webstation plus

 家族のことを大切に思っていますか。

 私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。

 殺し屋なのにここまで家族思いとは…。それだけで物語に惹きこまれます。

 最強の殺し屋なのに妻に頭が上がらないという設定に惹きこまれる

 伊坂幸太郎さんの殺し屋シリーズも『AX アックス』で三作目。これまでの殺し屋シリーズでは怒りが湧いてくる理不尽な物語が語られてきましたが、『AX アックス』は違います。

 最強の殺し屋なのに妻に頭が上がらないという面白さが物語の至るところに散りばめられているんですよね。

 たとえば、主人公の兜は夜食にカップラーメンを食べるなんてありえないと言います。なぜなら、

「包装しているビニールを破る音、蓋を開ける音、お湯を入れる音、深夜に食べるにはあまりにもうるさい」

 その音に気づかれて妻が起きてしまったら、「うるさくて、まるで眠れなかった」と指摘され、息苦しくなるので…。夜食はソーセージだけです。

 他にも、「今日の夕食、トンカツでいい?」と聞かれてトンカツを食べるつもりになっていても、「夕食、トンカツじゃなくてもう少しあっさりしたものでいいかな。そうめんとか」と聞かれると、

「俺も、そうめんくらいのほうがいいように思っていたところなんだ」

 と答えるほど妻に頭が上がりません。そんな兜が超一流の殺し屋という設定に物語の面白さがあります。

 なぜ、最強の殺し屋が家族思いになったのか?

 ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、妻の一言で人生が大きく変わったからです。

 生まれながらにして悪の道を歩み続け、生きる意味を見失い、過ぎていくだけの日々を過ごしていた兜に、街角でチラシを配っていた妻の一言が響いたんですよね。

 この事実を知ったとき、私は涙が止まりませんでした。兜は「幸せに生きてこれなかった人生を取り戻すために」、どれだけ自分を犠牲にしても妻と子どもを守る決意をしていたからです。

 だからこそ、妻のどんな要求にも最優先で対応していたのです。息子の進路相談と殺しの依頼が重なったときも、妻の機嫌が悪くなる前に殺しを終えるように必死になります。なぜか美人教師との関係を疑われてしまいますが。

 もちろん、妻だけでなく息子を思う気持ちも負けていません。

 死んだ後も家族の幸せを守り抜く

 妻も息子も兜が殺し屋だとは知らなかったので、兜はもしものときを考えて、いろいろ準備していました。死んでからも家族を守ろうとしていたんですよね。

 実際、そのおかげで兜の息子は救われました。これこそが家族を想う気持ち。ぜひ実際に読んで、兜の真っ直ぐな気持ちに涙してください。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』。兜の家族思いの行動に泣いたり、笑ったりできる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 ※他の殺し屋シリーズもおすすめです。

 関連記事

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人間の末路を描いた物語

 何かに依存していませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …