webstation plus

 家族のことを大切に思っていますか。

 私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。

 殺し屋なのにここまで家族思いとは…。それだけで物語に惹きこまれます。

 最強の殺し屋なのに妻に頭が上がらないという設定に惹きこまれる

 伊坂幸太郎さんの殺し屋シリーズも『AX アックス』で三作目。これまでの殺し屋シリーズでは怒りが湧いてくる理不尽な物語が語られてきましたが、『AX アックス』は違います。

 最強の殺し屋なのに妻に頭が上がらないという面白さが物語の至るところに散りばめられているんですよね。

 たとえば、主人公の兜は夜食にカップラーメンを食べるなんてありえないと言います。なぜなら、

「包装しているビニールを破る音、蓋を開ける音、お湯を入れる音、深夜に食べるにはあまりにもうるさい」

 その音に気づかれて妻が起きてしまったら、「うるさくて、まるで眠れなかった」と指摘され、息苦しくなるので…。夜食はソーセージだけです。

 他にも、「今日の夕食、トンカツでいい?」と聞かれてトンカツを食べるつもりになっていても、「夕食、トンカツじゃなくてもう少しあっさりしたものでいいかな。そうめんとか」と聞かれると、

「俺も、そうめんくらいのほうがいいように思っていたところなんだ」

 と答えるほど妻に頭が上がりません。そんな兜が超一流の殺し屋という設定に物語の面白さがあります。

 なぜ、最強の殺し屋が家族思いになったのか?

 ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、妻の一言で人生が大きく変わったからです。

 生まれながらにして悪の道を歩み続け、生きる意味を見失い、過ぎていくだけの日々を過ごしていた兜に、街角でチラシを配っていた妻の一言が響いたんですよね。

 この事実を知ったとき、私は涙が止まりませんでした。兜は「幸せに生きてこれなかった人生を取り戻すために」、どれだけ自分を犠牲にしても妻と子どもを守る決意をしていたからです。

 だからこそ、妻のどんな要求にも最優先で対応していたのです。息子の進路相談と殺しの依頼が重なったときも、妻の機嫌が悪くなる前に殺しを終えるように必死になります。なぜか美人教師との関係を疑われてしまいますが。

 もちろん、妻だけでなく息子を思う気持ちも負けていません。

 死んだ後も家族の幸せを守り抜く

 妻も息子も兜が殺し屋だとは知らなかったので、兜はもしものときを考えて、いろいろ準備していました。死んでからも家族を守ろうとしていたんですよね。

 実際、そのおかげで兜の息子は救われました。これこそが家族を想う気持ち。ぜひ実際に読んで、兜の真っ直ぐな気持ちに涙してください。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』。兜の家族思いの行動に泣いたり、笑ったりできる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 ※他の殺し屋シリーズもおすすめです。

 関連記事

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

理不尽な目にあっても救いがあるかもと思える小説/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …