webstation plus

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。

 現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えてくる不思議な物語。伊坂ワールドにハマります。

 解きたくなる謎が次々と提示される

 この物語最大の謎は、未来予測ができるカカシがなぜ殺されたのか。

 未来が予測できるなら、それを防ぐこともできたはずなのに、なぜカカシは一言も話さずに殺されたのか…すごく気になりますよね。

 『オーデュボンの祈り』では、このような謎が次々と提示され、解き明かされていきます。

 たとえば、なぜ美少女の若葉はいつも轟の家の前で寝転んでいるのか、なぜ画家の園山は嘘しか言わなくなったのか、なぜカカシは話せるようになったのか、など気になる謎が盛りだくさん。

 しかも、その答えがどれも納得できるものばかりなので、想像力や思考力が鍛えらるんですよね。

 それだけでなく…。

 問題があることは、それほど悪いことじゃない

 登場人物の多くが何らかの問題を抱えています。

 たとえば、主人公の伊藤とすぐに仲良くなった日比野は、他人の気持ちを理解する力がなく、余計なことばかり話しています。

 画家の園山は妻が殺されてから嘘しか言わなくなり、美人姉妹の佳代子と希世子は他人を見下し、足が悪い田中はその苦労のせいで老けて見えました。

 市場で売り子をしているウサギは太り過ぎて一歩も動けなくなり、美青年の桜はうるさい人間がいれば構わず発砲します。

 そんな一癖も二癖もある彼らの姿を見ていると、問題を抱えていることが、それほど悪くないことのように思えてくるんですよね。

 自分の悩みがちっぽけに思えるほど彼らの魅力にハマります。

 心の底からムカつく人間が物語を盛り上げる

 それは警察官の城山のこと。彼はカップルが歩いているとわざと片方にぶつかって、もう片方が車に轢かれるのを楽しむような人間でした。

 「私は大好きな人をなぜ殺してしまったのだろう…」と後悔する姿を見るのが楽しくて仕方がない極悪人です。

 そんな城山が次に目をつけたのが、伊藤の元彼女。城山は警察官という立場を利用して浮浪者に彼女を襲わせようとします。

 …と、ほんと心の底からムカつく奴ですが、彼がいるからこそ物語が盛り上がるんですよね。

 現実にもムカつく人は大勢いますが、疎ましくて仕方がない彼らの存在が私たちの人生を盛り上げてくれるのかもしれません。

 ◆

 伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』。読めば、常識だと思い込んでいることを見直したくなる小説です。それだけでなく、少しは想像力や思考力が鍛えられるかもしれませんよ。

 関連記事

リスクを取れば一発逆転できるかも/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』感想

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

革命は一人ひとりの自覚から始まる/有川浩『図書館革命』感想

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …