webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)


 読書していますか?

 私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んで、小説が読みたくなりました。読みたい本だらけで、もう大変です。

 そこで今回は、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』ってどんな小説?

 「古書には、中に書かれている物語だけでなく、人の手から手へ渡った本そのものにも物語がある」をテーマに、古書をめぐるミステリーが描かれている小説です。

 主人公は、プー太郎の五浦大輔。彼は子供の頃のある経験がトラウマになって本が読めない体質になっていましたが、祖母が大切にしていた本を売りに「ビブリア古書堂」に行ったことがキッカケで本と関わる人生を歩むようになりました。

 「ビブリア古書堂」の店長・篠川栞子さんと出会い、彼女に淡い恋心を抱いたからです。

 しかし、栞子さんはその美しい見た目とは裏側に少し変わった性格の持ち主でした。内向的で上がりやすく、人とまともに会話をすることができません。ところが、本のことになるとスイッチが入ったかのように流暢に話し始めます。しかも名推理を添えて――。

 そんな栞子さんと大輔が織りなす4編のミステリー。読書が苦手な方でも読みやすく、読み終わった後には古書にも手を伸ばしてみたくなる小説です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』に登場した本のご紹介

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読み終わったら、間違いなく本が読みたくなります。そこで備忘録を兼ねて本書に登場した本を紹介していきます。

夏目漱石『漱石全集・新書版』

 Amazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

アンナ・カヴァン『ジュリアとバズーカ』

小山 清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』

今 和次郎『モデルノロヂオ―考現学』

 こちらもAmazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

チャールズ ディケンズ『我らが共通の友』

リュシアン フェーヴル『書物の出現』

式場 隆三郎『定本 二笑亭綺譚』

杉山 茂丸『百魔』

フォークナー『サンクチュアリ』

ピーター・ディキンスン『生ける屍』

ヴィノグラードフ『論理学入門』

青木 和夫『日本思想大系』

太宰 治『晩年』

梶山 季之『せどり男爵数奇譚』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 『ビブリア古書堂の事件手帖』は7巻まで出ているようなので早く続きが読みたくて仕方ありません。

 一方で、本書に登場した本にも手を出したいので、読みたい本がいっぱいです。もう本当に大変。

 というわけで、気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。きっと本が読みたくなりますよ。

 関連記事

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …