webstation plus

 他人と距離をとって生きていませんか?

 私はどちらかと言うと、お節介なところがあるので、他人の領域に踏み込んでしまうところがありますが、そんな性格で良かったのかなと思える物語がありました。

 三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖2』です。何もせずに見守っているだけでは、今ある関係もなくなってしまうかもしれないんですよね。

 ビブリア古書堂に人間関係の問題が次々と持ち込まれる

 物語の舞台はビブリア古書堂。前作でビブリア古書堂を辞めた大輔でしたが、その後、栞子さんと仲直りをし、再び店員として働き出しました。

 そんな彼らのもとに小菅奈緒が相談を持ち込みます。彼女の妹が書いた読書感想文がきっかけで、読む本を親にチェックされるようになったと言うのです。

 小菅の妹が読書感想文に書いたのは、アントニイ・バージェスの『時計じかけのオレンジ』という小説で、悪夢みたいな救いようのない物語でした。

 しかし、彼女が書いた感想には、「誰かに押し付けられて良い人間になるよりも、悪いことをしている方が人間らしいかもしれない」と書かれていたので、学校の先生から親に注意が入り、親がショックを受けたのです。

 それで小菅の親が読む本をチェックするようになったのですが…。

 この話を聞いた栞子さんは、「この読書感想文を書いた人は、本当の意味で『時計じかけのオレンジ』を読んでいません」と言います。なぜなら…。

 大輔の元カノや栞子さんの母親の話題も登場

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、『ビブリア古書堂の事件手帖2』には、大輔の元カノや栞子さんのお母さんの話題も登場します。

 高校の頃に栞子さんをたまたま見かけた大輔は、栞子さんに一目惚れしますが、同級生の高坂晶穂と長い時間を共に過ごすようになり、付き合うようになりました。

 大学生になってからは、疎遠になって別れてしまいましたが、久しぶりに再会した晶穂から亡くなった父の遺本を買い取って欲しいと言われます。

 そこで大輔は、栞子さんと一緒に晶穂の実家に行くことになるのですが、そこで大輔は晶穂がどんな暮らしをしていたのか全く知らなかったことを痛感しました。

 大輔は晶穂と距離をとって付き合っていたんですよね。

 だからこそ、大輔は栞子さんとは距離を縮めたいと思い、タブーになっていた彼女のお母さんの話題を持ち出しますが…。

 人との距離を縮めるには一歩踏み出す勇気が必要

 栞子さんから「母の話はしたくありません」と言われます。それだけでなく、「私は誰とも一生結婚するつもりはありません」と言われるんですよね。

 それでも大輔は…。

 三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖2』は、そんな彼らの恋の行方が気になる物語ですが、それだけでなく人との距離を縮めるには一歩踏み出す勇気が必要だと教えてくれる物語でもあります。

 もちろん、ミステリーとしても、恋愛小説としても面白いので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。  私にも …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋をしたくなる恋愛ミステリー小説

 最近、恋していますか?  私はすでに結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋をしていますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」としみじみ思いました。  私のよう …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』感想/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみると、ツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強く …