webstation plus

castle_01

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさえすれば「成功者」と称えられる――そんな世界で生きている。

 たとえば、私たちはこれから「超高齢社会」を迎えることになる。現在の日本では現役世代2.4人で老人1人を養っているが、2050年には現役1.2人で老人1人を支えることになる。そのため、年金や医療費といったお金の捻出方法だけでなく、介護や孤独死問題など今から解決手段を考えておくべき問題は山積みだ。

 それにも関わらず、テレビをつけても、ネットをみても、この問題を真剣に解決しようとしている人は少ない。「話題づくり」や「金儲け」のためなのか、相変わらず「政府が悪い」とか、「高齢者自身にも問題がある」とか、「老害」だとかいって、自分以外の誰かを批判するだけで何の行動も起こそうとはしない。これでは「武士道のカケラ」もないではないか――そう思いたくもなる。

 小説『黒書院の六兵衛』は、そんな私たちに「武士道」の大切さを教えてくれる。

 物語の舞台は、幕末の江戸城。すでに鳥羽伏見の戦いが終わり、十五代将軍慶喜は上野寛永寺で謹慎していた。そして、勝海舟と西郷隆盛の談判によって、江戸城は無血開城することに決まっていたのだが――そんな江戸城に居座るひとりの人物がいた。彼の名前は「的矢六兵衛」らしい。というのも、彼は一言も発せず江戸城に居座り続けていたからだ。

 六兵衛は、まるで無血開城の談判などなかったかのように、御書院番士としての任務を全うする。御書院番士の持場である虎の間に今でも無言で居座り続けているのだ。では、なぜ彼は居座り続けるのか。

 その謎を解き明かす役目を与えられたのが、尾張藩江戸詰めの下級武士・加倉井隼人である。加倉井は、江戸城を無血開城し、天子様を迎える準備を整える任務を与えられていた。そのため、六兵衛を切り捨てるわけにもいかず、どうにか説得して穏便に江戸城から追い出す必要があった。

 しかし、どれだけ説得を試みたところで六兵衛は返事をしようとさえしない。そればかりか、「何をバカなことを言っているのだ」といわんばかりに鼻で嗤われる始末。そこで、加倉井は仕方なく的矢六兵衛なる人物がどのような人物なのか調査することに。

 その結果、わかったことは――「虎の間にあるというその侍は、的矢六兵衛であって的矢六兵衛ではない」ということ。すなわち、六兵衛と名乗っている侍は、六兵衛という名と身分を大金で買い取り、本物の六兵衛とすり替わっていたのだ。では、なぜ偽・六兵衛は、価値がなくなることがわかりきっている御書院番士という身分を大金を払ってまで買い取ったのだろうか。

 彼は、誰かが「武士としての責任をとる必要がある」と考えていた。十五代将軍慶喜は何ひとつせずに上野寛永寺で謹慎している。江戸城に残った武士たちも、これまでの権威が失われるかもしれない恐怖に怯え、そしてこれからの生活に想いを馳せている。その他の武士たちも、新政府での自分の価値を高めることに必死になっている。

 つまり、誰一人として最後まで武士としての務めを果たそうとはしていなかった。このままでは、これまで命がけで闘ってきた武士たちが報われない。これまで真面目に任務に励んできた武士たちが報われない――。そこで、偽・六兵衛は、自分が武士としての生き様を貫き通す役目、つまり、全てが終わるまで「これまでと変わらない生活を全うする役割」を自ら買ってでたのである。

 誰かがなさねばならぬ務めを誰もやろうとせぬのなら、おのれが進んでなさねばなるまい。また、誰かがなさねばならぬ務めをみながやりたがるのなら、おのれは引き下がらなければなるまい。それが武士たるものの心がけでござろう。

 さて、私たちも六兵衛と同じように、これから「時代の変革期」を迎えることになる。超高齢社会の到来だけでなく、ロボットの発達によって仕事の大半が自動化されたり、医療の発達によって100歳を超えても元気で過ごせるような時代を迎えることになる。そんなとき、これまでの役割を捨て去って、いち早く時代の波に乗ることも大切なのだろうが、そういう生き方だけが「正しい」と考える人生はむなしい。

 時代に乗り遅れたり、終末を迎える人たちを「老害だ」「時代遅れだ」と批判するのは簡単だが、そういう人たちがいたからこそ、今の私たちが「ある」。小説『黒書院の六兵衛』は、武士道とは何かを教え、そして全ての人に敬意を払うキッカケを与えてくれる。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …