webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。

 これまで登場してきた人物のその後が描かれているのでシリーズ好きにはたまらない作品になっています。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第八弾の本書は、栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれています。

 すでに栞子さんとそっくりの娘・扉子が生まれており、栞子さんが扉子に本にまつわる話を聞かせるという形式で物語が進んでいきます。

 これまでのシリーズに登場した人物――坂口昌志・しのぶ夫妻や志田さん、吉原喜一たちのその後が描かれているのでシリーズファンにはたまらないんですよね。

 読めば読むほど古書に興味が湧いてくる物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

渡辺 誠『昭和天皇のお食事』

北原 白秋『からたちの花―北原白秋童謡集』

谷川 俊太郎『もこもこもこ』

平山 和子『くだもの』

久生 十蘭『定本久生十蘭全集』

ロジェ カイヨワ『遊びと人間』

伏見 つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

宮崎 駿『泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート』

佐々木 丸美『雪の断章』

内田 百けん『王様の背中』

森田 たま『もめん随筆』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』を紹介してきました。

 本書で番外編も含めて出版されている『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズは終わりです。今後もこのシリーズが続いていくことを願いつつ、これまで本書で紹介されてきた古書をゆっくりと読んでいきたいと思います。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

伊坂幸太郎『死神の精度』/殺人にも意味を求めるのが人間らしさ

(※『死神の精度』表紙より)  私たち人間特有の能力って何だかわかりますか。  それは意味を求めることです。なぜ仕事や勉強をするのか、なぜ結婚をするのか、あるいは、なぜこの子は生まれてきたのかなど、様々なことに意味を求め …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。 …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …