webstation plus

 本を読んでいますか?

 私は本が好きでよく読んでいますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖8』を読んで、子供のためにも今すぐ読書がしたくなりました。

 本が好きな両親の子供は、やっぱり本が好きになりやすいんでしょうね。

 大輔と栞子さんの娘が登場

 では、あらすじから。

 物語は前作から7年の月日が経ったビブリア古書堂。

 大輔と栞子さんは結婚して、扉子という6歳の娘が産まれていました。扉子は栞子さんと同じように読書が大好きで、本に関するさまざまなことに興味津々です。

 たとえば、父である大輔が栞子さんの母・智恵子の手伝いをして海外に出かけているときに、自分の大切にしている本を探して欲しいという電話をかけてきた時も、

 扉子はすぐに気づき、栞子さんに何のご本を探しているのと聞いてきました。

 しかし、大輔は扉子にその本を読ませたくないので、電話をかけてきたのです。

 そこで栞子さんは…。

 本にまつわる物語を語って聞かせる

 扉子に本にまつわる物語を語って聞かせ、他に注意を向けさせようとします。

 たとえば、坂口昌志としのぶ夫婦の物語もそのひとつ。坂口昌志の親戚である平尾由紀子は、30年ぶりに彼に会いに行くことになりましたが、気が進みませんでした。

 昌志は、由紀子の父の弟でしたが、ある事件がきっかけで絶縁状態になっていたからです。

 ところが、父が病に倒れ、昌志から見舞いの品が届いたので、お返しに出産祝いをすることになったのです。

 その祝いと一緒に父は北原白秋の『からたちの花』を贈って欲しいと言います。

 そもそも、昌志と絶縁状態になったのは、小学四年生の由紀子が寝ている部屋に彼が入ってきたからでした。

 そのことを知った母が、性的な悪戯をしようとしたと疑い、絶縁状態になったのですが、北原白秋の『からたちの花』によって、その誤解が解けるんですよね。

 その理由は…。

 子供に読書をさせたいのなら親から読書を始めよう

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖8』は、扉子の姿を通して、子供に読書をさせたいのなら親から読書を始めようと思える物語です。

 それだけでなく、古書にまつわるミステリーとしても、栞子さんたちが大輔の本を扉子に見せたくなかった理由に微笑ましい気持ちになれる物語としても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ実際に読んでみてください。

 関連記事

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 …

東野圭吾『新参者』感想/仕事ができる人ほど自慢をしない!?

 仕事ができると自慢していませんか?  私はそれほど仕事ができると思っていないので自慢しませんが、私のまわりにも仕事ができると自慢してくる人がいます。  しかし、東野圭吾さんの小説『新参者』を読んで、仕事ができないからこ …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

東野圭吾『ガリレオの苦悩』は他人頼みではなく自分から動き出そうと思える物語

 仕事でもプライベートでも趣味でも、何かアクションを起こすのは他人に促されてからになっていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』を読んで、できるだけ自分から動き出 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …