを左右していく強さを持つことが、変化が激しい時代にあっても自分らしく生きる秘訣のように思えてきました。

 浅田次郎さんの小説『黒書院の六兵衛』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …