webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。

 これまで登場してきた人物のその後が描かれているのでシリーズ好きにはたまらない作品になっています。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第八弾の本書は、栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれています。

 すでに栞子さんとそっくりの娘・扉子が生まれており、栞子さんが扉子に本にまつわる話を聞かせるという形式で物語が進んでいきます。

 これまでのシリーズに登場した人物――坂口昌志・しのぶ夫妻や志田さん、吉原喜一たちのその後が描かれているのでシリーズファンにはたまらないんですよね。

 読めば読むほど古書に興味が湧いてくる物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

渡辺 誠『昭和天皇のお食事』

北原 白秋『からたちの花―北原白秋童謡集』

谷川 俊太郎『もこもこもこ』

平山 和子『くだもの』

久生 十蘭『定本久生十蘭全集』

ロジェ カイヨワ『遊びと人間』

伏見 つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

宮崎 駿『泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート』

佐々木 丸美『雪の断章』

内田 百けん『王様の背中』

森田 たま『もめん随筆』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』を紹介してきました。

 本書で番外編も含めて出版されている『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズは終わりです。今後もこのシリーズが続いていくことを願いつつ、これまで本書で紹介されてきた古書をゆっくりと読んでいきたいと思います。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …