webstation plus

drone_01

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。

 「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」

 では、私たちはどうすればいいのか。黙ってロボットに仕事を奪われるしかないのだろうか。そんなことはない。結論からいえば、ロボットには対応しにくい仕事、すなわち「非定型業務」をやればいいのである。ちなみに、「非定型業務」とは、自分の判断や思考力を使って進める仕事のこと。

 小説『銀行総務特命』の主人公・指宿修平も「非定型業務」を担当しているひとり。彼は大手・帝都銀行の不祥事を一手に引き受ける「特命担当」という組織に所属していた。彼のもとには連日のように不祥事が舞い込んでくる。

 たとえば、第一話『漏洩』では、帝都銀行が厳重管理しているはずの「決算書と格付けリスト」が漏洩していることがわかる。「決算書と格付けリストを買わないか?」と匿名の電話が入ったからだ。指宿は、匿名の相手が誰であるかを絞り込み、マスコミに情報が流れないように動きをかけていく。

 また、第三話『官能銀行』では、帝都銀行の女性社員がアダルトビデオにでると週刊誌に掲載されてしまう。該当しそうな社員をリストアップしたところ1000人以上もいた。この中からどうやってAV女優を見つけるのか。それが指宿に与えられた仕事だ。

 他にも、第五話『ストーカー』では、融資担当の女性社員がストーカーの被害を受けていることが判明。無言電話や追跡だけでなく、家のなかにまで侵入された形跡があるという。このストーカーを捕まえることが指宿の仕事だ。

 このように、指宿は、マニュアルに従えば誰もが処理できる仕事、すなわち「定型業務」をしていない。自分の判断や思考力を使って進める仕事ばかりを担当している。だから、彼の仕事はこれから先もロボットに奪われることはないだろう。

 つまり、これから私たち人間に求められる仕事とは、指宿のように複雑に絡み合った問題を解決する仕事である。決まりきった仕事はすべてロボットに任せておけばいいからだ。だから、本書を読んで「非定型業務」の面白さを味わってみてはどうだろうか。そうすれば、ロボットにとって代わられない仕事がどういう仕事なのかわかるだけでなく、非定型業務に挑戦したいと思えるようになるだろう。

 関連記事

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

ヒーローと偽善者は紙一重/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』

 私たちが住む世界には「理不尽」があふれている。たとえば、リストラがそう。どれだけ会社のために尽くして働いてきたとしても、対象に選ばれた社員は、結局、退職するしかない。何をどう訴えてもだ。もし仮に必死になって訴えた結果、 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …