webstation plus

tea_01

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。

 ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美しさがあると考えられていた。音楽や絵画などを含めた芸術のなかで、最も優れていたのが茶道であり、その頂点に立っていたのが千利休である。

 では、なぜ利休は茶道の頂点に立つことができたのか。それは、若い頃に愛し、そして殺してしまった高麗の女性に、「もう一度、茶を振舞いたい」という想いを持ち続けていたからだ。「最高の茶を飲ませたい」「もてなしてやりたい」という叶わぬ夢を実現するために、一心腐乱に茶の湯に取り組んできたからである。

 あの豊臣秀吉も、茶の湯を評価していた。しかし、その評価は利休とは違い、「人を手管につかうための手段」としての評価だった。

 たとえば、五人の部下がいたとする。五人のなかの二人だけ、狭い茶室に召して馳走し、上杉家伝来の名宝などを見せたとする。すると、召された二人はどんな気持ちになるか、召されなかった三人はなんと思うか。きっと、召された二人は誉れに感じ、召されなかった三人は嫉妬することになるだろう。すなわち、茶の湯とは、人の心を狂わせる魔性の遊芸であり、人たらしの秀吉にとっては「どうしても身につけておきたい芸術」だったのである。

 だから秀吉は、茶の湯の頂点に立つ利休に嫉妬していた。これが二つ目の謎「なぜ、利休は切腹を命じられたのか。そしてなぜ利休は、多くのとりなしを振り切り、打開策を取らずにあえて秀吉と対立し、切腹したのか?」につながっていく。

 秀吉は利休に切腹を命じた。その理由は二つ。大徳寺山門に安置された利休の木像が不敬であること。そして、茶道具を法外な高値で売り、売僧となりはてたことであった。しかし、木像は山門重層部寄進の礼として大徳寺側が置いたものであるし、茶道具のことなど言いがかりもはなはだしい。つまり、理由などどうでも良く、秀吉は利休に頭を下げることを求めたのである。

 しかし、利休は頭を下げなかった。「天下をうごかしているのは、武力と銭金だけではない。美しいものにも、力がある。美の深淵を見せつけ、あの高慢な男の鼻をへし折ってやりたい」――そういう対抗意識があったからだ。だから、多くのとりなしを振り切り、打開策も取らずにあえて切腹したのである。

 最後に、三つ目の謎。それは、本書『利休にたずねよ』というタイトルに込められた真意である。作家の宮部みゆきさんは、文庫本の解説で、「作者は利休に、何を『たずねよ』と呼びかけているのか。一人ひとりの読者によって、この<解>は異なるかもしれません。これこそが小説の醍醐味です」といわれている。

 そして、「利休さん、あなたがもっとも深く愛した女性は、やっぱり宗恩ですね」と続ける。「高麗の女性ではなく、奥さんである宗恩を最も愛したんですよね」と尋ねることが宮部さんの解だというのだ。

 ちなみに、私の見解は宮部さんのものとは違う。秀吉が悔し紛れに発した言葉、それこそが「利休にたずねよ」だと考えている。

 秀吉は利休が切腹したことを悔やんでいた。美をあやつることで利休に適わなかった秀吉は、利休が切腹したことで永遠に適わなくなってしまったからだ。そうして、美の頂点を手に入れた秀吉は、ある日部下から「どうすれば美の頂点が極められるのでしょうか」と尋ねられる。そこで悔し紛れに放った言葉が――「利休にたずねよ」ではないか。そう考えている。

 もちろん、これはひとつの仮説にすぎない。他にもいろいろな解が考えられるだろう。あなたも本書を読んで、自分なりの「解」を考えてみてはどうだろうか。

 関連記事

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …