webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もクライマックスに近づいてきました。

 これまで登場してきた人物の意外な繋がりが明らかになったりと、いろいろ驚かされる物語です。もう最後まで一気読みするしかありませんね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第六弾の本書は、栞子さんに怪我を負わせた犯人が保釈され、彼の祖父が残した太宰治の『晩年』を探して欲しいと依頼してくるところから物語が始まります。

 栞子さんと大輔は、持ち主に危害が及ばぬように依頼を受けますが、五十年以上前のこととあって、なかなか手がかりが見つかりませんでした。

 それでも調査を続けていると、これまで知り合った多くの人たちが栞子さんと大輔と深く関わりがあることがわかってきます。謎多き栞子さんの母・智恵子の素性も明らかに――。

 クライマックスまで一気読みしたくなる物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

チャールズ ディケンズ 『リトル・ドリット〈2〉』

太宰 治『走れメロス』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『人間失格』

太宰 治『斜陽』

太宰 治『お伽草紙』

太宰 治『女生徒』

太宰 治『右大臣実朝』

檀 一雄『小説 太宰』

キケロー『義務について』

太宰 治『皮膚と心』

太宰 治『狂言の神』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『東京八景』

太宰 治『十五年間』

太宰 治『断崖の錯覚』

赤瀬川 原平『東京ミキサー計画』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』を紹介してきました。

 いよいよ次の巻で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、最後まで一気読みしたいと思います。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

子供にとっていちばん大切な人は誰?/額賀澪『ウズタマ』感想

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …