webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)


 読書していますか?

 私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズを読んでいます。

 面白そうな数学書やビジネス書、小説など、図書館で借りられるのを楽しみにしていた本がたくさん手元にあるのに、この小説を読んでいます。返却期限が近づいているのにです。

 それだけ面白くて仕方がないんですよね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』ってどんな小説?

 本書は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第三弾。これまでのシリーズ同様に古書を巡るミステリーが描かれています。

 物語の中心は十年前に家族を放り出して行方をくらませた栞子さんの母。そのときに母が残していった本が『クラクラ日記』だったので、栞子さんは母が他の男性のところに行ったと推測していました。

 それから今まで栞子さんは母と音信不通だと言います。しかし、最近勤め始めたばかりの大輔のことを書いた手紙が知り合いの古書店に送られてきました。

 そのことを知った大輔は、栞子さんのことを不審に思いますが、栞子さんは隠れて母とやり取りをするメリットがないと言います。

 では、一体誰が母と接触しているのか?

 謎の答えが気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

『王さまのみみはロバのみみ』

ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』

ジュディス・メリル『年刊SF傑作選 2』

『奇妙なはなし』

『ベルセルク』

『GANTZ』

ボブ・ショウ『去りにし日々、今ひとたびの幻』

岩男 淳一郎『版文庫発掘ノート』

志多 三郎『街の古本屋入門』

F・W・クロフツ『フローテ公園殺人事件』

ウスペンスキー『チェブラーシュカとなかまたち』

『あさりちゃん』

『ホットロード』

宮沢 賢治『春と修羅』

宮沢 賢治『注文の多い料理店』

宮沢 賢治『銀河鉄道の夜』

宮沢 賢治『風の又三郎』

ヴィクトル ユーゴー『レ・ミゼラブル』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 今回も読みたくなる本が多数紹介されていましたが、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの続きが気になって仕方ありません。このエントリを書く前に早くも4巻を読み始めているくらいにハマっています。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。おすすめですよ。

 関連記事

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …