webstation plus

drone_01

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。

 「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」

 では、私たちはどうすればいいのか。黙ってロボットに仕事を奪われるしかないのだろうか。そんなことはない。結論からいえば、ロボットには対応しにくい仕事、すなわち「非定型業務」をやればいいのである。ちなみに、「非定型業務」とは、自分の判断や思考力を使って進める仕事のこと。

 小説『銀行総務特命』の主人公・指宿修平も「非定型業務」を担当しているひとり。彼は大手・帝都銀行の不祥事を一手に引き受ける「特命担当」という組織に所属していた。彼のもとには連日のように不祥事が舞い込んでくる。

 たとえば、第一話『漏洩』では、帝都銀行が厳重管理しているはずの「決算書と格付けリスト」が漏洩していることがわかる。「決算書と格付けリストを買わないか?」と匿名の電話が入ったからだ。指宿は、匿名の相手が誰であるかを絞り込み、マスコミに情報が流れないように動きをかけていく。

 また、第三話『官能銀行』では、帝都銀行の女性社員がアダルトビデオにでると週刊誌に掲載されてしまう。該当しそうな社員をリストアップしたところ1000人以上もいた。この中からどうやってAV女優を見つけるのか。それが指宿に与えられた仕事だ。

 他にも、第五話『ストーカー』では、融資担当の女性社員がストーカーの被害を受けていることが判明。無言電話や追跡だけでなく、家のなかにまで侵入された形跡があるという。このストーカーを捕まえることが指宿の仕事だ。

 このように、指宿は、マニュアルに従えば誰もが処理できる仕事、すなわち「定型業務」をしていない。自分の判断や思考力を使って進める仕事ばかりを担当している。だから、彼の仕事はこれから先もロボットに奪われることはないだろう。

 つまり、これから私たち人間に求められる仕事とは、指宿のように複雑に絡み合った問題を解決する仕事である。決まりきった仕事はすべてロボットに任せておけばいいからだ。だから、本書を読んで「非定型業務」の面白さを味わってみてはどうだろうか。そうすれば、ロボットにとって代わられない仕事がどういう仕事なのかわかるだけでなく、非定型業務に挑戦したいと思えるようになるだろう。

 関連記事

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …