webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。

 これまで登場してきた人物のその後が描かれているのでシリーズ好きにはたまらない作品になっています。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第八弾の本書は、栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれています。

 すでに栞子さんとそっくりの娘・扉子が生まれており、栞子さんが扉子に本にまつわる話を聞かせるという形式で物語が進んでいきます。

 これまでのシリーズに登場した人物――坂口昌志・しのぶ夫妻や志田さん、吉原喜一たちのその後が描かれているのでシリーズファンにはたまらないんですよね。

 読めば読むほど古書に興味が湧いてくる物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

渡辺 誠『昭和天皇のお食事』

北原 白秋『からたちの花―北原白秋童謡集』

谷川 俊太郎『もこもこもこ』

平山 和子『くだもの』

久生 十蘭『定本久生十蘭全集』

ロジェ カイヨワ『遊びと人間』

伏見 つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

宮崎 駿『泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート』

佐々木 丸美『雪の断章』

内田 百けん『王様の背中』

森田 たま『もめん随筆』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』を紹介してきました。

 本書で番外編も含めて出版されている『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズは終わりです。今後もこのシリーズが続いていくことを願いつつ、これまで本書で紹介されてきた古書をゆっくりと読んでいきたいと思います。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

対立はなくならない…ではどうする?/伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …