webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)


 読書していますか?

 今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。

 ではなぜ、そんなにハマっているのかと言うと、「古書」と「ミステリー」という大好きなジャンルが掛け合わされた小説だからです。もう最後まで読み切るしかありません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第四弾の本書は、これまでのシリーズとは異なり、長編の物語が描かれています。

 それもそのはず。とうとう「あの人」が姿を現したからです。栞子さんがもっとも嫌っている人物――母・智恵子の登場です。

 智恵子は、古書を手に入れるためなら家族を捨て去るような人でした。栞子さんはそんな母のことを嫌っていましたが、自分にもよく似たところがあることに気づいていました。だからこそ、自分は母とは違うと言い聞かせていたのです。

 ところが、そんな母から「幻の原稿を手に入れないか?」と誘われます。断ろうとした栞子さんでしたが――。

 古書を追い求めようとする一途な想いと、人の気持ちを理解しようとする想い。これらの想いの行き着く先が気になって仕方がない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』に登場した本のご紹介

 今回は江戸川乱歩の本が多数登場します。ミステリー好きにとってはたまらない作品ばかり。実際に読んでみたくなりますよ。

江戸川 乱歩『孤島の鬼』

紀田 順一郎『世界幻想文学大系』

小林 信彦『冬の神話』

江戸川 乱歩『少年探偵団』

江戸川 乱歩『D坂の殺人事件』

江戸川 乱歩『江戸川乱歩全集』

江戸川 乱歩『パノラマ島奇談』

江戸川 乱歩『二銭銅貨』

江戸川 乱歩『江戸川蘭子』

横溝 正史『本陣殺人事件』

江戸川 乱歩『蜘蛛男』

江戸川 乱歩『吸血鬼』

江戸川 乱歩『透明怪人』

江戸川 乱歩『魔法博士』

江戸川 乱歩『悪魔人形』

江戸川 乱歩『二十面相の呪い』

『日本思想大系』

『明治文化全集』

江戸川 乱歩『幽鬼の塔』

江戸川 乱歩『鉄人Q』

耽綺社同人『空中紳士』

江戸川 乱歩『宇宙怪人』

江戸川 乱歩『怪奇四十面相』

江戸川 乱歩『大金塊』

江戸川 乱歩『電人M』

江戸川 乱歩『空飛ぶ二十面相』

江戸川 乱歩『黄金の怪獣』

江戸川 乱歩『虎の牙』

江戸川 乱歩『妖怪博士』

『旅の絵本』

エドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人事件』

エドガー・アラン・ポー『黄金虫』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』を紹介してきました。

 本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも折り返し地点。物語の続きが気になる一方で、残りが半分くらいしかないと思うと何だか寂しくなってきます。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』は古書を手に取ってみたくなる恋愛ミステリー小説

 古書を読んでいますか?  私はどちらかと言うと、人気作家の新作本を読むことが多いのですが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖』を読んで、古書を手に取ってみたくなりました。  夏目漱石や太宰治の小説がとても身近に …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …