webstation plus

billionaire_01

「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まであきらめてはいけないのである」

 とは、松下幸之助さんの言葉ですが、私たちは失敗するとすぐに挑戦するのを諦めてしまいますよね。

 私もピンチになったときは逃げだしたくなりますが、億万長者になった人たちの多くは、やると決めたことは決してあきらめないそうです。

 なぜなら…。

 失敗しても解決できる手段は必ずある!?

 壁やトラブルにぶち当たっても、それを乗り越える解決手段が必ずあると信じているからです。

 大きく次の5つの行動をとって問題を解決しようとするんですよね。

  1. 少ない力で多くのものを得る
  2. 自分の枠を超えた発想で考え行動する
  3. やわらか頭で考えてピンチをチャンスにする
  4. 自分を抑えつけない
  5. セルフ・エフィカシーを大事に育てる

 それぞれ簡単に紹介していきます。

 人生とビジネスを大逆転させる5つの鍵

1. 少ない力で多くのものを得る

 簡単にいえば、何でも自分ひとりでやろうとしないことです。できないこと、不得意なことはその分野が得意な人にお願いします。

 そもそも、失敗したのも不得意なことに挑戦したことが原因かもしれません。それにも関わらず、同じことを繰り返しても成功には近づけませんよね。

 だからこそ、自分ひとりでやるのではなく、多くの人たちに協力を求め、「少ない力で済ませる」「不要な手間はかけない」「使えるものはなんでも利用する」ことが大切なのですが…。

 とはいえ、「お願いばかりしていては相手に迷惑がかかるのでは?」と不安に思う人もいるでしょう。

 しかし、お願いをした方が相手との信頼関係が築けます。お願いするという行為は相手を信頼していなければできない行為だからです。

 そのため、問題が起きたときは自分ひとりで抱え込まずに、得意な人に協力を求めましょう。そうすれば、少ない労力で多くのモノが得られるはずです。

2. 自分の枠を超えた発想で考え行動する

 私たちには無限の可能性が秘められていますが、大人になるにつれて、その可能性を信じられなくなっていきます。「常識」に縛られてしまうからです。

 とはいえ、常識に縛られていては、新しい発想は生まれません。新しい発想がなければ、ピンチを乗り越えることはできないでしょう。

 そこで、子供のように無邪気に考えて行動する必要が出てくるわけです。

 自分の欲望に忠実で、欲しいものをためらいなく口にし、自分の夢にもフタをして抑え込まない無邪気さが必要になるんですよね。

 そのためには、自分の感情を大切にしましょう。自分の思いを大切に育てていけば、今までの自分の枠を超えた発想で考え、行動できるようになれますよ。

3. やわらか頭で考えてピンチをチャンスにする

 物事は捉え方によってどうにでも変わりますよね。

 たとえば、コップ半分の水をみて、まだまだ水があると思う人もいれば、もう水がないと思う人もいます。

 同じように預金通帳をみて「まだまだ大丈夫」と思う人もいれば、そうでない人もいます。

 このように同じ状況でも、どのように捉えるかは人によって違うわけですが、ポジティブに捉えることができれば、ピンチをチャンスに変える可能性が生まれます。

 もちろん、ポジティブに捉えるだけでは何も変わりませんが、「なんとか逆転できる方法はないか」「今よりも上手くいく方法はないか」と考え続ければ…。

 きっとピンチをチャンスに変えることができますよ。

4. 自分を抑えつけない

 私たち日本人の美徳のひとつに「相手の迷惑にならないように行動する」ことが挙げられますが、必要以上に相手を意識して自分を抑えつけるのはよくありません。

 実は、「相手の迷惑にならないようにする」と言いながら、実際は「断られたらどうしよう」「力がないと思われたらどうしよう」という不安を先延ばしにするための口実にしていることが多いからです。

 もちろん、不安を先延ばしにしたところで良いことなどありません。むしろ、諦めるキッカケになってしまいます。

 そのため、どれだけ不安に思ったとしても、先延ばしにするのはやめ、思い切って相手の懐に飛び込んでみましょう。

 そうして飛び込んだ結果、たとえ失敗したとしても、得られるものは必ずあります。行動に移せば必ず何らかの変化が生まれるからです。

 だからこそ、自分を抑えずに、すぐに飛び込むことが大切なんですね。

5. セルフ・エフィカシーを大事に育てる

 セルフ・エフィカシーとは、「私ならできる」という感覚のことです。仕事でも、プライベートでも、自信がなければ、何かを成し遂げることなどできませんよね。

 では、どうすれば自信は育てられるのでしょうか。

 それは、自分で決めたことを確実にやり遂げることです。自分との約束を確実に守れば、自分との信頼関係が築けます。これこそが自信なんですよね。

 だからこそ、やると決めたことは必ずやるクセをつけましょう。そうすれば、セルフ・エフィカシーが身につき、簡単に諦めないようになれますよ。

 最後に

 多くの億万長者は、ピンチになってもあきらめずに挑戦し続けることで、億万長者になりました。

 一方の私たちは、自分の才能に簡単に見切りをつけて諦めてしまいがちです。それは、自分も他人も信頼していないからかもしれません。

 たしかに、どれだけ努力をしても報われるとは限りません。しかし、努力せずに成功している人もいません。

 つまり、私たちの目の前には2つの選択肢があるのです。ひとつは、努力せずに、すぐに自分の才能に見切りをつけて諦める道。もうひとつは、報われないとしても自分の才能を信じて挑戦し続ける道です。

 もちろん、どちらの道を選ぶかは自分次第です。あなたはどちらの道を選びますか?

 関連記事

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。  私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。  そこ …

自分がわからなくなるのは遊びを疎かにして仕事ばかりしているから

 仕事よりも優先すべきことって何だかわかりますか。  もちろん、いろいろありますが、「遊び」もその一つ。「遊んでばかりいないで仕事をしなさい」なんて言葉が、ドラマや小説にもよく出てきますが、仕事よりも遊びの方がよっぽど大 …

「時間が足りない人」に足りていないのは時間ではなくスピード

 「時間がない!」と愚痴をこぼしていませんか。  しかし、時間がないと言う人に限って、無駄なことばかりしているように思えます。  たとえば、すぐに片づくはずの仕事になかなか手をつけず、先送りしてだらだら働いていたり、残業 …

会社にすべてを捧げる生き方はもう古い!?人生100年時代を生き抜くために作るべき3つの居場所

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。  下図は2016年までの自殺者数をグラフにしたものですが、圧倒的に男性の方が多いですよね。女性の2倍以上あります。  では、なぜ男性の自殺 …

AIに仕事を奪われないようにするために必要なたったひとつの能力

(※『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』表紙より)  人間にしかできない仕事をしていますか?  オックスフォード大学のある研究チームの予測によると、AI化によって10年から20年後に全雇用者の約47%が職を失うそ …

アイデアが浮かばないのは能力の問題?考える練習を繰り返そう

 アイデアが浮かばないのは能力の問題だと思っていませんか?  もちろん能力の問題ではありません。アイデアが浮かばないのは、「考え方を知らない」もしくは「考える練習をしていない」からです。  私もまったくアイデアが浮かばな …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …