webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています。

 私自身も、久しぶりに小説の面白さを味わっています。読み終えたら時間をかけてこのシリーズに登場してきた本を読んでいきたいと思います。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第五弾の本書は、大輔以外の視点で物語が語られるなど、これまでとは違う工夫がなされています。

 そして、物語にも大きな進展が。大輔が栞子さんに愛の告白をしたのです。しかし、栞子さんはすぐに返事をしませんでした。

 栞子さんはお付き合いをするなら結婚を前提にしたいと言います。そのことを大輔に確認すると、済ませたいことがあるから返事は待って欲しいと言いだしました。

 それから約2ヶ月。返事がないことに不安になった大輔でしたが――。

 栞子さんと大輔が出した答えに感動すること間違いなしの物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

リチャード ブローティガン『愛のゆくえ』

『日本古書通信』

ロジェ・カイヨワ『石が書く』

『ジョルジュ・バタイユ著作集』

マルセル・エーメ『他人の首・月の小鳥たち』

小沼 丹『他人の首・黒いハンカチ』

手塚 治虫『ブラック・ジャック』

手塚 治虫『鉄腕アトム』

手塚 治虫『ジャングル大帝』

手塚 治虫『リボンの騎士』

手塚 治虫『ミッドナイト』

手塚 治虫『三つ目がとおる』

手塚 治虫『ブッダ』

手塚 治虫『火の鳥』

手塚 治虫『シュマリ』

手塚 治虫『MW』

尾田 栄一郎『ONE PIECE』

手塚 治虫『アドルフに告ぐ』

手塚 治虫『陽だまりの樹』

手塚 治虫『ユニコ』

寺山 修司『われに五月を』

寺山 修司『家出のすすめ』

寺山 修司『書を捨てよ、町へ出よう』

中井 英夫『虚無への供物』

寺山 修司『作家の自伝40』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』を紹介してきました。

 物語が終盤に近づいてきたので、どんどん盛り上がっています。早く続きが読みたくて仕方ありません。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …