webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もクライマックスに近づいてきました。

 これまで登場してきた人物の意外な繋がりが明らかになったりと、いろいろ驚かされる物語です。もう最後まで一気読みするしかありませんね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第六弾の本書は、栞子さんに怪我を負わせた犯人が保釈され、彼の祖父が残した太宰治の『晩年』を探して欲しいと依頼してくるところから物語が始まります。

 栞子さんと大輔は、持ち主に危害が及ばぬように依頼を受けますが、五十年以上前のこととあって、なかなか手がかりが見つかりませんでした。

 それでも調査を続けていると、これまで知り合った多くの人たちが栞子さんと大輔と深く関わりがあることがわかってきます。謎多き栞子さんの母・智恵子の素性も明らかに――。

 クライマックスまで一気読みしたくなる物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

チャールズ ディケンズ 『リトル・ドリット〈2〉』

太宰 治『走れメロス』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『人間失格』

太宰 治『斜陽』

太宰 治『お伽草紙』

太宰 治『女生徒』

太宰 治『右大臣実朝』

檀 一雄『小説 太宰』

キケロー『義務について』

太宰 治『皮膚と心』

太宰 治『狂言の神』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『東京八景』

太宰 治『十五年間』

太宰 治『断崖の錯覚』

赤瀬川 原平『東京ミキサー計画』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』を紹介してきました。

 いよいよ次の巻で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、最後まで一気読みしたいと思います。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人間の末路を描いた物語

 何かに依存していませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小 …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …