webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。

 栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、因縁の人物とついに対決します。また大輔と栞子さんの関係も大きく進展し、最後まで目が離せません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第七弾の本書は、栞子さんがどうしても必要としている本『晩年』を高額で売りつけてくる道具商との出会いから始まります。

 彼は『晩年』を買ってくれたお礼にと一冊の本を残していきました。その本が『人肉質入裁判』――シェイクスピア『ヴェニスの商人』の日本語訳版でした。

 彼がこの本を残したのは、栞子さんの母・智恵子に世界に二百数十部しかないシェイクスピアのファースト・フォリオを売ろうとしていたからでした。

 しかし、ファクシミリ本(複製)を含めて彼の手元には3冊あるといいます。その3冊の中から本物を見極められるか挑発してきたのです。

 栞子さんと大輔は、ビブリア古書堂と蔵書を担保に入れ、この挑発に立ち向かいます。果たして本物のファースト・フィリオは手に入るのか!?

 物語の結末が気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

内田 百けん『新・大貧帳』

藤子・F・ 不二雄『新・オバケのQ太郎』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ハムレット』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『リア王』

太宰 治『新ハムレット』

シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』

シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』

シェイクスピア『じゃじゃ馬ならし』

シェイクスピア『お気に召すまま』

シェイクスピア『夏の夜の夢』

シェイクスピア『恋の骨折り損』

シェイクスピア『十二夜』

シェイクスピア『シンベリン』

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』を紹介してきました。

 とうとう本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、読み切った後の感動はひとしおです。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

ピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

(※『ラッシュライフ』表紙より)  パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  と …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みをしていくと、突然、面白くなりました。  最 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …