webstation plus

 他人にあわせて生きていませんか?

 私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。

 それから生きるのが楽になったんですよね。

 『バレエなんて、きらい』を読めば、自分らしく生きようと思えるかもしれませんよ。

 女の子仲良し三人組の物語

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、小学三年生のウィニフレッド・フレッチャーことウィニー。彼女は仲良しの女の子、ヴァネッサとゾーイといつも一緒にいました。

 靴下をお揃いにしたり、オリジナルの歌を作って一緒に歌ったり、図書館で本を読んだりと本当に仲良しです。

 ところが、学校でバレエ教室が始まってから、彼女たちの関係は変わってしまいました。ヴァネッサとゾーイがバレエ教室に行こうと言い出したからです。

 ウィニーはバレエ教室に行きたくありませんでした。踊ると足がもつれるのでバカにされるのが嫌だったからです。

 実際、小学一年生のときにあった「音楽に合わせて体を動かそう」で体験済みです。しかし…。

 仲良しでいるためにバレエ教室に通う

 二人がバレエの話ばかりするようになったので、ウィニーも仕方なく習うことにしました。

 ところが、バレエを習い始めてすぐに意地悪な先生から「ウィニーのようになってはいけません」とバカにされるんですよね。

 ウィニーはそれが嫌で仕方なかったので「バレエを辞る」と二人に言ったところ、彼女たちはウィニーを除け者にし始めました。家に遊びに行っても居留守を使われます。

 そこでウィニーは仕方なくバレエを続けることにしますが、やはりバカにされるのは我慢できませんでした。

 そんなウィニーの姿をみた彼女の父はこう言います。

「想像してごらん?」

 ウィニーは飛べないペンギンだと言うけれど、もし飛べたとしたら?ウィニーが飛べる翼を持った最初のペンギンだとしたら?

 そんな父の励ましを聞いたウィニーは必死でジャンプの練習をしてうまく飛べるようになりますが…。

 自分らしく生きていこう

 ウィニーはバレエを辞めることにしました。好きな読書に専念することにしたのです。

 それだけでなく、仲良しの二人とこれからも仲良くできる方法を思いつくんですよね。その方法とは…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、『バレエなんて、きらい』は、他人にあわせるのではなく、自分らしく生きていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

北川恵海『ちょっと今から仕事辞めてくる』は自殺をするくらいなら仕事を辞めたほうが良いと思える物語

 頑張って仕事していますか?  私は出来るだけ頑張って仕事をしているつもりですが、世間を見渡すと、仕事を頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありませんが、頭では …

伊坂幸太郎『死神の精度』は生きる意味を追い求めるのが人間らしさだとわかる物語

 自分の行動に意味づけしていますか?  「なぜこの仕事をしているのか?」「なぜこの本を読んでいるのか?」「なぜブログを書いているのか?」…などなど。  私はどんなことでも「なぜ?」を考えないと気が済まない性格なので意味づ …

西加奈子『ふくわらい』は幼い頃に失った感情を取り戻していく女性の物語

 自分の感情を大切にしていますか?  私はどちらかと言えば感情が豊かな方なので、「いつも楽しそうだね」と言われることが多いのですが、西加奈子さんの小説『ふくわらい』の主人公は違いました。  幼い頃に育った家庭環境の影響で …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気をもって生きていますか?  私はできるだけ勇気を出そうとしていますが、勉強や仕事、家事・育児など、やるべきことの多さに逃げ出したくなることがあります。  しかし、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んで、目の前のやる …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4』感想/人は誰でも二面性を持っている!?

 二面性を持っていますか?  私は間違いなく二面性を持っていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖4』を読んで、ある一面だけで人を判断してはいけないことに気づきました。  ある一面だけで人を判断していると、そ …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

東野圭吾『真夏の方程式』感想/たとえ解決できなくても人生をかけて悩むことに価値がある!?

 解決できない問題で悩むのは時間のムダだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』を読んで考えが変わりました。  たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み …