webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)


 読書していますか?

 今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。

 ではなぜ、そんなにハマっているのかと言うと、「古書」と「ミステリー」という大好きなジャンルが掛け合わされた小説だからです。もう最後まで読み切るしかありません。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』ってどんな小説?

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第四弾の本書は、これまでのシリーズとは異なり、長編の物語が描かれています。

 それもそのはず。とうとう「あの人」が姿を現したからです。栞子さんがもっとも嫌っている人物――母・智恵子の登場です。

 智恵子は、古書を手に入れるためなら家族を捨て去るような人でした。栞子さんはそんな母のことを嫌っていましたが、自分にもよく似たところがあることに気づいていました。だからこそ、自分は母とは違うと言い聞かせていたのです。

 ところが、そんな母から「幻の原稿を手に入れないか?」と誘われます。断ろうとした栞子さんでしたが――。

 古書を追い求めようとする一途な想いと、人の気持ちを理解しようとする想い。これらの想いの行き着く先が気になって仕方がない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』に登場した本のご紹介

 今回は江戸川乱歩の本が多数登場します。ミステリー好きにとってはたまらない作品ばかり。実際に読んでみたくなりますよ。

江戸川 乱歩『孤島の鬼』

紀田 順一郎『世界幻想文学大系』

小林 信彦『冬の神話』

江戸川 乱歩『少年探偵団』

江戸川 乱歩『D坂の殺人事件』

江戸川 乱歩『江戸川乱歩全集』

江戸川 乱歩『パノラマ島奇談』

江戸川 乱歩『二銭銅貨』

江戸川 乱歩『江戸川蘭子』

横溝 正史『本陣殺人事件』

江戸川 乱歩『蜘蛛男』

江戸川 乱歩『吸血鬼』

江戸川 乱歩『透明怪人』

江戸川 乱歩『魔法博士』

江戸川 乱歩『悪魔人形』

江戸川 乱歩『二十面相の呪い』

『日本思想大系』

『明治文化全集』

江戸川 乱歩『幽鬼の塔』

江戸川 乱歩『鉄人Q』

耽綺社同人『空中紳士』

江戸川 乱歩『宇宙怪人』

江戸川 乱歩『怪奇四十面相』

江戸川 乱歩『大金塊』

江戸川 乱歩『電人M』

江戸川 乱歩『空飛ぶ二十面相』

江戸川 乱歩『黄金の怪獣』

江戸川 乱歩『虎の牙』

江戸川 乱歩『妖怪博士』

『旅の絵本』

エドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人事件』

エドガー・アラン・ポー『黄金虫』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』を紹介してきました。

 本書で『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも折り返し地点。物語の続きが気になる一方で、残りが半分くらいしかないと思うと何だか寂しくなってきます。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』

(※『終末のフール』表紙より)  今の生き方でどれくらい生きるつもりですか。  私は今の生き方に満足していませんが、まだまだ生きられると思っていたので、今の生き方を続けてきました。しかし、いつかは誰もが死ぬんですよね。 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

ピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

(※『ラッシュライフ』表紙より)  パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  と …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …