webstation plus

 家族のことを大切に思っていますか。

 私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動していたからです。

 殺し屋なのに家族のことを何よりも大切に思う主人公に、涙なしでは読めない物語なんですよね。

 最強の殺し屋なのに妻に頭が上がらない主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、「兜」という異名をもつ最強の殺し屋。

 彼は、前作『マリアビートル』にも登場した殺し屋・蜜柑から「業界内で兜と言ったら、一目置かれている。一目どころか二目も」と言われるほどの殺し屋でしたが、妻にはまったく頭が上がりませんでした。

 たとえば、兜は夜食にカップラーメンを食べるなんてありえないと言います。なぜなら、

「包装しているビニールを破る音、蓋を開ける音、お湯を入れる音、深夜に食べるにはあまりにもうるさい」

 その音に気づかれて妻が起きてしまったら、「うるさくて、まるで眠れなかった」と指摘され、息苦しくなるからだと言います。そのため、夜食はソーセージだけです。

 他にも、「今日の夕食、トンカツでいい?」と聞かれてトンカツを食べるつもりになっていても、「夕食、トンカツじゃなくてもう少しあっさりしたものでいいかな。そうめんとか」と聞かれると、

「俺も、そうめんくらいのほうがいいように思っていたところなんだ」

 と答えるほど妻に頭が上がりませんでした。ではなぜ、それほどまでに妻に頭があがらなくなったかと言うと…。

 最強の殺し屋が家族思いになった理由とは?

 ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、妻の一言で人生が大きく変わったからです。

 生まれながらにして悪の道を歩み続け、生きる意味を見失い、過ぎていくだけの日々を過ごしていた兜に、街角でチラシを配っていた妻の一言が響いたんですよね。

 この事実を知ったとき、私は涙が止まりませんでした。兜は「幸せに生きてこれなかった人生を取り戻すために」、どれだけ自分を犠牲にしても妻と子どもを守る決意をしていたのです。

 だからこそ、妻のどんな要求にも最優先で対応していたんですよね。

 実際、息子の進路相談と殺しの依頼が重なったときも、妻の機嫌が悪くなる前に殺しを終えるように必死になって行動しました。なぜか妻に美人教師との関係を疑われてしまいましたが…。

 もちろん、妻だけでなく息子を思う気持ちも負けていません。

 何があっても家族の幸せを守り抜こうとする兜

 兜は殺し屋という裏の顔を妻や息子に隠していたので、もしものときを考えて、綿密な準備をしていました。

 たとえ自分が殺されたとしても、妻や子供たちが生き延びられるように驚くような準備をしていたんですよね。そんな彼の姿をみていると、これこそが家族を思う気持ちなんだと衝撃を受けました。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』は、家族思いの兜の言動に泣いたり、笑ったりできる物語です。

 もちろん、サスペンスとしても、最後に驚きが待っている物語としても、殺し屋シリーズの続編としても楽しめる小説なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

東野圭吾『真夏の方程式』感想/たとえ解決できなくても人生をかけて悩むことに価値がある!?

 解決できない問題で悩むのは時間のムダだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』を読んで考えが変わりました。  たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み …

伊坂幸太郎『モダンタイムス』は大きな流れには逆らえなくても小さな幸せは守りたいと思える物語

 権力を握っている人に媚びを売って生きていませんか?  私は両親から「いつまでも反抗期だねぇ」と言われるほど、権力に媚びを売らずに生きてきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『モダンタイムス』を読んで、その生き方で良かったかな …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

塩田武士『騙し絵の牙』は情熱と信念、そして野望を持たない人間に望ましい未来は訪れないことがわかる物語

 情熱と信念、そして野望を持って生きていますか?  私はあまり表には出しませんが、それらを持って毎日を過ごしているつもりです。しかし…。  塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』を読んで、それらを持たない人間に望ましい未来は訪 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』は父親の役割について考えさせられる物語

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当然として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったり…と、子どもと共に行動する日々が続きます。  しかし、ときどき、これで本 …

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』は今すぐ誰かに恋したくなる物語

 恋していますか?  私は結婚して子供がいるので、毎日のように妻や子供たちに恋していますが、伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』を読んで、恋っていいなぁ…と素直に思えました。  気がつけば好きな人のことを …