webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)


 読書していますか?

 この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 前作同様に本が読みたくて仕方がなくなりますよ。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』ってどんな小説?

 前作が栞子さんと大輔の「出会い」の物語だとすると、本作は「互いの過去を知る」物語。

 大輔の元カノが登場してきたり、栞子さんの母との確執が明かされたりと、4編の古書ミステリーを通して、互いの過去が明らかになっていきます。

 そんな二人の姿――互いに気になっているのに付き合うまでにはいかない姿をみていると、若い頃に抱いていた甘酸っぱい恋心が蘇ってくるんですよね。

 とはいえ、大輔にとっては悲しい出来事も。栞子さんが「…わたし、一生結婚しないつもりです」と宣言したからです。

 今後、二人の関係がどうなっていくのか気になって仕方ない物語です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』に登場した本のご紹介

 ここからは、本書に登場した本の数々を紹介していきます。

坂口 三千代『クラクラ日記』

『現代大衆文学全集』

アントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ 完全版』

国枝 史郎『蔦葛木曽桟』

名和 弓雄『十手・捕縄事典』

石井 良助『江戸町方の制度』

アーシュラ・K・ル・グイン『ふたり物語』

司馬 遼太郎『ビジネスエリートの新論語』

 本書では『名言随筆 サラリーマン』として紹介されていましたが、復刻版があったのでそちらをご紹介。

司馬 遼太郎『豚と薔薇』

有吉 佐和子『華岡青洲の妻』

有吉 佐和子『ほむら』

井上 靖『敦煌』

井上 靖『天平の甍』

井上 靖『流転』

司馬 遼太郎『街道をゆく』

司馬 遼太郎『ペルシャの幻術師』

山田 風太郎『山田風太郎忍法全集』

国枝 史郎『八ケ岳の魔神』

国枝 史郎『神州纐纈城』

藤子・F・不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』

池波 正太郎『錯乱』

藤子・F・不二雄『オバケのQ太郎』

藤子・F・不二雄『ドラえもん』

藤子・F・不二雄『怪物くん』

藤子・F・不二雄『パーマン』

藤子・F・不二雄『キテレツ大百科』

藤子 不二雄A『劇画毛沢東伝』

藤子・F・不二雄『ミノタウロスの皿』

藤子・F・不二雄『仙べえ』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 前作同様、読みたくなる本が多数ありましたが、今回は特に藤子不二雄の漫画と司馬遼太郎の本が読みたくなりました。昔、読み漁っていたのを思い出したからです。

 もちろん、ビブリア古書堂の事件手帖シリーズも引き続き読んでいきます。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …