webstation plus

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。

 本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。

 最初の数十ページは酷い

 主人公の優子ちゃんが頭の中がお花畑な発言を繰り返すので、正直読んでられませんでした。

「森宮さん、次に結婚するとしたら、意地悪な人としてくれないかな」
「いつもいい人に囲まれてるっていうのも、たいへんなんだよね。次の母親はちょっとぐらい悪い人のほうが何かと便利かなって」

 いや、ありえないでしょう。両親が何度も変わって、しかも今は血の繋がりのない赤の他人と暮らしているのに不自由を感じていないなんて。しかも、この発言は頭が悪すぎです。

 ところが…。

 優子ちゃんが異常に強いことに気づく

 ある出来事がキッカケで、高校の同級生全員から無視されるようになった優子ちゃん。しかし、まったく動じないんですよね。

 それどころか、友達はそれほど大事なものじゃない。優先順位をつけるなら、勉強の方が大事だ、と受験勉強に励みます。

 ここで「あれ?」っと思いはじめたのですが、それは優子ちゃんが「とてもズレた人間」なのか、「それ以上の苦労を乗り越えてきた強い人間」なのか、どちらか気になったからです。

 この謎が気になり、もう一度はじめから読み直すことにしました。

 優子ちゃんは周りは良い人ばかりと言うけれど

 これは優子ちゃんがズレているからだと思います。実際、同級生からも「優子ちゃんはズレているよね」と何度も言われています。

 もちろん、色々な苦労を乗り越えてきたから、強くなったというのもあるでしょうが、そもそも、最後に親になった森宮さん以外は自分のことしか考えていません。

 いろいろ理由をつけていいように描かれていますが、ブラジル出向に子供を一緒に連れて行かなかった本当の父、自分のことを何よりも優先する梨花さん、コミュニケーションを取ろうとしなかった泉ヶ原さん。

 彼らのどこがいい人なの?誰も優子ちゃんとの距離を縮めようとしていないんですよね。

 また、この物語は最初と最後を除いて、優子ちゃん視点で描かれています。だから、ズレた優子ちゃんからみると、彼らがいいように見えるだけなのでは?…なんて、穿った考えをしてしまいます。

 変わり者の森宮さんが優子ちゃんを救う

 そんな誰からも(本当の意味で)愛されてこなかった優子ちゃんを唯一愛したのが、変わり者の森宮さん。

 現実にも、ちょっとズレてて結婚は無理そうだけど、真面目で面倒見がよく、優しい人っていますよね。まさにそれが森宮さんです。

 とはいえ、本当にあったかい人。そんな森宮さんと優子ちゃんのやりとりを見ていると、とてもあったかい気持ちになれるんですよね。本当の親子以上に親子というか。

 虐待を解決する方法は森宮さんを見つけること

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの人間関係が築けない、子どもみたいな親が増えているからです。

 しかし、そんな親に「しっかりしろ」と叱っても無駄。それなら、森宮さんのような面倒見が良い人を見つけ、預けた方がうまくいくんじゃないかと思うようになりました。

 そんな考えにさせてくれた小説が瀬尾まいこさんの小説『そして、バトンは渡された』。おすすめです。

 関連記事

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …