webstation plus

 常識を疑って生きていますか?

 私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。

 そんなときは、常識はずれな物語を読んで視点を変えてみるのもひとつの方法です。伊坂幸太郎さんの小説『オーデュボンの祈り』を読んでみてはどうでしょうか。

 未来予測ができる案山子が殺される!?

 では、あらすじから。

 物語の主人公はコンビニ強盗をした伊藤。彼はすぐに警察に捕まりましたが、捕まった警察官がヤバイ人物だったので、パトカーから飛び出すように逃げ出しました。

 そして、気がついたときには、見知らぬ島にたどり着いていました。その島は「荻島」と呼ばれる島で、江戸時代から鎖国をしており、現代の日本とは異なる文化を築いていました。

 なかでも、特に伊藤が驚いたのが「未来を予測できて喋るカカシ」がいたことです。しかも、島民はそれを当たり前のこととして受け入れています。

 ところが、その案山子が何者かによって殺されてしまうんですよね。

 未来が予測できるなら、それを防ぐこともできたはずなのに、なぜ案山子は何も手を打たずに殺されてしまったのか…。

 そもそも、なぜこの案山子は喋れるようになったのか、島民たちが口にする「この島には、大切なものが最初から欠けている」とは一体何のか、など気になる謎が次々と提示されます。

 これら謎の答えは…。

 問題があることは、それほど悪いことではないと思える物語

 実際に本書を読んでいただくとして、伊坂幸太郎さんの小説『オーデュボンの祈り』に登場する人たちは何らかの問題を抱えていました。

 主人公の伊藤は、特にこれといった理由もないのにコンビニに強盗に入り、彼が島についてすぐに仲良くなった日比野は、他人の気持ちを理解する力がなく、余計なことばかり話しています。

 画家の園山は妻が殺されてから嘘しか言わなくなり、美人姉妹の佳代子と希世子は他人を見下し、足が悪くなった田中はその苦労のせいで老けて見えました。

 他にも、市場で売り子をしているウサギは太り過ぎて一歩も動けなくなり、美青年の桜はうるさい人間がいれば構わず銃で撃ち殺すんですよね。

 そんな一癖も二癖もある彼らの姿を見ていると、問題を抱えていることが、それほど悪くないことのように思えてきます。

 さらに…。

 心の底からムカつく人間が物語を盛り上げる

 伊藤を捕まえた警察官の城山が物語を盛り上げます。彼はカップルが歩いているとわざと片方にぶつかって、もう片方が車に轢かれるのを見るのが楽しみで仕方がないような人間でした。

 「私は大好きな人をなぜ殺してしまったのだろう…」と彼らが後悔する姿を見るのが楽しくて仕方がない極悪人なんですよね。

 そんな城山が次に目をつけたのが、伊藤の元彼女です。城山は警察官という立場を利用して浮浪者に彼女を襲わせようとします。

 …と、ほんと心の底からムカつく奴ですが、城山がいるからこそ物語が盛り上がるのも事実です。

 現実でも、ムカつく人間は大勢いますが、疎ましくて仕方がない彼らの存在が、私たちの人生を盛り上げてくれるのかもしれませんね。

 ◆

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『オーデュボンの祈り』は、常識はずれな登場人物たちと常識はずれな出来事ばかり起こる物語なので、少しは凝り固まった考えをほぐすことができるかもしれません。

 もちろん、サスペンスとしても、最後に驚きが待っている物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 身内と上手くいってますか?  私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。  三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子 …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

東野圭吾『ガリレオの苦悩』は他人頼みではなく自分から動き出そうと思える物語

 仕事でもプライベートでも趣味でも、何かアクションを起こすのは他人に促されてからになっていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』を読んで、できるだけ自分から動き出 …