webstation plus

 人との距離感を大切にしていますか?

 私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。

 そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説『姑の遺品整理は、迷惑です』を読んで、お節介な性格もアリかなと思えるようになりました。なぜなら…。

 姑の遺品整理を押し付けられたオバさんが主人公

 物語の主人公は50歳を過ぎた望登子。彼女は夫の母親、つまり姑が亡くなったので、遺品整理をするために、姑が住んでいたアパートに行きました。

 ところが、3DKの広さしかないのに想像以上に多くの荷物があるんですよね。

 布団や鍋、傘などが複数あるのはもちろんのこと、先に亡くなった舅のスーツだけでも9袋のゴミ袋が満杯になるほどあります。

 とはいえ、業者にお願いすると100万円近い費用がかかります。

 そこで望登子は、エレベーターのない4階の部屋から荷物を運び出そうとしますが、すぐに嫌になりました。

 どれだけ捨てても、まったく減った気がしないからです。

 亡くなった姑に向かって「遺品整理っていうのはね、想像しているのよりずっと重労働なんだからね!」と愚痴ってしまうほど、気が滅入りました。

 そこで、望登子は夫に手伝わそうとしますが…。

 助けになったのは夫よりも近所の人たち

 夫は役に立たないばかりか、片付けの邪魔になりました。

 なぜなら、どれも思い出の品だから捨てたくないと言い出したからです。

 これまで見向きもしなかった人形ケースやタンス、アルバムなどをすべて家に持って帰ると言うんですよね。

 そんな片付けの邪魔になる夫よりも助けになったのは、姑のご近所に住む人たちでした。

 望登子は、これまで人に頼ったことがあまりありませんでした。隣に誰が住んでいるかわからないような暮らしがあっていると思っていました。

 ものを頼めるのは身内だけだし、たとえ身内でも相手の都合や気持ちを考えて、親しき仲にも礼儀ありとするのが正しいとしてきました。

 しかし、近所の人たちは、掛け値無しの親切心で助けてくれます。その理由は…。

 遺品整理を通して姑との思い出が変わる

 姑がご近所さんを助けてきたからでした。色々とお節介を焼いてきたんですよね。

 望登子は、そんなお節介な姑が大嫌いだったのですが、遺品整理を通して姑を愛おしく思うようになります。

 つまり、人との距離感がどうであれ、相手のことを想う気持ちがあれば、巡りめぐってその想いは通じるんですよね。

 お節介で嫌われても、自分らしく相手のことを想っていこうと思える物語でした。

 ◆

 垣谷美雨さんの小説『姑の遺品整理は、迷惑です』。遺品整理の大変さがわかるだけでなく、自分らしく人と付き合っていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …