webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)


 読書していますか?

 この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 前作同様に本が読みたくて仕方がなくなりますよ。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』ってどんな小説?

 前作が栞子さんと大輔の「出会い」の物語だとすると、本作は「互いの過去を知る」物語。

 大輔の元カノが登場してきたり、栞子さんの母との確執が明かされたりと、4編の古書ミステリーを通して、互いの過去が明らかになっていきます。

 そんな二人の姿――互いに気になっているのに付き合うまでにはいかない姿をみていると、若い頃に抱いていた甘酸っぱい恋心が蘇ってくるんですよね。

 とはいえ、大輔にとっては悲しい出来事も。栞子さんが「…わたし、一生結婚しないつもりです」と宣言したからです。

 今後、二人の関係がどうなっていくのか気になって仕方ない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

坂口 三千代『クラクラ日記』

『現代大衆文学全集』

アントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ 完全版』

国枝 史郎『蔦葛木曽桟』

名和 弓雄『十手・捕縄事典』

石井 良助『江戸町方の制度』

アーシュラ・K・ル・グイン『ふたり物語』

司馬 遼太郎『ビジネスエリートの新論語』

 本書では『名言随筆 サラリーマン』として紹介されていましたが、復刻版があったのでそちらをご紹介。

司馬 遼太郎『豚と薔薇』

有吉 佐和子『華岡青洲の妻』

有吉 佐和子『ほむら』

井上 靖『敦煌』

井上 靖『天平の甍』

井上 靖『流転』

司馬 遼太郎『街道をゆく』

司馬 遼太郎『ペルシャの幻術師』

山田 風太郎『山田風太郎忍法全集』

国枝 史郎『八ケ岳の魔神』

国枝 史郎『神州纐纈城』

藤子・F・不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』

池波 正太郎『錯乱』

藤子・F・不二雄『オバケのQ太郎』

藤子・F・不二雄『ドラえもん』

藤子・F・不二雄『怪物くん』

藤子・F・不二雄『パーマン』

藤子・F・不二雄『キテレツ大百科』

藤子 不二雄A『劇画毛沢東伝』

藤子・F・不二雄『ミノタウロスの皿』

藤子・F・不二雄『仙べえ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 前作同様、読みたくなる本が多数ありましたが、今回は特に藤子不二雄の漫画と司馬遼太郎の本が読みたくなりました。昔、読み漁っていたのを思い出したからです。

 もちろん、ビブリア古書堂の事件手帖シリーズも引き続き読んでいきます。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

ピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

(※『ラッシュライフ』表紙より)  パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  と …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』

(※『終末のフール』表紙より)  今の生き方でどれくらい生きるつもりですか。  私は今の生き方に満足していませんが、まだまだ生きられると思っていたので、今の生き方を続けてきました。しかし、いつかは誰もが死ぬんですよね。 …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。 …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』

(※『あるキング』表紙より)  人に嫌われることを恐れていませんか?  私は恐れていますが、それを悪いことだと思っていました。もちろん、極端に恐れるのは良くありませんが、ある程度であれば人に嫌われない生き方を選んだ方が楽 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …