webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)


 読書していますか?

 今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。

 ではなぜ、そんなにハマっているのかと言うと、「古書」と「ミステリー」という大好きなジャンルが掛け合わされた小説だからです。もう最後まで読み切るしかありません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第四弾の本書は、これまでのシリーズとは異なり、長編の物語が描かれています。

 それもそのはず。とうとう「あの人」が姿を現したからです。栞子さんがもっとも嫌っている人物――母・智恵子の登場です。

 智恵子は、古書を手に入れるためなら家族を捨て去るような人でした。栞子さんはそんな母のことを嫌っていましたが、自分にもよく似たところがあることに気づいていました。だからこそ、自分は母とは違うと言い聞かせていたのです。

 ところが、そんな母から「幻の原稿を手に入れないか?」と誘われます。断ろうとした栞子さんでしたが――。

 古書を追い求めようとする一途な想いと、人の気持ちを理解しようとする想い。これらの想いの行き着く先が気になって仕方がない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』に登場した本のご紹介

 今回は江戸川乱歩の本が多数登場します。ミステリー好きにとってはたまらない作品ばかり。実際に読んでみたくなりますよ。

江戸川 乱歩『孤島の鬼』

紀田 順一郎『世界幻想文学大系』

小林 信彦『冬の神話』

江戸川 乱歩『少年探偵団』

江戸川 乱歩『D坂の殺人事件』

江戸川 乱歩『江戸川乱歩全集』

江戸川 乱歩『パノラマ島奇談』

江戸川 乱歩『二銭銅貨』

江戸川 乱歩『江戸川蘭子』

横溝 正史『本陣殺人事件』

江戸川 乱歩『蜘蛛男』

江戸川 乱歩『吸血鬼』

江戸川 乱歩『透明怪人』

江戸川 乱歩『魔法博士』

江戸川 乱歩『悪魔人形』

江戸川 乱歩『二十面相の呪い』

『日本思想大系』

『明治文化全集』

江戸川 乱歩『幽鬼の塔』

江戸川 乱歩『鉄人Q』

耽綺社同人『空中紳士』

江戸川 乱歩『宇宙怪人』

江戸川 乱歩『怪奇四十面相』

江戸川 乱歩『大金塊』

江戸川 乱歩『電人M』

江戸川 乱歩『空飛ぶ二十面相』

江戸川 乱歩『黄金の怪獣』

江戸川 乱歩『虎の牙』

江戸川 乱歩『妖怪博士』

『旅の絵本』

エドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人事件』

エドガー・アラン・ポー『黄金虫』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』を紹介してきました。

 本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも折り返し地点。物語の続きが気になる一方で、残りが半分くらいしかないと思うと何だか寂しくなってきます。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …