webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています。

 私自身も、久しぶりに小説の面白さを味わっています。読み終えたら時間をかけてこのシリーズに登場してきた本を読んでいきたいと思います。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第五弾の本書は、大輔以外の視点で物語が語られるなど、これまでとは違う工夫がなされています。

 そして、物語にも大きな進展が。大輔が栞子さんに愛の告白をしたのです。しかし、栞子さんはすぐに返事をしませんでした。

 栞子さんはお付き合いをするなら結婚を前提にしたいと言います。そのことを大輔に確認すると、済ませたいことがあるから返事は待って欲しいと言いだしました。

 それから約2ヶ月。返事がないことに不安になった大輔でしたが――。

 栞子さんと大輔が出した答えに感動すること間違いなしの物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

リチャード ブローティガン『愛のゆくえ』

『日本古書通信』

ロジェ・カイヨワ『石が書く』

『ジョルジュ・バタイユ著作集』

マルセル・エーメ『他人の首・月の小鳥たち』

小沼 丹『他人の首・黒いハンカチ』

手塚 治虫『ブラック・ジャック』

手塚 治虫『鉄腕アトム』

手塚 治虫『ジャングル大帝』

手塚 治虫『リボンの騎士』

手塚 治虫『ミッドナイト』

手塚 治虫『三つ目がとおる』

手塚 治虫『ブッダ』

手塚 治虫『火の鳥』

手塚 治虫『シュマリ』

手塚 治虫『MW』

尾田 栄一郎『ONE PIECE』

手塚 治虫『アドルフに告ぐ』

手塚 治虫『陽だまりの樹』

手塚 治虫『ユニコ』

寺山 修司『われに五月を』

寺山 修司『家出のすすめ』

寺山 修司『書を捨てよ、町へ出よう』

中井 英夫『虚無への供物』

寺山 修司『作家の自伝40』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』を紹介してきました。

 物語が終盤に近づいてきたので、どんどん盛り上がっています。早く続きが読みたくて仕方ありません。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …