webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)


 読書していますか?

 私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んで、小説が読みたくなりました。読みたい本だらけで、もう大変です。

 そこで今回は、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』ってどんな小説?

 「古書には、中に書かれている物語だけでなく、人の手から手へ渡った本そのものにも物語がある」をテーマに、古書をめぐるミステリーが描かれている小説です。

 主人公は、プー太郎の五浦大輔。彼は子供の頃のある経験がトラウマになって本が読めない体質になっていましたが、祖母が大切にしていた本を売りに「ビブリア古書堂」に行ったことがキッカケで本と関わる人生を歩むようになりました。

 「ビブリア古書堂」の店長・篠川栞子さんと出会い、彼女に淡い恋心を抱いたからです。

 しかし、栞子さんはその美しい見た目とは裏側に少し変わった性格の持ち主でした。内向的で上がりやすく、人とまともに会話をすることができません。ところが、本のことになるとスイッチが入ったかのように流暢に話し始めます。しかも名推理を添えて――。

 そんな栞子さんと大輔が織りなす4編のミステリー。読書が苦手な方でも読みやすく、読み終わった後には古書にも手を伸ばしてみたくなる小説です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』に登場した本のご紹介

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読み終わったら、間違いなく本が読みたくなります。そこで備忘録を兼ねて本書に登場した本を紹介していきます。

夏目漱石『漱石全集・新書版』

 Amazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

アンナ・カヴァン『ジュリアとバズーカ』

小山 清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』

今 和次郎『モデルノロヂオ―考現学』

 こちらもAmazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

チャールズ ディケンズ『我らが共通の友』

リュシアン フェーヴル『書物の出現』

式場 隆三郎『定本 二笑亭綺譚』

杉山 茂丸『百魔』

フォークナー『サンクチュアリ』

ピーター・ディキンスン『生ける屍』

ヴィノグラードフ『論理学入門』

青木 和夫『日本思想大系』

太宰 治『晩年』

梶山 季之『せどり男爵数奇譚』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 『ビブリア古書堂の事件手帖』は7巻まで出ているようなので早く続きが読みたくて仕方ありません。

 一方で、本書に登場した本にも手を出したいので、読みたい本がいっぱいです。もう本当に大変。

 というわけで、気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。きっと本が読みたくなりますよ。

 関連記事

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』/悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?

(※『フーガはユーガ』表紙より)  悪い奴らって容赦がないですよね。  ある殺人鬼は、多くの人を殺したにも関わらず、少年法に守られて反省もせずに出所。成人してからも被害者家族を苦しめるような本を出版する極悪非道っぷりです …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …