webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もクライマックスに近づいてきました。

 これまで登場してきた人物の意外な繋がりが明らかになったりと、いろいろ驚かされる物語です。もう最後まで一気読みするしかありませんね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第六弾の本書は、栞子さんに怪我を負わせた犯人が保釈され、彼の祖父が残した太宰治の『晩年』を探して欲しいと依頼してくるところから物語が始まります。

 栞子さんと大輔は、持ち主に危害が及ばぬように依頼を受けますが、五十年以上前のこととあって、なかなか手がかりが見つかりませんでした。

 それでも調査を続けていると、これまで知り合った多くの人たちが栞子さんと大輔と深く関わりがあることがわかってきます。謎多き栞子さんの母・智恵子の素性も明らかに――。

 クライマックスまで一気読みしたくなる物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

チャールズ ディケンズ 『リトル・ドリット〈2〉』

太宰 治『走れメロス』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『人間失格』

太宰 治『斜陽』

太宰 治『お伽草紙』

太宰 治『女生徒』

太宰 治『右大臣実朝』

檀 一雄『小説 太宰』

キケロー『義務について』

太宰 治『皮膚と心』

太宰 治『狂言の神』

太宰 治『道化の華』

太宰 治『東京八景』

太宰 治『十五年間』

太宰 治『断崖の錯覚』

赤瀬川 原平『東京ミキサー計画』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』を紹介してきました。

 いよいよ次の巻で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもラスト。何だか寂しい気持ちになりますが、最後まで一気読みしたいと思います。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

他人の考えに縛られる必要なんてない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …