三上延『ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ』は横溝正史の小説が無性に読みたくなる物語

おすすめ小説

横溝正史をご存知ですか?

私は金田一耕助シリーズの著者であることは知っていましたが、

実際に金田一耕助シリーズを読んだことがなかったので、名前だけ知っている程度でした。

しかし、『ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ』を読んで、横溝正史の小説を読んでみたくなったんですよね。

おすすめ度:4.5

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • 古書にまつわるミステリーが好きな人
  • 横溝正史の小説に興味がある人
  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』が楽しめた人
  • 三上延さんの小説が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:高校生になった扉子がおばあちゃんから呼び出される物語

物語は高校生になった篠川扉子が、祖母である篠川智恵子から呼び出されるところから始まります。

智恵子は、扉子の父である大輔が日記としてつけていた『マイブックー2012年の記録ー』と『マイブックー2021年の記録ー』を借りて、行きつけのカフェに来いと言うのです。

さらに、

「確認したいことというのはね、2012年と2021年に起こった横溝正史の『雪割草事件』について」

と電話で伝えたっきり、詳しい内容を教えてくれなかったので、扉子はこの日記を読みたくてうずうずしていました。

「なぜ、一冊の本で二回も事件が起こったのだろう」と湧き上がる疑問を抑えきれなかったんですよね。

そこで扉子は、智恵子が来るまで父の日記を読むことにします。

まず彼女が手に取ったのは、自分が生まれた年の「2012年の事件手帖」でしたが、そこには…。

という物語が楽しめます。

スポンサーリンク

ビブリア古書堂に幻の本を探して欲しいという依頼が舞い込む

扉子が手に取った「2012年の事件手帖」に書かれていたのは、母・栞子さんと大輔が結婚した直後の話で、

ビブリア古書堂に井浦清美という女性が横溝正史の『雪割草』という本を探して欲しいと依頼をしに来たところから始まります。

その本は、清美の母の姉、つまり伯母である上島秋世が生前に持っていたもので、幻の作品だと言われていました。

書籍化されておらず、また数枚の原稿は見つかっていましたが、

長編なのか短編なのかもわからず、ジャンルも明らかになっていない作品だったからです。

さらに、その本は盗まれており、盗んだ犯人は母の初子だと、母の双子の妹である春子が主張していると言うんですよね。

この話を聞いた栞子さんは、二つの謎があると言います。

それは、

  1. 存在しないはずの『雪割草』が何らかの形で存在していたのか?まったく別のものがあったのか?そもそも春子の狂言だったのか?
  2. 仮に存在していたとして誰がどうやって盗んだのか?春子が初子が犯人だという理由は何なのか?

というものでした。

そこで栞子さんと大輔は、幻の本『雪割草』があった上島秋世の家に行ったところ…。

9年越しに謎が解決する物語

この続きは実際に読んでもらうとして、「2012年の事件手帳」では一部の謎が残されたまま幕を閉じますが、

「2021年の事件手帳」では、横溝正史の『病院坂の首縊りの家』という小説をトレースするかのように物語が展開していくんですよね。

さらに、この物語の黒幕が「あの人物」だということがわかって…。

というように、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ』は、横溝正史の小説が謎を解く鍵になっているので、実際に読んでみたくなる物語ですが、

それだけでなく古書にまつわるミステリーとしても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました