webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。

 栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、因縁の人物とついに対決します。また大輔と栞子さんの関係も大きく進展し、最後まで目が離せません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第七弾の本書は、栞子さんがどうしても必要としている本『晩年』を高額で売りつけてくる道具商との出会いから始まります。

 彼は『晩年』を買ってくれたお礼にと一冊の本を残していきました。その本が『人肉質入裁判』――シェイクスピア『ヴェニスの商人』の日本語訳版でした。

 彼がこの本を残したのは、栞子さんの母・智恵子に世界に二百数十部しかないシェイクスピアのファースト・フォリオを売ろうとしていたからでした。

 しかし、ファクシミリ本(複製)を含めて彼の手元には3冊あるといいます。その3冊の中から本物を見極められるか挑発してきたのです。

 栞子さんと大輔は、ビブリア古書堂と蔵書を担保に入れ、この挑発に立ち向かいます。果たして本物のファースト・フィリオは手に入るのか!?

 物語の結末が気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

内田 百けん『新・大貧帳』

藤子・F・ 不二雄『新・オバケのQ太郎』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ハムレット』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『リア王』

太宰 治『新ハムレット』

シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』

シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』

シェイクスピア『じゃじゃ馬ならし』

シェイクスピア『お気に召すまま』

シェイクスピア『夏の夜の夢』

シェイクスピア『恋の骨折り損』

シェイクスピア『十二夜』

シェイクスピア『シンベリン』

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』を紹介してきました。

 とうとう本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、読み切った後の感動はひとしおです。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …