webstation plus

 リスクをとっていますか?

 私は安定を好む性格なので、あまりリスクをとっていませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』を読んで、リスクをとれば道が開けることがわかりました。

 逆に言えば、リスクをとらないかぎり道は開けないんですよね。

 栞子さんの祖母から依頼が舞い込む

 では、あらすじから。

 前作で久我山尚大という悪どい商売をしてきた古書店主が栞子さんのもうひとりの祖父であることが明かされましたが、

 本作では、彼の愛人だった祖母から依頼が舞い込みます。

 その少し前、栞子さんと大輔は、ビブリア古書堂で舞砂道具店という骨董屋と向き合っていました。

 彼は吉原喜市といい、栞子さんたちが田中敏雄に売る約束をしていた太宰治の『晩年』を先回りして入手していました。

 そして、栞子さんたちがその本を田中にどうしても売る必要があることを知った上で、800万円という法外な値段を要求してきます。

 それだけでなく、祖母が大切にしていた本まで脅しとっていました。

 栞子さんたちはどうにかしてこれらの問題を解決しますが、吉原が嫌がらせをしてきたのには、ある理由がありました。

 その理由とは…。

 栞子さんの母が家を出て行った理由が明かされる

 栞子さんの母・智恵子をおびき寄せるためだったのです。

 智恵子は久我山尚大が亡くなる前に、赤、白、青の3種類の本から数億円もする価値あるものを見極めろとテストされていました。

 正解すれば、その本もお店もすべてを譲ると言われましたが…智恵子は断りました。自分の人生は自分で決めると言ったのです。

 そのことに怒り狂った久我山がその本を海外に売り飛ばしたので、智恵子は家を飛び出して本の行方を追っていたのですが…。

 その本をすべて回収していたのが吉原だったのです。彼は久我山の弟子で、久我山が果たそうとしていたことをやり遂げようとしていました。

 そこで、吉原はこの3冊の本をオークションに出すので、競り落とせば譲ってやると智恵子に言います。

 もちろん、本物を見極められなければ大損です。

 さらに、大輔と栞子さんもこのオークションに参加することになって…。

 リスクをとれば道は開ける!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』は、リスクをとれば道が開けることがわかる物語です。

 それだけでなく、栞子さんたちの対決の行方が気になる物語としても、栞子さんと大輔の恋の行方が気になる物語としても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

百田尚樹『影法師』感想/光あるところには必ず影が存在する!?

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで金儲けをし …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある!?

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …