webstation plus

(※『億男』表紙より)


 お金があれば幸せになれると思っていませんか。

 しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、まったく幸せそうに思えないからです。

 とはいえ、お金がなくても大丈夫かといえばそうではありません。どれだけ愛情がある夫婦でも、お金がなければいつか破綻してしまいます。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 そこで今回は、川村元気さんの小説『億男』を参考に、お金を稼いで幸せになる方法について考えてみたいと思います。

 『億男』ってどんな小説?

 主人公の一男は、妻と娘と幸せに暮らしていましたが、弟の借金を肩代わりしたことをキッカケにツライ日々を過ごすことになりました。

 妻と娘に出ていかれ、朝は図書館司書として働き、夜はパン工場で働く毎日。ぐっすりと眠る時間もありません。

 しかし、そんな一男に幸運が舞い降ります。宝くじで三億円当たったのです。

 一男はこれで全てが取り返せると思いましたが、ネットで宝くじ当選者のその後を調べてみてショックを受けました。多くの人が不幸になっていたからです。

 そこで一男は親友で億万長者でもある九十九に相談にいきます。しかし、九十九は一男の三億円を持って行方をくらませました。一男は九十九の行方を探しますが――。

 お金と幸せの関係について考えたくなる物語です。

 お金を稼いで幸せになる方法

1. お金を稼ぐ最も簡単な方法とは?

 それは「徹底して真似る」こと。プロとしてお金を稼いでいる人たちの行動を徹底的に観察し、真似をすることです。

 本書の登場人物である九十九も、そうして億万長者になった一人。コミュニケーション力がなく、人と会話をするのが苦手でしたが、徹底的に真似をすることで大金持ちになりました。

 彼はこんなことを言います。

「一万円札の大きさを知っているかい?」

 そして次のように続けます。

「君は、少し調べるだけで分かるあたりまえのルールを知ろうともしなかった。お金の世界では、このルールを理解しているものが富み、知らない人間が貧しくなっていく。ポーカーやチェスと変わらない。そこには、誰にでも平等なルールがあるだけなんだよ。ただ、そのルールを理解し、勝てるまで学び、考えて行動する。それだけが勝敗を分けているんだ」

 つまり、金持ちになりたければ徹底的に金持ちの真似をしてルールを理解すること。そうすれば、金持ちになることができ、たとえ一度お金を失ったとしても取り戻すことができるんですよね。

 徹底的に真似をすることがお金持ちになる第一歩だとわかります。

2. なぜ、お金があっても幸せになれないのか?

 とはいえ、お金持ちになったとしても幸せになれるとは限りません。九十九も大金持ちになりましたが、それほど幸せを感じていませんでした。

 なぜなら、信頼して共に会社を立ち上げた3人のメンバーに裏切られてしまったからです。

 一方の九十九を裏切った3人も大金持ちになったものの幸せを感じていませんでした。九十九を裏切ったことを悔やみ、お金に縛られて生きていたからです。

 つまり、どれだけお金があっても心から信頼できる親友やパートナーがいなければ不信感だけが募っていき、幸せを感じられないということ。

 お金があれば多くのモノは手に入りますが、人との信頼関係だけは手に入らないことがわかります。

3. では、どうすれば幸せになれるのか?

 それは、お金を稼ぐ力をつけながら、お金では買えない信頼関係を築くことです。

 一男が三億円を持って行方をくらませた九十九を信じ続けたように、何があっても信じられる人を見つけること。信頼できる人間関係を築くことです。

 そうすれば、たとえお金に振り回されることがあっても自分を取り戻すことができます。お金は大切ですが、それだけでは幸せになれないんですよね。

 ぜひ実際に読んでお金と幸せの関係について考えてみてください。

 最後に

 川村元気さんの小説『億男』。読めばお金は大切だけれど、それと同じくらい人との信頼関係が大切だとわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …