webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)


 読書していますか?

 私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んで、小説が読みたくなりました。読みたい本だらけで、もう大変です。

 そこで今回は、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』ってどんな小説?

 「古書には、中に書かれている物語だけでなく、人の手から手へ渡った本そのものにも物語がある」をテーマに、古書をめぐるミステリーが描かれている小説です。

 主人公は、プー太郎の五浦大輔。彼は子供の頃のある経験がトラウマになって本が読めない体質になっていましたが、祖母が大切にしていた本を売りに「ビブリア古書堂」に行ったことがキッカケで本と関わる人生を歩むようになりました。

 「ビブリア古書堂」の店長・篠川栞子さんと出会い、彼女に淡い恋心を抱いたからです。

 しかし、栞子さんはその美しい見た目とは裏側に少し変わった性格の持ち主でした。内向的で上がりやすく、人とまともに会話をすることができません。ところが、本のことになるとスイッチが入ったかのように流暢に話し始めます。しかも名推理を添えて――。

 そんな栞子さんと大輔が織りなす4編のミステリー。読書が苦手な方でも読みやすく、読み終わった後には古書にも手を伸ばしてみたくなる小説です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』に登場した本のご紹介

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読み終わったら、間違いなく本が読みたくなります。そこで備忘録を兼ねて本書に登場した本を紹介していきます。

夏目漱石『漱石全集・新書版』

 Amazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

アンナ・カヴァン『ジュリアとバズーカ』

小山 清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』

今 和次郎『モデルノロヂオ―考現学』

 こちらもAmazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

チャールズ ディケンズ『我らが共通の友』

リュシアン フェーヴル『書物の出現』

式場 隆三郎『定本 二笑亭綺譚』

杉山 茂丸『百魔』

フォークナー『サンクチュアリ』

ピーター・ディキンスン『生ける屍』

ヴィノグラードフ『論理学入門』

青木 和夫『日本思想大系』

太宰 治『晩年』

梶山 季之『せどり男爵数奇譚』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 『ビブリア古書堂の事件手帖』は7巻まで出ているようなので早く続きが読みたくて仕方ありません。

 一方で、本書に登場した本にも手を出したいので、読みたい本がいっぱいです。もう本当に大変。

 というわけで、気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。きっと本が読みたくなりますよ。

 関連記事

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみるとツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強くな …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …