webstation plus

 身内と上手くいってますか?

 私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。

 三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子さんも身内に悩まされているひとり。行方をくらませた母のことで色々悩んでいたんですよね。

 何もしていないのに同業者から嫌われる栞子さん

 では、あらすじから。

 最近、ビブリア古書堂では、お客さんから「いい本が少ないですね」と言われるほど、目ぼしい本が入荷できていませんでした。

 そこで栞子さんは、古書組合に加盟している店同士で商品を取引する「古書交換会」に参加しようと大輔に言います。文庫の出物があるかもと期待していたからです。

 そして実際に参加してみると、『影よ、影よ、影の国』、『去りにし日々に、今ひとたびの幻』といったSF文庫の掘り出し物が見つかりました。

 ところが、栞子さんを目の敵にするヒトリ書房の店主・井上に落札されてしまいます。

 それだけでなく、落札された本のなかにあった『たんぽぽ娘』が誰かに盗まれていたので、その犯人が栞子さんだと言い出すんですよね。

 それは井上と栞子さんの母・智恵子との間に何らかのトラブルがあったからでした。

 「こいつは篠川智恵子の娘だぞ。あの女と顔までそっくりだ」と言って、盗みもやりかねないと続けます。

 そこで栞子さんと大輔は…。

 栞子さんが隠れて智恵子と連絡をとっていた?

 『たんぽぽ娘』を盗んだ犯人を捜すことにしました。

 そして栞子さんの推理のおかげで犯人を捕まえることができましたが、大輔は井上に「あの母娘には、気を許さん方がいい」と忠告されます。

 なぜなら、智恵子から井上宛に「大輔くんと仲良くしてあげて。本が読めないそうだけれど」というクリスマスカードが届いていたからです。

 大輔は栞子さんから母とは音信不通だと聞かされていました。ところが、大輔の体質を知っている人は限られているのに、なぜか智恵子が知っていたのです。

 栞子さんが隠れて連絡していたのか、それとも他の誰かが智恵子とつながっているのか…。

 身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、この物語には栞子さんの他にも身内の問題で悩まされている人が登場します。

 これまで何度も登場してきたしのぶは両親と確執があり、智恵子の同級生も兄夫婦と仲がよくありませんでした。

 そんな彼らの姿をみていると身内の問題ほど面倒な問題はないように思えてくるんですよね。

 とにかく、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』は、ミステリーとしても、ビブリアシリーズの続編としても、栞子さんの母・智恵子がどのような人物なのか明かされていく物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 …

小川糸『キラキラ共和国』は嫌な過去も意味ある過去へと変えられることがわかる物語

 嫌な過去はありませんか?  私は結婚した直後がとてもツラかったので、ときどき嫌な過去として思い出すことがありますが…。  子供ができて、幸せな家庭が築けた今では、その時間も愛おしく思えるようになりました。  小川糸さん …

木皿泉『カゲロボ』は他人の不幸を求めている人に読んで欲しい物語

 他人の不幸を望んでいませんか?  私も他人の不幸を望んでしまうことがありますが、もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ何かで癒されるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。 …

東野圭吾『真夏の方程式』感想/たとえ解決できなくても人生をかけて悩むことに価値がある!?

 解決できない問題で悩むのは時間のムダだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』を読んで考えが変わりました。  たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしているつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本署は知念実 …

東野圭吾『悪意』は言葉で人は騙せても人柄は隠しきれないことがわかる物語

 何も行動は起こさないのに、調子の良いことばかり言っていませんか?  私は口にしたことは出来るだけ行動するようにしていますが、知り合いのなかにも調子の良いことばかり言っている人がいるんですよね。  東野圭吾さんの小説『悪 …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

伊坂幸太郎『魔王』は考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかる物語

 誰かの意見に流されていませんか?  私は何でも「なぜ?」と考えるクセがあるので、あまり世間の風潮に流されていないと思いますが、伊坂幸太郎さんの小説『魔王』を読んで、考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかりました。 …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …