webstation plus

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。

 しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、面倒見の良い人を見つけて任せたほうが上手くいくのでは?と思うようになりました。

 そんな考えにさせてくれた小説が瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』。これからの日本に必要な視点を与えてくれる物語です。

 血のつながりのない男性と楽しく暮らす女子高生が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、血のつながりのない男性と楽しく暮らす女子高生の優子ちゃん。

 彼女は両親に捨てられた…というわけではありませんが、巡りめぐって血のつながりのない森宮さんという面倒見のいい男性と二人で暮らしていました。

 しかし、そのような境遇にも関わらず、優子ちゃんは次のような発言を繰り返すんですよね。

「森宮さん、次に結婚するとしたら、意地悪な人としてくれないかな」
「いつもいい人に囲まれてるっていうのも、たいへんなんだよね。次の母親はちょっとぐらい悪い人のほうが何かと便利かなって」

 それだけ優子ちゃんは森宮さんと幸せに暮らしていたのですが、それだけではありませんでした。優子ちゃんは人よりもタフな性格をしていたのです。

 彼女は、あることがきっかけでイジメにあいます。同級生全員から無視されるような酷いイジメでしたが、彼女はまったく動じませんでした。なぜなら…。

 変わりものの森宮さんに救われた優子ちゃん

 本当の両親にも興味を持ってもらえなかったからです。

 本書では、優子ちゃん視点で良いように描かれていますが、本当の父は、ブラジルに出向するときに優子ちゃんを連れて行きませんでした。

 このとき、彼女の面倒をみることになった父の再婚相手である梨花さんも、優子ちゃんのことよりも自分の想いを優先させます。

 梨花さんが次に再婚した泉ヶ原さんに至っては、優子ちゃんとコミュニケーションを取ろうとさえしませんでした。

 梨花さんのその次の再婚相手である森宮さんだけが彼女に興味をもって接してくれたんですよね。梨花さんは優子ちゃんを置いて出ていきましたが…。

 だからこそ、優子ちゃんはイジメにあっても、「友達はそれほど大事なものじゃない。優先順位をつけるなら勉強の方が大事だ」と受験勉強に励めたのだと思います。

 また、優子ちゃんはこれまで誰からも愛されてきませんでしたが、今は愛情を注いでくれる森宮さんがいます。森宮さんのおかげで、安定できたのです。

 そんな優子ちゃんの暮らしを眺めていると…。

 虐待を解決する方法は森宮さんを見つけること

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからです。

 しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、森宮さんのような面倒見の良い人を見つけ、預けた方がうまくいくのでは?と思うようになりました。

 このように、瀬尾まいこさんの小説『そして、バトンは渡された』は、これからの日本に必要な視点を与えてくれる物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

伊坂幸太郎『死神の精度』は生きる意味を追い求めるのが人間らしさだとわかる物語

 自分の行動に意味づけしていますか?  「なぜこの仕事をしているのか?」「なぜこの本を読んでいるのか?」「なぜブログを書いているのか?」…などなど。  私はどんなことでも「なぜ?」を考えないと気が済まない性格なので意味づ …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …

東野圭吾『悪意』は言葉で人は騙せても人柄は隠しきれないことがわかる物語

 何も行動は起こさないのに、調子の良いことばかり言っていませんか?  私は口にしたことは出来るだけ行動するようにしていますが、知り合いのなかにも調子の良いことばかり言っている人がいるんですよね。  東野圭吾さんの小説『悪 …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …