webstation plus

 常識を疑って生きていますか?

 あまり物事を考えずに日々を過ごしていると、今、常識としていることをすべて受け入れるしかありませんが、常識はずれな物語を読めば、自分の思考を変えるキッカケになります。

 今回紹介する伊坂幸太郎さんの小説『オーデュボンの祈り』もその一つ。喋る案山子(カカシ)が登場するなど、不可思議な伊坂ワールドにハマる物語です。

 解きたくなる謎が次々と提示される物語

 物語の主人公はコンビニ強盗をした伊藤。彼はすぐに警察官に捕まりましたが、その警察官がヤバイ人物だったので、パトカーから飛び出すように逃げ出しました。

 そして、気づいたときには、見知らぬ島にたどり着いていました。その島は「荻島」と呼ばれる島で、江戸時代から鎖国をしており、現代の日本とは異なる文化を築いています。

 なかでも、特に伊藤が驚いたのが「未来を予測できて喋るカカシ」がいることでした。しかも、島民はそれを当たり前のこととして受け入れています。

 ところが、その案山子が何者かによって殺されてしまうんですよね。

 未来が予測できるなら、それを防ぐこともできたはずなのに、なぜ案山子は何も手を打たずに殺されてしまったのか…。この謎が気になって仕方ありません。

 他にも、なぜこの案山子は喋れるようになったのか、島民たちが口にする「この島には、大切なものが最初から欠けている」とは一体何のことなのか、など気になる謎が次々と提示されます。

 この謎の答えは…。

 問題があることは、それほど悪いことではない

 実際に本書を読んでいただくとして、この物語に登場する人物の多くが何らかの問題を抱えています。

 主人公の伊藤は、特にこれといった理由がなくコンビニ強盗をしており、彼が島についてすぐに仲良くなった日比野は、他人の気持ちを理解する力がなく、余計なことばかり話しています。

 画家の園山は妻が殺されてから嘘しか言わなくなり、美人姉妹の佳代子と希世子は他人を見下し、足が悪くなった田中はその苦労のせいで老けて見えました。

 他にも、市場で売り子をしているウサギは太り過ぎて一歩も動けなくなり、美青年の桜はうるさい人間がいれば構わず銃で撃ち殺すんですよね。

 そんな一癖も二癖もある彼らの姿を見ていると、問題を抱えていることが、それほど悪くないことのように思えてきます。さらに…。

 心の底からムカつく人間が物語を盛り上げる

 伊藤を捕まえた警察官の城山が物語を盛り上げます。彼はカップルが歩いているとわざと片方にぶつかって、もう片方が車に轢かれるのを見るのが楽しみで仕方ありませんでした。

 「私は大好きな人をなぜ殺してしまったのだろう…」と後悔する姿を見るのが楽しくて仕方ない極悪人なんですよね。

 そんな城山が次に目をつけたのが、伊藤の元彼女。城山は警察官という立場を利用して浮浪者に彼女を襲わせようとします。

 …と、ほんと心の底からムカつく奴ですが、城山がいるからこそ物語が盛り上がるのも事実です。

 現実でも、ムカつく人間は大勢いますが、疎ましくて仕方がない彼らの存在が、私たちの人生を盛り上げてくれるのかもしれませんね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』。読めば、常識はずれのことばかり起こる物語にハマるだけでなく、少しは想像力や思考力が鍛えられるかもしれません。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …