webstation plus

 家族のことを大切に思っていますか。

 私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。

 殺し屋なのにここまで家族思いとは…。それだけで物語に惹きこまれます。

 最強の殺し屋なのに妻に頭が上がらないという設定に惹きこまれる

 伊坂幸太郎さんの殺し屋シリーズも『AX アックス』で三作目。これまでの殺し屋シリーズでは怒りが湧いてくる理不尽な物語が語られてきましたが、『AX アックス』は違います。

 最強の殺し屋なのに妻に頭が上がらないという面白さが物語の至るところに散りばめられているんですよね。

 たとえば、主人公の兜は夜食にカップラーメンを食べるなんてありえないと言います。なぜなら、

「包装しているビニールを破る音、蓋を開ける音、お湯を入れる音、深夜に食べるにはあまりにもうるさい」

 その音に気づかれて妻が起きてしまったら、「うるさくて、まるで眠れなかった」と指摘され、息苦しくなるので…。夜食はソーセージだけです。

 他にも、「今日の夕食、トンカツでいい?」と聞かれてトンカツを食べるつもりになっていても、「夕食、トンカツじゃなくてもう少しあっさりしたものでいいかな。そうめんとか」と聞かれると、

「俺も、そうめんくらいのほうがいいように思っていたところなんだ」

 と答えるほど妻に頭が上がりません。そんな兜が超一流の殺し屋という設定に物語の面白さがあります。

 なぜ、最強の殺し屋が家族思いになったのか?

 ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、妻の一言で人生が大きく変わったからです。

 生まれながらにして悪の道を歩み続け、生きる意味を見失い、過ぎていくだけの日々を過ごしていた兜に、街角でチラシを配っていた妻の一言が響いたんですよね。

 この事実を知ったとき、私は涙が止まりませんでした。兜は「幸せに生きてこれなかった人生を取り戻すために」、どれだけ自分を犠牲にしても妻と子どもを守る決意をしていたからです。

 だからこそ、妻のどんな要求にも最優先で対応していたのです。息子の進路相談と殺しの依頼が重なったときも、妻の機嫌が悪くなる前に殺しを終えるように必死になります。なぜか美人教師との関係を疑われてしまいますが。

 もちろん、妻だけでなく息子を思う気持ちも負けていません。

 死んだ後も家族の幸せを守り抜く

 妻も息子も兜が殺し屋だとは知らなかったので、兜はもしものときを考えて、いろいろ準備していました。死んでからも家族を守ろうとしていたんですよね。

 実際、そのおかげで兜の息子は救われました。これこそが家族を想う気持ち。ぜひ実際に読んで、兜の真っ直ぐな気持ちに涙してください。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』。兜の家族思いの行動に泣いたり、笑ったりできる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 ※他の殺し屋シリーズもおすすめです。

 関連記事

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …