webstation plus

drone_01

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。

 「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」

 では、私たちはどうすればいいのか。黙ってロボットに仕事を奪われるしかないのだろうか。そんなことはない。結論からいえば、ロボットには対応しにくい仕事、すなわち「非定型業務」をやればいいのである。ちなみに、「非定型業務」とは、自分の判断や思考力を使って進める仕事のこと。

 小説『銀行総務特命』の主人公・指宿修平も「非定型業務」を担当しているひとり。彼は大手・帝都銀行の不祥事を一手に引き受ける「特命担当」という組織に所属していた。彼のもとには連日のように不祥事が舞い込んでくる。

 たとえば、第一話『漏洩』では、帝都銀行が厳重管理しているはずの「決算書と格付けリスト」が漏洩していることがわかる。「決算書と格付けリストを買わないか?」と匿名の電話が入ったからだ。指宿は、匿名の相手が誰であるかを絞り込み、マスコミに情報が流れないように動きをかけていく。

 また、第三話『官能銀行』では、帝都銀行の女性社員がアダルトビデオにでると週刊誌に掲載されてしまう。該当しそうな社員をリストアップしたところ1000人以上もいた。この中からどうやってAV女優を見つけるのか。それが指宿に与えられた仕事だ。

 他にも、第五話『ストーカー』では、融資担当の女性社員がストーカーの被害を受けていることが判明。無言電話や追跡だけでなく、家のなかにまで侵入された形跡があるという。このストーカーを捕まえることが指宿の仕事だ。

 このように、指宿は、マニュアルに従えば誰もが処理できる仕事、すなわち「定型業務」をしていない。自分の判断や思考力を使って進める仕事ばかりを担当している。だから、彼の仕事はこれから先もロボットに奪われることはないだろう。

 つまり、これから私たち人間に求められる仕事とは、指宿のように複雑に絡み合った問題を解決する仕事である。決まりきった仕事はすべてロボットに任せておけばいいからだ。だから、本書を読んで「非定型業務」の面白さを味わってみてはどうだろうか。そうすれば、ロボットにとって代わられない仕事がどういう仕事なのかわかるだけでなく、非定型業務に挑戦したいと思えるようになるだろう。

 関連記事

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …