webstation plus

 他人にあわせて生きていませんか?

 私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。

 それから生きるのが楽になったんですよね。

 『バレエなんて、きらい』を読めば、自分らしく生きようと思えるかもしれませんよ。

 女の子仲良し三人組の物語

 物語の主人公は、小学三年生のウィニフレッド・フレッチャーことウィニー。彼女は仲良しの女の子、ヴァネッサとゾーイといつも一緒にいました。

 靴下をお揃いにしたり、オリジナルの歌を作って一緒に歌ったり、図書館で本を読んだりと本当に仲良しです。

 ところが、学校でバレエ教室が始まってから、彼女たちの関係は変わってしまいました。ヴァネッサとゾーイがバレエ教室に行こうと言い出したからです。

 ウィニーはバレエ教室に行きたくありませんでした。踊ると足がもつれるのでバカにされるのが嫌だったからです。

 実際、小学一年生のときにあった「音楽に合わせて体を動かそう」で体験済みです。しかし…。

 仲良しでいるためにバレエ教室に通う

 二人がバレエの話ばかりするようになったので、ウィニーも仕方なく習うことに決めました。

 ところが、バレエを習い始めてすぐに意地悪な先生から「ウィニーのようになってはいけません」とバカにされるんですよね。

 ウィニーはそれが嫌で仕方なかったので「バレエを辞る」と二人に言ったところ、彼女たちはウィニーを除け者にし始めました。家に遊びに行っても居留守を使われます。

 そこでウィニーは仕方なくバレエを続けることにしますが、やはりバカにされるのは我慢できませんでした。

 そんなウィニーの姿をみた彼女の父はこう言います。

 「想像してごらん?」と。

 ウィニーは飛べないペンギンだと言うけれど、もし飛べたとしたら?ウィニーが飛べる翼を持った最初のペンギンだとしたら?

 そんな父の励ましを聞いた彼女は必死でジャンプの練習をしてうまく飛べるようになりましたが…。

 自分らしく生きていこう

 ウィニーはバレエを辞めることに決めました。好きな読書に専念することにしたのです。

 それだけでなく、仲良しの二人とこれからも仲良くできる方法を思いつくんですよね。その方法とは…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、『バレエなんて、きらい』は、他人にあわせるのではなく、自分らしく生きていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』感想/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみると、ツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強く …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本書は、知念 …