webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)


 読書していますか?

 私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズを読んでいます。

 面白そうな数学書やビジネス書、小説など、図書館で借りられるのを楽しみにしていた本がたくさん手元にあるのに、この小説を読んでいます。返却期限が近づいているのにです。

 それだけ面白くて仕方がないんですよね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』ってどんな小説?

 本書は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第三弾。これまでのシリーズ同様に古書を巡るミステリーが描かれています。

 物語の中心は十年前に家族を放り出して行方をくらませた栞子さんの母。そのときに母が残していった本が『クラクラ日記』だったので、栞子さんは母が他の男性のところに行ったと推測していました。

 それから今まで栞子さんは母と音信不通だと言います。しかし、最近勤め始めたばかりの大輔のことを書いた手紙が知り合いの古書店に送られてきました。

 そのことを知った大輔は、栞子さんのことを不審に思いますが、栞子さんは隠れて母とやり取りをするメリットがないと言います。

 では、一体誰が母と接触しているのか?

 謎の答えが気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

『王さまのみみはロバのみみ』

ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』

ジュディス・メリル『年刊SF傑作選 2』

『奇妙なはなし』

『ベルセルク』

『GANTZ』

ボブ・ショウ『去りにし日々、今ひとたびの幻』

岩男 淳一郎『版文庫発掘ノート』

志多 三郎『街の古本屋入門』

F・W・クロフツ『フローテ公園殺人事件』

ウスペンスキー『チェブラーシュカとなかまたち』

『あさりちゃん』

『ホットロード』

宮沢 賢治『春と修羅』

宮沢 賢治『注文の多い料理店』

宮沢 賢治『銀河鉄道の夜』

宮沢 賢治『風の又三郎』

ヴィクトル ユーゴー『レ・ミゼラブル』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 今回も読みたくなる本が多数紹介されていましたが、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの続きが気になって仕方ありません。このエントリを書く前に早くも4巻を読み始めているくらいにハマっています。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。おすすめですよ。

 関連記事

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …