webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。

 栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、因縁の人物とついに対決します。また大輔と栞子さんの関係も大きく進展し、最後まで目が離せません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第七弾の本書は、栞子さんがどうしても必要としている本『晩年』を高額で売りつけてくる道具商との出会いから始まります。

 彼は『晩年』を買ってくれたお礼にと一冊の本を残していきました。その本が『人肉質入裁判』――シェイクスピア『ヴェニスの商人』の日本語訳版でした。

 彼がこの本を残したのは、栞子さんの母・智恵子に世界に二百数十部しかないシェイクスピアのファースト・フォリオを売ろうとしていたからでした。

 しかし、ファクシミリ本(複製)を含めて彼の手元には3冊あるといいます。その3冊の中から本物を見極められるか挑発してきたのです。

 栞子さんと大輔は、ビブリア古書堂と蔵書を担保に入れ、この挑発に立ち向かいます。果たして本物のファースト・フィリオは手に入るのか!?

 物語の結末が気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

内田 百けん『新・大貧帳』

藤子・F・ 不二雄『新・オバケのQ太郎』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ハムレット』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『リア王』

太宰 治『新ハムレット』

シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』

シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』

シェイクスピア『じゃじゃ馬ならし』

シェイクスピア『お気に召すまま』

シェイクスピア『夏の夜の夢』

シェイクスピア『恋の骨折り損』

シェイクスピア『十二夜』

シェイクスピア『シンベリン』

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』を紹介してきました。

 とうとう本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、読み切った後の感動はひとしおです。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめるような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …