webstation plus

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。

 本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。

 最初の数十ページは酷い

 主人公の優子ちゃんが頭の中がお花畑な発言を繰り返すので、正直読んでられませんでした。

「森宮さん、次に結婚するとしたら、意地悪な人としてくれないかな」
「いつもいい人に囲まれてるっていうのも、たいへんなんだよね。次の母親はちょっとぐらい悪い人のほうが何かと便利かなって」

 いや、ありえないでしょう。両親が何度も変わって、しかも今は血の繋がりのない赤の他人と暮らしているのに不自由を感じていないなんて。しかも、この発言は頭が悪すぎです。

 ところが…。

 優子ちゃんが異常に強いことに気づく

 ある出来事がキッカケで、高校の同級生全員から無視されるようになった優子ちゃん。しかし、まったく動じないんですよね。

 それどころか、友達はそれほど大事なものじゃない。優先順位をつけるなら、勉強の方が大事だ、と受験勉強に励みます。

 ここで「あれ?」っと思いはじめたのですが、それは優子ちゃんが「とてもズレた人間」なのか、「それ以上の苦労を乗り越えてきた強い人間」なのか、どちらか気になったからです。

 この謎が気になり、もう一度はじめから読み直すことにしました。

 優子ちゃんは周りは良い人ばかりと言うけれど

 これは優子ちゃんがズレているからだと思います。実際、同級生からも「優子ちゃんはズレているよね」と何度も言われています。

 もちろん、色々な苦労を乗り越えてきたから、強くなったというのもあるでしょうが、そもそも、最後に親になった森宮さん以外は自分のことしか考えていません。

 いろいろ理由をつけていいように描かれていますが、ブラジル出向に子供を一緒に連れて行かなかった本当の父、自分のことを何よりも優先する梨花さん、コミュニケーションを取ろうとしなかった泉ヶ原さん。

 彼らのどこがいい人なの?誰も優子ちゃんとの距離を縮めようとしていないんですよね。

 また、この物語は最初と最後を除いて、優子ちゃん視点で描かれています。だから、ズレた優子ちゃんからみると、彼らがいいように見えるだけなのでは?…なんて、穿った考えをしてしまいます。

 変わり者の森宮さんが優子ちゃんを救う

 そんな誰からも(本当の意味で)愛されてこなかった優子ちゃんを唯一愛したのが、変わり者の森宮さん。

 現実にも、ちょっとズレてて結婚は無理そうだけど、真面目で面倒見がよく、優しい人っていますよね。まさにそれが森宮さんです。

 とはいえ、本当にあったかい人。そんな森宮さんと優子ちゃんのやりとりを見ていると、とてもあったかい気持ちになれるんですよね。本当の親子以上に親子というか。

 虐待を解決する方法は森宮さんを見つけること

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの人間関係が築けない、子どもみたいな親が増えているからです。

 しかし、そんな親に「しっかりしろ」と叱っても無駄。それなら、森宮さんのような面倒見が良い人を見つけ、預けた方がうまくいくんじゃないかと思うようになりました。

 そんな考えにさせてくれた小説が瀬尾まいこさんの小説『そして、バトンは渡された』。おすすめです。

 関連記事

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …