webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)


 読書していますか?

 私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズを読んでいます。

 面白そうな数学書やビジネス書、小説など、図書館で借りられるのを楽しみにしていた本がたくさん手元にあるのに、この小説を読んでいます。返却期限が近づいているのにです。

 それだけ面白くて仕方がないんですよね。

 というわけで、今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』ってどんな小説?

 本書は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第三弾。これまでのシリーズ同様に古書を巡るミステリーが描かれています。

 物語の中心は十年前に家族を放り出して行方をくらませた栞子さんの母。そのときに母が残していった本が『クラクラ日記』だったので、栞子さんは母が他の男性のところに行ったと推測していました。

 それから今まで栞子さんは母と音信不通だと言います。しかし、最近勤め始めたばかりの大輔のことを書いた手紙が知り合いの古書店に送られてきました。

 そのことを知った大輔は、栞子さんのことを不審に思いますが、栞子さんは隠れて母とやり取りをするメリットがないと言います。

 では、一体誰が母と接触しているのか?

 謎の答えが気になって一気に読んでしまう物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

『王さまのみみはロバのみみ』

ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』

ジュディス・メリル『年刊SF傑作選 2』

『奇妙なはなし』

『ベルセルク』

『GANTZ』

ボブ・ショウ『去りにし日々、今ひとたびの幻』

岩男 淳一郎『版文庫発掘ノート』

志多 三郎『街の古本屋入門』

F・W・クロフツ『フローテ公園殺人事件』

ウスペンスキー『チェブラーシュカとなかまたち』

『あさりちゃん』

『ホットロード』

宮沢 賢治『春と修羅』

宮沢 賢治『注文の多い料理店』

宮沢 賢治『銀河鉄道の夜』

宮沢 賢治『風の又三郎』

ヴィクトル ユーゴー『レ・ミゼラブル』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 今回も読みたくなる本が多数紹介されていましたが、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの続きが気になって仕方ありません。このエントリを書く前に早くも4巻を読み始めているくらいにハマっています。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。おすすめですよ。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …