三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

おすすめ小説

 身内と上手くいってますか?

 私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。

 三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子さんも身内に悩まされているひとり。行方をくらませた母のことで色々悩んでいたんですよね。




スポンサーリンク

 何もしていないのに同業者から嫌われる栞子さん

 では、あらすじから。

 最近、ビブリア古書堂では、お客さんから「いい本が少ないですね」と言われるほど、目ぼしい本が入荷できていませんでした。

 そこで栞子さんは、古書組合に加盟している店同士で商品を取引する「古書交換会」に参加しようと大輔に言います。文庫の出物があるかもと期待していたからです。

 そして実際に参加してみると、『影よ、影よ、影の国』、『去りにし日々に、今ひとたびの幻』といったSF文庫の掘り出し物が見つかりました。

 ところが、栞子さんを目の敵にするヒトリ書房の店主・井上に落札されてしまいます。

 それだけでなく、落札された本のなかにあった『たんぽぽ娘』が誰かに盗まれていたので、その犯人が栞子さんだと言い出すんですよね。

 それは井上と栞子さんの母・智恵子との間に何らかのトラブルがあったからでした。

 「こいつは篠川智恵子の娘だぞ。あの女と顔までそっくりだ」と言って、盗みもやりかねないと続けます。

 そこで栞子さんと大輔は…。

スポンサーリンク

 栞子さんが隠れて智恵子と連絡をとっていた?

 『たんぽぽ娘』を盗んだ犯人を捜すことにしました。

 そして栞子さんの推理のおかげで犯人を捕まえることができましたが、大輔は井上に「あの母娘には、気を許さん方がいい」と忠告されます。

 なぜなら、智恵子から井上宛に「大輔くんと仲良くしてあげて。本が読めないそうだけれど」というクリスマスカードが届いていたからです。

 大輔は栞子さんから母とは音信不通だと聞かされていました。ところが、大輔の体質を知っている人は限られているのに、なぜか智恵子が知っていたのです。

 栞子さんが隠れて連絡していたのか、それとも他の誰かが智恵子とつながっているのか…。

スポンサーリンク

 身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、この物語には栞子さんの他にも身内の問題で悩まされている人が登場します。

 これまで何度も登場してきたしのぶは両親と確執があり、智恵子の同級生も兄夫婦と仲がよくありませんでした。

 そんな彼らの姿をみていると身内の問題ほど面倒な問題はないように思えてくるんですよね。

 とにかく、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』は、ミステリーとしても、ビブリアシリーズの続編としても、栞子さんの母・智恵子がどのような人物なのか明かされていく物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました