webstation plus

drone_01

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。

 「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」

 では、私たちはどうすればいいのか。黙ってロボットに仕事を奪われるしかないのだろうか。そんなことはない。結論からいえば、ロボットには対応しにくい仕事、すなわち「非定型業務」をやればいいのである。ちなみに、「非定型業務」とは、自分の判断や思考力を使って進める仕事のこと。

 小説『銀行総務特命』の主人公・指宿修平も「非定型業務」を担当しているひとり。彼は大手・帝都銀行の不祥事を一手に引き受ける「特命担当」という組織に所属していた。彼のもとには連日のように不祥事が舞い込んでくる。

 たとえば、第一話『漏洩』では、帝都銀行が厳重管理しているはずの「決算書と格付けリスト」が漏洩していることがわかる。「決算書と格付けリストを買わないか?」と匿名の電話が入ったからだ。指宿は、匿名の相手が誰であるかを絞り込み、マスコミに情報が流れないように動きをかけていく。

 また、第三話『官能銀行』では、帝都銀行の女性社員がアダルトビデオにでると週刊誌に掲載されてしまう。該当しそうな社員をリストアップしたところ1000人以上もいた。この中からどうやってAV女優を見つけるのか。それが指宿に与えられた仕事だ。

 他にも、第五話『ストーカー』では、融資担当の女性社員がストーカーの被害を受けていることが判明。無言電話や追跡だけでなく、家のなかにまで侵入された形跡があるという。このストーカーを捕まえることが指宿の仕事だ。

 このように、指宿は、マニュアルに従えば誰もが処理できる仕事、すなわち「定型業務」をしていない。自分の判断や思考力を使って進める仕事ばかりを担当している。だから、彼の仕事はこれから先もロボットに奪われることはないだろう。

 つまり、これから私たち人間に求められる仕事とは、指宿のように複雑に絡み合った問題を解決する仕事である。決まりきった仕事はすべてロボットに任せておけばいいからだ。だから、本書を読んで「非定型業務」の面白さを味わってみてはどうだろうか。そうすれば、ロボットにとって代わられない仕事がどういう仕事なのかわかるだけでなく、非定型業務に挑戦したいと思えるようになるだろう。

 関連記事

『アコギなのかリッパなのか』は政治が舞台のミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが再び起こったら?」なので重いのですが、登場人物たちの気 …