webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)


 読書していますか?

 この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 前作同様に本が読みたくて仕方がなくなりますよ。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』ってどんな小説?

 前作が栞子さんと大輔の「出会い」の物語だとすると、本作は「互いの過去を知る」物語。

 大輔の元カノが登場してきたり、栞子さんの母との確執が明かされたりと、4編の古書ミステリーを通して、互いの過去が明らかになっていきます。

 そんな二人の姿――互いに気になっているのに付き合うまでにはいかない姿をみていると、若い頃に抱いていた甘酸っぱい恋心が蘇ってくるんですよね。

 とはいえ、大輔にとっては悲しい出来事も。栞子さんが「…わたし、一生結婚しないつもりです」と宣言したからです。

 今後、二人の関係がどうなっていくのか気になって仕方ない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

坂口 三千代『クラクラ日記』

『現代大衆文学全集』

アントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ 完全版』

国枝 史郎『蔦葛木曽桟』

名和 弓雄『十手・捕縄事典』

石井 良助『江戸町方の制度』

アーシュラ・K・ル・グイン『ふたり物語』

司馬 遼太郎『ビジネスエリートの新論語』

 本書では『名言随筆 サラリーマン』として紹介されていましたが、復刻版があったのでそちらをご紹介。

司馬 遼太郎『豚と薔薇』

有吉 佐和子『華岡青洲の妻』

有吉 佐和子『ほむら』

井上 靖『敦煌』

井上 靖『天平の甍』

井上 靖『流転』

司馬 遼太郎『街道をゆく』

司馬 遼太郎『ペルシャの幻術師』

山田 風太郎『山田風太郎忍法全集』

国枝 史郎『八ケ岳の魔神』

国枝 史郎『神州纐纈城』

藤子・F・不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』

池波 正太郎『錯乱』

藤子・F・不二雄『オバケのQ太郎』

藤子・F・不二雄『ドラえもん』

藤子・F・不二雄『怪物くん』

藤子・F・不二雄『パーマン』

藤子・F・不二雄『キテレツ大百科』

藤子 不二雄A『劇画毛沢東伝』

藤子・F・不二雄『ミノタウロスの皿』

藤子・F・不二雄『仙べえ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 前作同様、読みたくなる本が多数ありましたが、今回は特に藤子不二雄の漫画と司馬遼太郎の本が読みたくなりました。昔、読み漁っていたのを思い出したからです。

 もちろん、ビブリア古書堂の事件手帖シリーズも引き続き読んでいきます。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

対立はなくならない…ではどうする?/伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …