webstation plus

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)


 読書していますか?

 私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んで、小説が読みたくなりました。読みたい本だらけで、もう大変です。

 そこで今回は、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介したいと思います。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』ってどんな小説?

 「古書には、中に書かれている物語だけでなく、人の手から手へ渡った本そのものにも物語がある」をテーマに、古書をめぐるミステリーが描かれている小説です。

 主人公は、プー太郎の五浦大輔。彼は子供の頃のある経験がトラウマになって本が読めない体質になっていましたが、祖母が大切にしていた本を売りに「ビブリア古書堂」に行ったことがキッカケで本と関わる人生を歩むようになりました。

 「ビブリア古書堂」の店長・篠川栞子さんと出会い、彼女に淡い恋心を抱いたからです。

 しかし、栞子さんはその美しい見た目とは裏側に少し変わった性格の持ち主でした。内向的で上がりやすく、人とまともに会話をすることができません。ところが、本のことになるとスイッチが入ったかのように流暢に話し始めます。しかも名推理を添えて――。

 そんな栞子さんと大輔が織りなす4編のミステリー。読書が苦手な方でも読みやすく、読み終わった後には古書にも手を伸ばしてみたくなる小説です。

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』に登場した本のご紹介

 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読み終わったら、間違いなく本が読みたくなります。そこで備忘録を兼ねて本書に登場した本を紹介していきます。

夏目漱石『漱石全集・新書版』

 Amazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

アンナ・カヴァン『ジュリアとバズーカ』

小山 清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』

今 和次郎『モデルノロヂオ―考現学』

 こちらもAmazonでは販売されていないので別の本をご紹介。

チャールズ ディケンズ『我らが共通の友』

リュシアン フェーヴル『書物の出現』

式場 隆三郎『定本 二笑亭綺譚』

杉山 茂丸『百魔』

フォークナー『サンクチュアリ』

ピーター・ディキンスン『生ける屍』

ヴィノグラードフ『論理学入門』

青木 和夫『日本思想大系』

太宰 治『晩年』

梶山 季之『せどり男爵数奇譚』

 最後に

 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』のあらすじと本書に登場した本の数々を紹介してきました。

 『ビブリア古書堂の事件手帖』は7巻まで出ているようなので早く続きが読みたくて仕方ありません。

 一方で、本書に登場した本にも手を出したいので、読みたい本がいっぱいです。もう本当に大変。

 というわけで、気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。きっと本が読みたくなりますよ。

 関連記事

辻村深月『かがみの孤城』感想/心が弱いと他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリにも、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。   …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本書は、知念 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

村山早紀『星をつなぐ手』は今すぐ本屋さんで本を買いたくなる物語

 本屋さんで本を買っていますか?  私はネットで買ったり、図書館で借りたりすることが多いのですが、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』を読んで、これからは出来るだけ本屋さんで買おうと思いました。  一人でも多くの人が本屋さ …