webstation plus

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。

 たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認したりと、あれこれ動くはずです。

 もちろん、こうした行動が悪いわけではありませんが、少し視点を変えると、まったく違った風景が浮かび上がってくるんですよね。

 幕末も多くの人たちが揺れ動いていた

 物語の舞台は幕末の江戸城。勝海舟と西郷隆盛の間で江戸城は不戦開城することが取り決められていましたが、その約束とは無関係に、誰もが様々な思いを巡らせていました。

 たとえば、最後の将軍・徳川慶喜を担ぎ上げて、新政府の樹立を阻止しようとする彰義隊や、幕府を武力で叩き潰す機会を虎視眈々と狙う新政府、このどちらにも属さずに、金目のものを売りさばいて自由気ままに生きようとする旗本など、多くの人たちが自分の利益を考えて行動していたのです。

 一方で自分の利益を度外視する人たちもいました。勝海舟はもちろんのこと、尾張徳川の部下、加倉井隼人もそのひとり。彼は大した役職に就いていませんでしたが、江戸城明け渡しに先んずる官軍の俄か隊長を命じられました。

 要は開城の勅使が向かう前の斥候です。城内に問題があった場合、殺されてもいい捨て駒として選ばれたのです。

 このように、自分の利益になろうがなるまいが誰もが時代の流れに翻弄されていたわけですが…。

 まわりに翻弄されることなく自分の意志を貫く主人公

 この物語の主人公である的矢六兵衛は、まるで何事もなかったかのように自分の持ち場を離れませんでした。

 開城談判が成立した途端に、梃子でも動かなくなり、御所院番所の宿直部屋に座り続けます。それだけでなく、話かけても答えてくれませんでした。

 六兵衛は何のために座り続けているのか、なぜ話しかけても答えてくれないのか謎だらけです。とはいえ、放っておいては幕府と新政府との争いの火種になりかねません。

 そこで六兵衛を説得しようと、勝海舟や加倉井隼人、大村益次郎や木戸孝允、さらには将軍まで彼と対面しますが、誰一人として六兵衛を説得できませんでした。

 むしろ、説得する側の弱い心が浮き彫りになっていく一方です。そんな彼らの姿を見ていると…。

 意志を貫く人には誰も敵わない

 意志の力には世界をも動かす力があるように思えてきます。

 冒頭に紹介したように、私たちはまわりの影響を色濃く受けて生きています。しかし、六兵衛のように自分の信念を貫き、まわりを左右していく強さを持つことが、変化が激しい時代にあっても自分らしく生きる秘訣のように思えてきました。

 浅田次郎さんの小説『黒書院の六兵衛』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』はコメディとしても楽しめるサスペンス小説

 サスペンスはお好きですか?  私はサスペンスと聞くとシリアスなイメージを思い浮かべますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はシリアスとはかけ離れていました。  前作同様に、シリアスなシーンでもギャング …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

伊坂幸太郎『モダンタイムス』は大きな流れには逆らえなくても小さな幸せは守りたいと思える物語

 権力を握っている人に媚びを売って生きていませんか?  私は両親から「いつまでも反抗期だねぇ」と言われるほど、権力に媚びを売らずに生きてきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『モダンタイムス』を読んで、その生き方で良かったかな …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしているつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本署は知念実 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』は古書を手に取ってみたくなる恋愛ミステリー小説

 古書を読んでいますか?  私はどちらかと言うと、人気作家の新作本を読むことが多いのですが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖』を読んで、古書を手に取ってみたくなりました。  夏目漱石や太宰治の小説がとても身近に …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …