webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)


 読書していますか?

 私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズを読んでいます。

 面白そうな数学書やビジネス書、小説など、図書館で借りられるのを楽しみにしていた本がたくさん手元にあるのに、この小説を読んでいます。返却期限が近づいているのにです。

 それだけ面白くて仕方がないんですよね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』ってどんな小説?

 本書は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第三弾。これまでのシリーズ同様に古書を巡るミステリーが描かれています。

 物語の中心は十年前に家族を放り出して行方をくらませた栞子さんの母。そのときに母が残していった本が『クラクラ日記』だったので、栞子さんは母が他の男性のところに行ったと推測していました。

 それから今まで栞子さんは母と音信不通だと言います。しかし、最近勤め始めたばかりの大輔のことを書いた手紙が知り合いの古書店に送られてきました。

 そのことを知った大輔は、栞子さんのことを不審に思いますが、栞子さんは隠れて母とやり取りをするメリットがないと言います。

 では、一体誰が母と接触しているのか?

 謎の答えが気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

『王さまのみみはロバのみみ』

ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』

ジュディス・メリル『年刊SF傑作選 2』

『奇妙なはなし』

『ベルセルク』

『GANTZ』

ボブ・ショウ『去りにし日々、今ひとたびの幻』

岩男 淳一郎『版文庫発掘ノート』

志多 三郎『街の古本屋入門』

F・W・クロフツ『フローテ公園殺人事件』

ウスペンスキー『チェブラーシュカとなかまたち』

『あさりちゃん』

『ホットロード』

宮沢 賢治『春と修羅』

宮沢 賢治『注文の多い料理店』

宮沢 賢治『銀河鉄道の夜』

宮沢 賢治『風の又三郎』

ヴィクトル ユーゴー『レ・ミゼラブル』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 今回も読みたくなる本が多数紹介されていましたが、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの続きが気になって仕方ありません。このエントリを書く前に早くも4巻を読み始めているくらいにハマっています。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。おすすめですよ。

 関連記事

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

理不尽な目にあっても救いがあるかもと思える小説/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …