webstation plus

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。

 現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えてくる不思議な物語。伊坂ワールドにハマります。

 解きたくなる謎が次々と提示される

 この物語最大の謎は、未来予測ができるカカシがなぜ殺されたのか。

 未来が予測できるなら、それを防ぐこともできたはずなのに、なぜカカシは一言も話さずに殺されたのか…すごく気になりますよね。

 『オーデュボンの祈り』では、このような謎が次々と提示され、解き明かされていきます。

 たとえば、なぜ美少女の若葉はいつも轟の家の前で寝転んでいるのか、なぜ画家の園山は嘘しか言わなくなったのか、なぜカカシは話せるようになったのか、など気になる謎が盛りだくさん。

 しかも、その答えがどれも納得できるものばかりなので、想像力や思考力が鍛えらるんですよね。

 それだけでなく…。

 問題があることは、それほど悪いことじゃない

 登場人物の多くが何らかの問題を抱えています。

 たとえば、主人公の伊藤とすぐに仲良くなった日比野は、他人の気持ちを理解する力がなく、余計なことばかり話しています。

 画家の園山は妻が殺されてから嘘しか言わなくなり、美人姉妹の佳代子と希世子は他人を見下し、足が悪い田中はその苦労のせいで老けて見えました。

 市場で売り子をしているウサギは太り過ぎて一歩も動けなくなり、美青年の桜はうるさい人間がいれば構わず発砲します。

 そんな一癖も二癖もある彼らの姿を見ていると、問題を抱えていることが、それほど悪くないことのように思えてくるんですよね。

 自分の悩みがちっぽけに思えるほど彼らの魅力にハマります。

 心の底からムカつく人間が物語を盛り上げる

 それは警察官の城山のこと。彼はカップルが歩いているとわざと片方にぶつかって、もう片方が車に轢かれるのを楽しむような人間でした。

 「私は大好きな人をなぜ殺してしまったのだろう…」と後悔する姿を見るのが楽しくて仕方がない極悪人です。

 そんな城山が次に目をつけたのが、伊藤の元彼女。城山は警察官という立場を利用して浮浪者に彼女を襲わせようとします。

 …と、ほんと心の底からムカつく奴ですが、彼がいるからこそ物語が盛り上がるんですよね。

 現実にもムカつく人は大勢いますが、疎ましくて仕方がない彼らの存在が私たちの人生を盛り上げてくれるのかもしれません。

 ◆

 伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』。読めば、常識だと思い込んでいることを見直したくなる小説です。それだけでなく、少しは想像力や思考力が鍛えられるかもしれませんよ。

 関連記事

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …