webstation plus

 二面性を持っていますか?

 私は間違いなく二面性を持っていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖4』を読んで、ある一面だけで人を判断してはいけないことに気づきました。

 ある一面だけで人を判断していると、その人の本当の姿は浮かび上がってこないんですよね。

 別荘で暮らす読書好きの愛人の物語

 では、あらすじから。

 ビブリア古書堂を営む篠川栞子さんは、10年前に母が自分勝手な理由で家を出て行ったきり音信不通になっていたので、母のことを憎んでいました。

 しかし、そんな母・篠川智恵子から突然連絡が入ります。

 智恵子はこれまで海外に出かけていましたが、震災があったのでマニアが蔵書の古書を手放すと考え、日本に帰ってきたのです。

 そんな智恵子に会いたいと言う人がビブリア古書堂を訪れます。

 彼女は来城慶子という名で、過去に智恵子と古書のやり取りをしており、ある謎を解いてほしいと依頼しに来たのです。

 その謎とは、慶子が愛人として付き合っていた鹿山明が残した金庫を開けてほしいというものでした。

 鹿山は江戸川乱歩をこよなく愛しており、別荘には江戸川乱歩のコレクションが揃っていました。

 そして鹿山明が亡くなった今、別荘とコレクションのすべてを相続することになった慶子が、江戸川乱歩のコレクションを全て譲ってもいいので金庫を開けて欲しいと依頼してきたのです。

 そこで栞子さんは…。

 家族と愛人とでまったく別の一面を見せる鹿山明

 母・智恵子の代わりに依頼を受けることにします。

 しかし、慶子に促されて鹿山家に向かったところ、慶子から聞かされていた鹿山明とはまったく違う人物像が浮かび上がってきました。

 鹿山明の息子は彼がとても厳しい人物で、江戸川乱歩を愛していたとは思えないと言います。

 もちろん、別荘を持っていたことも、愛人がいたことも知りませんでした。そればかりか、鹿山家では、小説や漫画も読ませてもらえなかったと言います。

 つまり、鹿山明は家と外でまったく違う顔を見せていたんですよね。

 とはいえ、栞子さんは家のどこかに江戸川乱歩のシリーズが隠されていると推理しました。本好きが家に本を置かないはずがないと考えたからです。

 さらに、鹿山明の娘が栞子さんを目の敵にしていたヒトリ書房の井上と繋がっていき、思わぬ結末にたどり着くんですよね。

 その結末とは…。

 人は誰でも二面性を持っている!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、鹿山明だけでなく、ヒトリ書房の井上も、栞子さんの母・智恵子も、誰もが二面性を持っていました。

 というわけで、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖4』は、ある一面だけで人を判断してはいけないことがわかる物語ですが、

 それだけでなく、ミステリーとしても、栞子さん親子の関係が気になる物語としても、大輔の恋の行方が気になる物語としても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

米澤穂信『遠回りする雛』感想/一年で人は大きく成長する!?

 一年前の自分と比べて成長していますか?  私は一年前と比べてブログを書くスピードが劇的に速くなりましたが、米澤穂信さんの小説『遠回りする雛』の主人公も大きく成長していました。  省エネ主義の奉太郎が千反田えるのために自 …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人たちの末路を描いた物語

 何かに依存して生きていませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになりかねません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの …

米澤穂信『愚者のエンドロール』は才能が発揮できる役割を担うことが大切だとわかる物語

 才能が発揮できる仕事をしていますか?  私は残念ながら才能が発揮できる仕事をしていませんが、米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』を読んで、才能が発揮できる役割を担うことが大切さだとよくわかりました。  どれだけ努力 …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

東野圭吾『卒業』は今すぐモラトリアムから抜け出したくなる物語

 モラトリアムから抜け出せていますか?  私は抜け出せていると思っていますが、もし「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら…。  子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証 …

伊坂幸太郎『マリアビートル』感想/大人をバカにする中学生への正しい対処法とは?

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対応すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …