webstation plus

money_02

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手に入れたところで幸せにはなれないだろう。なぜなら、「ここではないどこか」に幸せがあると勘違いしているからだ。

 たしかに、お金には「欲しいもの」を手にするだけの力がある。しかし、あなたは本当に欲しいものがわかっているだろうか。本当に欲しいものがわかっていないから、世間一般でいわれている「世界一周」「大きな家」「幸せな家族」を追い求めているのではないだろうか。すなわち、「ここではないどこか」にお金が連れて行ってくれると期待しているのではないだろうか。

 もし、そうだとしたら、大金を手に入れたところで幸せにはなれないだろう。お金には世間一般で言われている「漠然とした夢」を現実にする力はあっても、「あなたが本当に実現にしたい夢」を現実にする力はないからだ。だから、宝くじに当選した人たちのその後の人生が、悲惨なものになってしまうのかもしれない。

 小説『億男』の主人公である一男も宝くじに当選したひとり。それまでの彼は失踪した弟の借金を肩代わりし、それが原因で妻子と別居していた。毎日の生活といえば、借金返済のために朝から晩まで働き続けるだけ。まったく余裕のない毎日を過ごしていたのである。

 しかし、ある日。彼に転機が訪れる。福引で手に入れた宝くじが3億円に当選していたのだ。彼は「これで家族が取り戻せる、幸せになれる」と喜んだのだが――家族は帰ってこなかった。そればかりか「自分が本当に欲しかったもの」が何なのかを見失ってしまう。

 そんなときに思い出したのが、ITベンチャーで大金持ちになっていた大学時代の親友、九十九。一男は九十九に会って「お金の使い方」と彼が探し求めていた「お金と幸せの答え」を教えてもらおうとする。しかし、九十九は一男と再会した翌日に、一男の三億円と共に姿を消してしまった。ここから、一男の旅が始まる。

 九十九を探す為にかつて九十九と同僚だった人たちと会うことにした一男だったが、彼らとの出会いを通して「お金と幸せの関係」について学んでいくことになった。

 ある女性は、古びた集合住宅に住んでいるが、押し入れの中には数十億円という大金が眠っていた。しかし、彼女は夫にはそのことを打ち明けていない。お金があることで夫が働かなくなってしまうのを怖れたからだ。しかし、実は夫は彼女が大金を隠し持っていることを知っている。だけど、それを彼女に告げる勇気はない。このように、彼女夫婦は、お金のせいで愛情を失うことを怖れる毎日を過ごしていたのである。

 また別の男性は、所持金を減らすためにギャンブルに明け暮れる毎日を過ごしていた。では、なぜ彼は所持金を減らしたいのか。それは、よくわからない親戚や友人たちが多く集まってきたからだという。そのせいで、彼は自分のところにくる人間はすべて金目当てだと思うようになった。もちろん、本物の友情もあるはずだ。しかし、彼は友達に裏切られることに怯え、本当の恋をしていても、その女性が金目当てのように思ってしまうほど人が信じられなくなっていた。そうして、友人や恋人を失っていった。

 他にも、自己啓発セミナーでお金の意味を説き、信者から膨大な金を巻き上げている男もいる。彼はそのセミナーがウソで役に立たないことに気づいていながらも、やめようとはしなかった。お金が欲しいからではない。彼を信じる人たちとの関係を失いたくなかったからだ。たとえ、それが利害で結ばれた関係であろうとも、彼にはそれしかなかったのである。

 このように、一男は、彼らと出会うことでお金の負のエネルギーを見せつけられることになった。彼らは大金を手に入れる代償として、愛情や友情、そして信頼といった大切な何かを失っていた。そして、九十九と再会した一男は大切なことに気づく。それは、「想像力を持って、世界のルールを知る。そして勇気を持ってやりたいことに踏み込む。その勇気さえあれば、ほんの少しのお金で充分だと思える」ということを。

 さて、この物語を通してわかることは、たとえ大金を手に入れたとしても、本当に欲しいものがわかっていなければ、お金が原因で不幸になってしまう可能性が高いということだ。すなわち、九十九の同僚たちのようにお金の力に負けてしまう。

 では、どうすればいいか。本当に自分が欲しいものとは何かを常日頃から考えておくことだ。世間一般で言われているモノではなく、本当に心から手にいれたいと思うなにか――ブロガーや小説家としての成功、ハンドメイド作家としての活躍…といった「自分の夢」を理解しておくべきだ。そうすれば、たとえ大金を手に入れたとしてもお金の力に負けることはないだろう。もちろん、それだけでなく、お金の力を使って「今よりも楽しい毎日」を過ごせるはずだ。

 関連記事

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が舞台のミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …