webstation plus

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」

 とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。

 では、私たちはどうすればいいのでしょうか。黙ってロボットに仕事を奪われるしかないのでしょうか。

 銀行の不祥事を担当する主人公

 物語の舞台は大手銀行のひとつである帝都銀行。主人公の指宿修平は、帝都銀行の「特命担当」という組織に所属し、不祥事を一手に引き受けていました。

 たとえば、第一話『漏洩』では、帝都銀行が厳重管理している「決算書と格付けリスト」が漏洩していることがわかります。「決算書と格付けリストを買わないか?」と匿名の電話が入ったからです。

 指宿は、匿名の相手が誰であるかを絞り込み、マスコミに情報が流れないように動きをかけていきます。

 また、第三話『官能銀行』では、帝都銀行の女性社員がアダルトビデオに出演していると週刊誌に掲載されました。該当しそうな社員をリストアップしたところ1000人以上も対象者が見つかります。

 この中からどうやってAV女優を見つけ出すのか…。これが指宿に与えられた仕事です。

 他にも、第五話『ストーカー』では、融資担当の女性社員がストーカーの被害を受けていることがわかります。無言電話や追跡だけでなく、家のなかにまで侵入された形跡がありました。

 このストーカーを捕まえることが指宿の仕事ですが、これらの仕事はAIやロボットに取って代わられることはありません。

 なぜなら…。

 非定型業務は複雑な処理で成り立っている

 個別の不祥事に対応するような「非定型業務」は、自分の判断や思考力を使って進める必要があるため、AIやロボットに置き換えるのが難しいからです。

 AIは届いたメールが迷惑メールかどうかを判別したり、写真に写っているのが犬や猫かを判別したり、あらかじめ人から与えられたデータから、分類するルールを構築するのは得意ですが…。

 0から1を生み出すのは苦手です。あくまでも人がデータを与えたり、情報を与えたりする必要があります。

 また、AIには正解がわかりません。

 だからこそ、私たち人間は、指宿のように複雑に絡み合った問題を解決する必要があるのですが…。

 男女の区別なく非定型業務に挑戦していこう

 もちろん、男性に限った話ではありません。女性も同じです。

 むしろ、物語のもう一人の主人公・唐木怜のように、女性の方が非定型業務に対応する力があるのかもしれません。

 どちらにしても、これから私たち人間に求められる仕事は、指宿や唐木が対応してきた不祥事のように、複雑に絡み合った問題を解決する仕事です。

 決まりきった定型業務は、AIやロボットに任せておけばいいからです。

 そこで、池井戸潤さんの小説『銀行総務特命』を読んで「非定型業務」を仮想体験してみてはどうでしょうか。

 そうすれば、AIやロボットに取って代わられない業務がどのようなものかわかるだけでなく、きっと「非定型業務」に挑戦したいと思えますよ。

 関連記事

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

伊坂幸太郎『砂漠』は自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語

 学生時代は真面目に勉強してきましたか?  私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、真面目に勉強してきたとは口が裂けても言えませんが、そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』を読んで懐かしい …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

伊坂幸太郎『SOSの猿』は複数の視点をもつクセがないと簡単に洗脳されてしまうことがわかる物語

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?  私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強 …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はジェットコースターに乗っているかのような爽快感が味わえる物語

 サスペンスはお好きですか?  私はドキドキ感が味わえるサスペンスが大好きで、小説だけでなく映画もよく観ていますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』は一味違いました。  ハラハラドキドキ感が味わえるだけ …

米澤穂信『遠回りする雛』感想/一年で人は大きく成長する!?

 一年前の自分と比べて成長していますか?  私は一年前と比べてブログを書くスピードが劇的に速くなりましたが、米澤穂信さんの小説『遠回りする雛』の主人公も大きく成長していました。  省エネ主義の奉太郎が千反田えるのために自 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …