webstation plus

billionaire_01

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能に見切りをつけてあきらめてしまう。

 しかし、多くの億万長者は、「やる」と決めたことは決して諦めない。なぜなら、壁やトラブルにぶち当たったとしても、それを乗り越える解決手段が必ずあることを知っているからだ。

 では、壁やトラブルにぶち当たったとき、私たちはどうすればいいのだろうか。日本やアジアで数多くの事業を成功に導いてきた実業家、サチン・チョードリー氏によると、次の5つを実践すべきだという。

  1. 少ない力で多くのものを得る
  2. 自分の枠を超えた発想で考え行動する
  3. やわらか頭で考えてピンチをチャンスにする
  4. 自分を抑えつけない
  5. セルフ・エフィカシーを大事に育てる

 それぞれ簡単に説明していこう。

 人生とビジネスを大逆転させる5つの鍵

1. 少ない力で多くのものを得る

 簡単にいえば、何でも自分ひとりでやろうとしないこと。できないこと、不得意なことはその分野が得意な人にお願いしたほうがいい。

 少し悪い言葉でいえば、「少ない力で済ませる」「不要な手間はかけない」「使えるものはなんでも利用する」ということ。自分の使えるリソースは何でも使っていくことが大切である。

 とはいえ、「お願いばかりしていては相手に迷惑がかかるのでは?」と不安に思う人もいるだろう。しかし、お願いをしたほうが相手との信頼関係が築ける。なぜなら、お願いをするという行為は、相手を信頼していなければできない行為だからだ。

 そのため、問題が起きたときは自分ひとりで抱え込まずに、得意な人にお願いするようにしていこう。そうすれば、諦めずにすむだけでなく、信頼関係を築いていくことができるだろう。

2. 自分の枠を超えた発想で考え行動する

 私たちには無限の可能性がある。しかし、大人になるにつれて、その可能性を信じられなくなってしまう。なぜなら、「常識」に縛られてしまうからだ。

 もちろん、常識に縛られた状態では、新しい発想など生まれない。その結果、他人よりも結果が出せなくなり、諦めやすくなってしまう。

 そこで、子どものように無邪気に発想することが必要になる。自分の欲望に忠実で、欲しいものをためらいなく口にし、自分の夢にも決してフタをして抑えこまない。もし、そういった無邪気さを取り戻すことができれば、自分の枠を超えた発想で考え、行動できるようになるだろう。

3. やわらか頭で考えてピンチをチャンスにする

 物事は捉え方によっていくらでも変わる。たとえば、コップ半分の水で人生を諦める人もいれば、生き残る人もいる。預金通帳を見て、「まだ大丈夫」と思える人もいれば、そうでない人もいる。

 このように同じ状況であっても、どのように捉えるかは人によって違う。ここで、ポジティブに捉えることができれば、ピンチをチャンスに変える可能性が生まれる。

 もちろん、ポジティブに捉えるだけでは何も変わらない。ポジティブ思考に加えて、「なんとか逆転できる方法はないか」「今よりもうまくいく方法はないか」と四六時中模索し続けることが大切だ。あとは、間違いを指摘されたら、素直に受け入れること。そうした頭の柔らかさがあれば、ピンチをチャンスに変えることができるだろう。

4. 自分を抑えつけない

 私たち日本人の美徳のひとつに「相手の迷惑にならないように行動する」ことが挙げられるが、必要以上に相手を意識しすぎてはいけない。なぜなら、「相手の迷惑にならないようにする」といいながら、実際は「断られたらどうしよう」「力がないと思われたらどうしよう」という不安を先延ばしにするための口実している可能性があるからだ。

 もちろん、そうやってダラダラと不安を先延ばしにしたところで、良いことなど何もない。むしろ、諦めるキッカケになってしまう。そのため、どれだけ不安に思ったとしても、先延ばしにするのはやめ、思い切って相手の懐に飛び込んでみることが大切だ。

 そうして飛び込んだ結果、たとえ失敗したとしても、失うものなど何もない。むしろ、得られるものの方が大きい。行動に移せば必ず何らかの変化が生まれるからだ。目の前の状況が進展したり、自分の人間としての成長につながったりする。だからこそ、不安になったときは、自分を抑えつけずにすぐに飛び込むクセをつけよう。

5. セルフ・エフィカシーを大事に育てる

 「セルフ・エフィカシー(自己効力感)」とは、「私ならできる」という感覚のこと。仕事でも、プライベートでも、こういった自信がなければ、何かを成し遂げることなどできない。

 では、どうすればこうした自信が育てられるのだろうか。それは、自分で決めたことを確実にやり遂げること。自分との約束を確実に守ることだ。そうすれば、自分との信頼関係が築ける。これこそが自信である。

 もし、すぐに諦めるクセがあるのなら、自分との約束を守る習慣がないからだろう。そうだとしたら、たとえ小さなことからでも、やると決めたことは必ずやるクセをつけていこう。そうすれば、セルフ・エフィカシーが身につき、簡単に諦めないようになれる。

 ◆◆◆

 多くの億万長者は、自分で決めたことを諦めずに挑戦することで億万長者になった。しかし、私たちは、自分の才能に簡単に見切りをつけて諦めてしまう。それは、自分も他人も信頼していないからだ。

 たしかに、どれだけ努力をしても報われるとは限らない。しかし、努力せずに成功している人はいない。つまり、私たちの目の前には2つの選択肢がある。ひとつは、努力もせずに、すぐに自分の才能に見切りをつけて諦める道。もうひとつは、報われないとしても自分の才能を信じて挑戦し続ける道だ。

 もちろん、どちらの道を選ぶかはあなた次第だ。しかし、多くの成功者は、自分の才能を信じて挑戦し続けている。たとえ報われなかったとしても。

 関連記事

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

よくわからない体調不良は「首こり」が原因!?

 原因がよくわからない体調不良に悩まされていませんか。  私は悩まされていました。頭がぼんやりしたり、疲れやすかったり、お昼を過ぎると急激に眠たくなったり。  実はこのような体調不良は「首こり」に原因があるそうです。もっ …