webstation plus

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思っていたからです。

 しかし、2人の子どもを3歳まで育ててみると、「確かに3歳までの子育ては大切だなぁ…」と納得できる部分も出てきました。それは:

母親を信頼する。そして自分を、母親以外の人を信頼していく。そんな人との信頼関係の基盤をつくる時期が3歳まで。

 実際、私のまわりにいる子どもたちを見てみると、3歳を過ぎたあたりから、コミュニケーション能力に差がついています。それは、母親とそのまわりの人たちを信頼できているかどうかによるもの。母親を信頼できる子に育っていると、誰とでも心を開いて話せるようになっています。

 もちろん、3歳を過ぎてからでも信頼関係は築けますが、できれば早い段階で信頼関係を築きたいですよね。では、どのように接すれば子どもとの信頼関係が築けるのでしょうか。

 子育ての基本は「子どもの要求に応える」こと

 本『3歳までの子育てに大切なたった5つのこと』によると、信頼関係の基本は、どこまでも子どもの要求に応えることだそうです。希望が叶ったという事実が子どもの心の深いところに残り、それが「親は信頼できる」「自分は大切にされている」という思いにつながっていくからです。

 具体的には、次の5つを実践することが子どもの要求に応えることになります。

1. 遠くから見守る

 子育ての基本は、見守ることだとよく言われていますよね。

 それは、母親とそのまわりの大人たちに見守られて育った子どもは、いつも守られているという安心感を抱けるようになり、同時に、見守ってくれている相手に信頼感を持つようになるからです。

 そのため、子どもが夢中になって遊んでいるときでも、可能な限り見守ること。もちろん、いつも見守ることはできませんが、子どもが何かを求めていることに気づいたときは、タイミングが多少ずれたとしても、必ず応答を返すこと、最後まで無視しないことが大切です。

 私の子どもたちも、私たち親が見守っていることがわかると安心した顔をしてくれました。子どもにとって「親の見守り」は、とても大切なことなんですね。

2. ほほ笑みを返す

 子どもはよく笑いますよね。たとえば公園に遊びに行って、花を見つけただけでも笑いかけてきます。それは、子どもが親と共感しあいたい、喜びあいたいと思っているから。

 このとき、子どもの笑顔にほほ笑み返せるかどうかで、子どもの共感性の広がり方が変わるそうです。喜びを分かち合う経験をすればするほど、共感的な子どもに育っていくことが、フランスの精神科医アンリ・ワロンの研究によって明らかになりました。

 さらに、喜びを分かち合う経験を積み重ねていけば、人の悲しみや痛みにも思いをはせるようになっていくそうです。子どもの笑顔に応えられる親でありたいですね。

3. 泣いたらあやす

 私が親になった頃は、泣くたびにあやすと、それが際限なくつづき、わがままな子に育つと聞いたのですが、そうではないようです。

赤ちゃんに、時間を決めて授乳した場合と、深夜であろうが泣いたときには授乳した場合を比較した研究があります。
定時授乳のケースでは、数日たつと、赤ちゃんが空腹でも泣かなくなりました。一見、忍耐力がついたようですが、その子たちはやがて、継続的な努力を苦手とする子になっていきました。その子たちが身につけたのは、忍耐ではなく、あきらめだったのです。
一方、いつでも授乳をしたケースの子たちは、自主的に努力をつづけられる子に育ちました。赤ちゃんの要求を満たすことには大きな意味があったのです。

 ただし、子どもの要求にオモチャや食べ物、お金などの「モノ」で応えてはいけません。モノへの要求はエスカレートするからです。だっこや声かけ、いっしょに遊ぶなど、手や心をかけて子どもの心を満たしていきましょう。

4. できるまで待つ

 食事や着替え、トイレなど、身のまわりのことを子どもに教えるのは大変ですよね。くり返し伝えても、思うようにはいきません。それでも、できるようになるまで、じっくりと待つことが大切なんだとか。

 なぜなら、親の「早くして欲しい」「まだできないのか」という思いは、確実に子どもに伝わるからです。すると、子どもは焦って行動するようになったり、できないことでも急いで挑戦したりします。その結果、失敗を積み重ねるようになると――無力感を抱くようになったり、挑戦する意欲を失いかねません。

 もちろん、手出し・口出しをするのもダメ。子どもが主体性を失い、親の顔色をみて育つようになるからです。何事も自分では判断できなくなってしまうからです。

 だからこそ、子どもが「やろう!」という意欲を持ったときは、本人のペースを優先させる。そうすれば、主体性を持って様々なことに積極的に挑戦するようになっていきます。

5. いっしょに遊ぶ

 子どもは親と遊ぶことが大好きですよね。いつも「遊んで」とせがんできます。このとき、たとえ短時間でも心をかけて遊ぶことが大切なんだとか。

 なぜなら、子どもは遊びを通して多くのことを学んでいくからです。特に、親とよく遊んでいる子どもは、友達とも上手に遊べるようになります。人とのコミュニケーションが上手く取れるようなるんですね。

 ただし、親の趣味に付き合ってもらうようではダメ。あくまでも子ども主体で遊ぶ時間を確保していきましょう。

 最後に

 幼い子どもの声や涙に応え、願いをかねてやり、その子を安心させること。これは世界共通の育児の鉄則だそうです。

 精神分析家のエリク・エリクソンは、このことを「基本的信頼」と表現しました。子どもは要求に応えてもらうことで、母親を基本的に信頼し、そして自分を、母親以外の人を信頼していけるようになります。

 もちろん、3歳を過ぎてからでも信頼関係は築けますが、できれば早い段階で築きたいですよね。3歳以下のお子さんがおられる方は、今回紹介した方法を参考にしてみてはどうでしょうか。

 関連記事

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

わがままではなく伸び伸び育てる/尾木ママ流「叱らない子育て」

 「叱らない子育て」と聞くと、「子どもを甘やかせてしまうのでは?」と懸念する人も多いでしょう。私もそのひとりでした。だって、子どもが悪いことをしても叱らずに好き放題させていたら、子どもはワガママに育ってしまいますよね。 …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

子どもの考える力を「伸ばす親」と「つぶす親」の違い

(※『考える力の育て方』表紙より)  子育てしていますか。  私も子育てをしていますが、子どもに考える力をつけさせることが大切だなぁ…と思うことがよくあります。  たとえば、水をこぼしたとき、失敗をしたとき、誰かを傷つけ …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …