webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。

 栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、因縁の人物とついに対決します。また大輔と栞子さんの関係も大きく進展し、最後まで目が離せません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第七弾の本書は、栞子さんがどうしても必要としている本『晩年』を高額で売りつけてくる道具商との出会いから始まります。

 彼は『晩年』を買ってくれたお礼にと一冊の本を残していきました。その本が『人肉質入裁判』――シェイクスピア『ヴェニスの商人』の日本語訳版でした。

 彼がこの本を残したのは、栞子さんの母・智恵子に世界に二百数十部しかないシェイクスピアのファースト・フォリオを売ろうとしていたからでした。

 しかし、ファクシミリ本(複製)を含めて彼の手元には3冊あるといいます。その3冊の中から本物を見極められるか挑発してきたのです。

 栞子さんと大輔は、ビブリア古書堂と蔵書を担保に入れ、この挑発に立ち向かいます。果たして本物のファースト・フィリオは手に入るのか!?

 物語の結末が気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

内田 百けん『新・大貧帳』

藤子・F・ 不二雄『新・オバケのQ太郎』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ハムレット』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『リア王』

太宰 治『新ハムレット』

シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』

シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』

シェイクスピア『じゃじゃ馬ならし』

シェイクスピア『お気に召すまま』

シェイクスピア『夏の夜の夢』

シェイクスピア『恋の骨折り損』

シェイクスピア『十二夜』

シェイクスピア『シンベリン』

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』を紹介してきました。

 とうとう本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、読み切った後の感動はひとしおです。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …