webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)


 読書していますか?

 この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 前作同様に本が読みたくて仕方がなくなりますよ。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』ってどんな小説?

 前作が栞子さんと大輔の「出会い」の物語だとすると、本作は「互いの過去を知る」物語。

 大輔の元カノが登場してきたり、栞子さんの母との確執が明かされたりと、4編の古書ミステリーを通して、互いの過去が明らかになっていきます。

 そんな二人の姿――互いに気になっているのに付き合うまでにはいかない姿をみていると、若い頃に抱いていた甘酸っぱい恋心が蘇ってくるんですよね。

 とはいえ、大輔にとっては悲しい出来事も。栞子さんが「…わたし、一生結婚しないつもりです」と宣言したからです。

 今後、二人の関係がどうなっていくのか気になって仕方ない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

坂口 三千代『クラクラ日記』

『現代大衆文学全集』

アントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ 完全版』

国枝 史郎『蔦葛木曽桟』

名和 弓雄『十手・捕縄事典』

石井 良助『江戸町方の制度』

アーシュラ・K・ル・グイン『ふたり物語』

司馬 遼太郎『ビジネスエリートの新論語』

 本書では『名言随筆 サラリーマン』として紹介されていましたが、復刻版があったのでそちらをご紹介。

司馬 遼太郎『豚と薔薇』

有吉 佐和子『華岡青洲の妻』

有吉 佐和子『ほむら』

井上 靖『敦煌』

井上 靖『天平の甍』

井上 靖『流転』

司馬 遼太郎『街道をゆく』

司馬 遼太郎『ペルシャの幻術師』

山田 風太郎『山田風太郎忍法全集』

国枝 史郎『八ケ岳の魔神』

国枝 史郎『神州纐纈城』

藤子・F・不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』

池波 正太郎『錯乱』

藤子・F・不二雄『オバケのQ太郎』

藤子・F・不二雄『ドラえもん』

藤子・F・不二雄『怪物くん』

藤子・F・不二雄『パーマン』

藤子・F・不二雄『キテレツ大百科』

藤子 不二雄A『劇画毛沢東伝』

藤子・F・不二雄『ミノタウロスの皿』

藤子・F・不二雄『仙べえ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 前作同様、読みたくなる本が多数ありましたが、今回は特に藤子不二雄の漫画と司馬遼太郎の本が読みたくなりました。昔、読み漁っていたのを思い出したからです。

 もちろん、ビブリア古書堂の事件手帖シリーズも引き続き読んでいきます。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …