webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)


 読書していますか?

 今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。

 ではなぜ、そんなにハマっているのかと言うと、「古書」と「ミステリー」という大好きなジャンルが掛け合わされた小説だからです。もう最後まで読み切るしかありません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第四弾の本書は、これまでのシリーズとは異なり、長編の物語が描かれています。

 それもそのはず。とうとう「あの人」が姿を現したからです。栞子さんがもっとも嫌っている人物――母・智恵子の登場です。

 智恵子は、古書を手に入れるためなら家族を捨て去るような人でした。栞子さんはそんな母のことを嫌っていましたが、自分にもよく似たところがあることに気づいていました。だからこそ、自分は母とは違うと言い聞かせていたのです。

 ところが、そんな母から「幻の原稿を手に入れないか?」と誘われます。断ろうとした栞子さんでしたが――。

 古書を追い求めようとする一途な想いと、人の気持ちを理解しようとする想い。これらの想いの行き着く先が気になって仕方がない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』に登場した本のご紹介

 今回は江戸川乱歩の本が多数登場します。ミステリー好きにとってはたまらない作品ばかり。実際に読んでみたくなりますよ。

江戸川 乱歩『孤島の鬼』

紀田 順一郎『世界幻想文学大系』

小林 信彦『冬の神話』

江戸川 乱歩『少年探偵団』

江戸川 乱歩『D坂の殺人事件』

江戸川 乱歩『江戸川乱歩全集』

江戸川 乱歩『パノラマ島奇談』

江戸川 乱歩『二銭銅貨』

江戸川 乱歩『江戸川蘭子』

横溝 正史『本陣殺人事件』

江戸川 乱歩『蜘蛛男』

江戸川 乱歩『吸血鬼』

江戸川 乱歩『透明怪人』

江戸川 乱歩『魔法博士』

江戸川 乱歩『悪魔人形』

江戸川 乱歩『二十面相の呪い』

『日本思想大系』

『明治文化全集』

江戸川 乱歩『幽鬼の塔』

江戸川 乱歩『鉄人Q』

耽綺社同人『空中紳士』

江戸川 乱歩『宇宙怪人』

江戸川 乱歩『怪奇四十面相』

江戸川 乱歩『大金塊』

江戸川 乱歩『電人M』

江戸川 乱歩『空飛ぶ二十面相』

江戸川 乱歩『黄金の怪獣』

江戸川 乱歩『虎の牙』

江戸川 乱歩『妖怪博士』

『旅の絵本』

エドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人事件』

エドガー・アラン・ポー『黄金虫』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』を紹介してきました。

 本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも折り返し地点。物語の続きが気になる一方で、残りが半分くらいしかないと思うと何だか寂しくなってきます。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …