webstation plus

 人との距離感を大切にしていますか?

 私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。

 そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説『姑の遺品整理は、迷惑です』を読んで、お節介な性格もアリかなと思えるようになりました。なぜなら…。

 姑の遺品整理を押し付けられたオバさんが主人公

 物語の主人公は50歳を過ぎた望登子。彼女は夫の母親、つまり姑が亡くなったので、遺品整理をするために、姑が住んでいたアパートに行きました。

 ところが、3DKの広さしかないのに想像以上に多くの荷物があるんですよね。

 布団や鍋、傘などが複数あるのはもちろんのこと、先に亡くなった舅のスーツだけでも9袋のゴミ袋が満杯になるほどあります。

 とはいえ、業者にお願いすると100万円近い費用がかかります。

 そこで望登子は、エレベーターのない4階の部屋から荷物を運び出そうとしますが、すぐに嫌になりました。

 どれだけ捨てても、まったく減った気がしないからです。

 亡くなった姑に向かって「遺品整理っていうのはね、想像しているのよりずっと重労働なんだからね!」と愚痴ってしまうほど、気が滅入りました。

 そこで、望登子は夫に手伝わそうとしますが…。

 助けになったのは夫よりも近所の人たち

 夫は役に立たないばかりか、片付けの邪魔になりました。

 なぜなら、どれも思い出の品だから捨てたくないと言い出したからです。

 これまで見向きもしなかった人形ケースやタンス、アルバムなどをすべて家に持って帰ると言うんですよね。

 そんな片付けの邪魔になる夫よりも助けになったのは、姑のご近所に住む人たちでした。

 望登子は、これまで人に頼ったことがあまりありませんでした。隣に誰が住んでいるかわからないような暮らしがあっていると思っていました。

 ものを頼めるのは身内だけだし、たとえ身内でも相手の都合や気持ちを考えて、親しき仲にも礼儀ありとするのが正しいとしてきました。

 しかし、近所の人たちは、掛け値無しの親切心で助けてくれます。その理由は…。

 遺品整理を通して姑との思い出が変わる

 姑がご近所さんを助けてきたからでした。色々とお節介を焼いてきたんですよね。

 望登子は、そんなお節介な姑が大嫌いだったのですが、遺品整理を通して姑を愛おしく思うようになります。

 つまり、人との距離感がどうであれ、相手のことを想う気持ちがあれば、巡りめぐってその想いは通じるんですよね。

 お節介で嫌われても、自分らしく相手のことを想っていこうと思える物語でした。

 ◆

 垣谷美雨さんの小説『姑の遺品整理は、迷惑です』。遺品整理の大変さがわかるだけでなく、自分らしく人と付き合っていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気をもって生きていますか?  私はできるだけ勇気を出そうとしていますが、勉強や仕事、家事・育児など、やるべきことの多さに逃げ出したくなることがあります。  しかし、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んで、目の前のやる …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

小川糸『つるかめ助産院』感想/愛とは一番の悲しみを伝えられること

 誰かを愛していますか?  私は結婚して子供がいるので、毎日妻や子供たちを愛していますが、小川糸さんの小説『つるかめ助産院』を読んで、結婚しても相手を愛せない人がいることに気づきました。  本当にその人のことを愛していれ …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …