webstation plus

 友達との距離感を大切にしていますか?

 私はどちらかというとお節介焼きですが、友達とは適度な距離感を取るようにしています。しかし、米澤穂信さんの小説『ふたりの距離の概算』に出てくる、ある人物は違いました。

 友達と適度な距離感を取らないと、悲しい結末が待っていることに気づける物語なんですよね。

 古典部に新入部員が誕生!?

 では、あらすじから。

 物語は『古典部シリーズ』でお馴染みのメンバーが二年生に進学したところから始まります。

 しかも、大日向友子という女生徒が古典部に仮入部してきたのですが…。なぜか彼女は入部届けを出しませんでした。

 千反田えるのことを「仏様みたいな人ですね」と言って、入部しないと続けたのです。

 この話を聞いた奉太郎は、大日向が入部しないのは本人の自由だけれど、えるに対して生じた誤解は解こうと考えます。

 そこで奉太郎は、その翌日に開催されたマラソン大会で走りながらこの謎を解き明かすことにしました。

 まず彼がはじめにしたことは…。

 過去を振り返ることで人間性が見えて来ることもある

 大日向が仮入部してから、入部しないと言い出すまでの彼女との記憶を思い出すことです。

 大日向は、新入生勧誘のときに奉太郎とえるが楽しそうに会話していたのを聞いて入部したいと言ってきました。

 奉太郎たちは、どれだけ待っても誰も新入生が来てくれないので、真正面で新入生を勧誘していた製菓研究会について会話していたんですよね。

 製菓研究会は古典部に比べて広いスペースが与えられていたのですが、それはなぜか?と推理していたのです。

 製菓研究会では大きなカボチャが机の上に乗せられていましたが、スペースの必要性は感じられませんでした。コンロもありましたが、使っている形跡もありません。

 そこで奉太郎が推理したのは…。というような会話を大日向が聞きつけて古典部に仮入部してきたのです。

 それからの大日向は古典部メンバーとして楽しそうに過ごしていました。

 古典部メンバー全員で奉太郎の誕生祝いをしたり、大日向の叔父さんがオープンする予定の喫茶店に訪れたりと楽しい時間を過ごしていたのですが…。

 なぜか大日向はえると過ごした10分間で入部しないことに決めるんですよね。その理由は…。

 友達との距離感を考えたくなる物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、米澤穂信さんの小説『ふたりの距離の概算』は、友達との距離感の大切さに気づかせてくれる物語です。

 特に、奉太郎と里志が親友でいられたのは、お互いを干渉せずに、尊重しあっているからだとわかる物語でした。

 もちろん、『ふたりの距離の概算』は、青春ミステリーとしても、古典部シリーズの続編としても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

瀬尾まいこ『幸福な食卓』は家族とは困ったときに甘えられる関係だとわかる物語

 困ったときに家族に甘えられますか?  私は妻や子供たちが困ったときに相談したり、不満をぶつけられるように振る舞っているつもりですが…。  瀬尾まいこさんの小説『幸福な食卓』を読んで、困ったときに甘えられる関係こそが家族 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている!?

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くのは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは、もったいないように思います。  瀬尾まいこさんの小説『傑作は …

伊坂幸太郎『死神の浮力』はサイコパスに立ち向かうのは難しいことだとわかる物語

 サイコパスをご存じですか。100人に1人は存在する良心や罪悪感をもたない自己中心的な人たちで、簡単に人を騙したり、攻撃したり、ひどい場合だと殺人を犯したりします。  そんなサイコパスは現実社会では犯罪者として逮捕される …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想/嫁姑問題を解消するには自分をさらけ出して向き合うしかない!?

 嫁姑問題って大変ですよね。  私も結婚してしばらくは毎日泣きそうになりながら嫁姑問題と向き合っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』を読んで、それらの日々が懐かしく思い出されました。  どれだけ努力を …

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

伊坂幸太郎『残り全部バケーション』は結果よりもプロセスを大切にしたくなる物語

 結果ばかり追い求めていませんか?  私は結果ばかり追い求めていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』を読んで、結果だけでなくプロセスも大切にしたくなりました。  「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わ …

伊坂幸太郎『ホワイトラビット』はワクワクと驚きがとまらなくなる物語

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。  想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなく …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …