webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。

 栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、因縁の人物とついに対決します。また大輔と栞子さんの関係も大きく進展し、最後まで目が離せません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第七弾の本書は、栞子さんがどうしても必要としている本『晩年』を高額で売りつけてくる道具商との出会いから始まります。

 彼は『晩年』を買ってくれたお礼にと一冊の本を残していきました。その本が『人肉質入裁判』――シェイクスピア『ヴェニスの商人』の日本語訳版でした。

 彼がこの本を残したのは、栞子さんの母・智恵子に世界に二百数十部しかないシェイクスピアのファースト・フォリオを売ろうとしていたからでした。

 しかし、ファクシミリ本(複製)を含めて彼の手元には3冊あるといいます。その3冊の中から本物を見極められるか挑発してきたのです。

 栞子さんと大輔は、ビブリア古書堂と蔵書を担保に入れ、この挑発に立ち向かいます。果たして本物のファースト・フィリオは手に入るのか!?

 物語の結末が気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

内田 百けん『新・大貧帳』

藤子・F・ 不二雄『新・オバケのQ太郎』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピア『ハムレット』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア『リア王』

太宰 治『新ハムレット』

シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』

シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』

シェイクスピア『じゃじゃ馬ならし』

シェイクスピア『お気に召すまま』

シェイクスピア『夏の夜の夢』

シェイクスピア『恋の骨折り損』

シェイクスピア『十二夜』

シェイクスピア『シンベリン』

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』を紹介してきました。

 とうとう本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、読み切った後の感動はひとしおです。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …