webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)


 読書していますか?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています。

 私自身も、久しぶりに小説の面白さを味わっています。読み終えたら時間をかけてこのシリーズに登場してきた本を読んでいきたいと思います。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介します。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第五弾の本書は、大輔以外の視点で物語が語られるなど、これまでとは違う工夫がなされています。

 そして、物語にも大きな進展が。大輔が栞子さんに愛の告白をしたのです。しかし、栞子さんはすぐに返事をしませんでした。

 栞子さんはお付き合いをするなら結婚を前提にしたいと言います。そのことを大輔に確認すると、済ませたいことがあるから返事は待って欲しいと言いだしました。

 それから約2ヶ月。返事がないことに不安になった大輔でしたが――。

 栞子さんと大輔が出した答えに感動すること間違いなしの物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』に登場した本のご紹介

 本書に登場した本の数々を紹介していきます。

リチャード ブローティガン『愛のゆくえ』

『日本古書通信』

ロジェ・カイヨワ『石が書く』

『ジョルジュ・バタイユ著作集』

マルセル・エーメ『他人の首・月の小鳥たち』

小沼 丹『他人の首・黒いハンカチ』

手塚 治虫『ブラック・ジャック』

手塚 治虫『鉄腕アトム』

手塚 治虫『ジャングル大帝』

手塚 治虫『リボンの騎士』

手塚 治虫『ミッドナイト』

手塚 治虫『三つ目がとおる』

手塚 治虫『ブッダ』

手塚 治虫『火の鳥』

手塚 治虫『シュマリ』

手塚 治虫『MW』

尾田 栄一郎『ONE PIECE』

手塚 治虫『アドルフに告ぐ』

手塚 治虫『陽だまりの樹』

手塚 治虫『ユニコ』

寺山 修司『われに五月を』

寺山 修司『家出のすすめ』

寺山 修司『書を捨てよ、町へ出よう』

中井 英夫『虚無への供物』

寺山 修司『作家の自伝40』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』を紹介してきました。

 物語が終盤に近づいてきたので、どんどん盛り上がっています。早く続きが読みたくて仕方ありません。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …