webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もクライマックスに近づいてきました。

 これまで登場してきた人物の意外な繋がりが明らかになったりと、いろいろ驚かされる物語です。もう最後まで一気読みするしかありませんね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第六弾の本書は、栞子さんに怪我を負わせた犯人が保釈され、彼の祖父が残した太宰治の『晩年』を探して欲しいと依頼してくるところから物語が始まります。

 栞子さんと大輔は、持ち主に危害が及ばぬように依頼を受けますが、五十年以上前のこととあって、なかなか手がかりが見つかりませんでした。

 それでも調査を続けていると、これまで知り合った多くの人たちが栞子さんと大輔と深く関わりがあることがわかってきます。謎多き栞子さんの母・智恵子の素性も明らかに――。

 クライマックスまで一気読みしたくなる物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

チャールズ ディケンズ 『リトル・ドリット〈2〉』

太宰 治『走れメロス』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『人間失格』

太宰 治『斜陽』

太宰 治『お伽草紙』

太宰 治『女生徒』

太宰 治『右大臣実朝』

檀 一雄『小説 太宰』

キケロー『義務について』

太宰 治『皮膚と心』

太宰 治『狂言の神』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『東京八景』

太宰 治『十五年間』

太宰 治『断崖の錯覚』

赤瀬川 原平『東京ミキサー計画』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』を紹介してきました。

 いよいよ次の巻で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、最後まで一気読みしたいと思います。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  あまり物事を考えずに日々を過ごしていると、今、常識としていることをすべて受け入れるしかありませんが、常識はずれな物語を読めば、自分の思考を変えるキッカケになります。  今回紹介する伊坂幸 …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』/リスクを取れば一発逆転できるかも

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …