webstation plus

(※『アオアシ 1』表紙より)


 ビッグコミックスピリッツで連載中のサッカー漫画『アオアシ』。中学生の主人公が愛媛から東京に出てきてプロサッカー選手を目指す物語です。

 読めば、プロサッカー選手として活躍できる条件の厳しさに驚き、気合いが入ること間違いなし!?

 今回は『アオアシ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『アオアシ』のあらすじ

 愛媛県の弱小サッカー部に所属していた青井葦人(あおい あしと)は、飛び抜けて上手いプレーができる選手ではありませんでしたが、フィールドを俯瞰する能力とサッカーに対する情熱を買われて「東京シティ・エスペリオンFC」ユースチームのセレクション(入団試験)を受けるチャンスを得ます。

 期待に胸を膨らませて東京に出てきた葦人でしたが、ユースチームの監督・福田達也は彼に思いもよらぬ言葉を投げかけました。

「合格者はほとんど出ない」

 欲しい人材は、ジュニアユースからの昇格者とスカウトで確保済み。セレクション会場に集まったのは、獲りたいと思わなかった選手だと言うのです。

 それでも葦人は応援してくれる家族や友人の顔を思い出し、最大限の力を発揮して、セレクションに合格します。

 ところが、入団直後の紅白試合で早くもチームのお荷物扱いに。ここから葦人の挑戦が始まります。

 『アオアシ』のおすすめポイント

1. プロになるには生まれもった才能が必要だとわかる

 福田監督が葦人をユースチームのセレクションに誘ったのは、葦人がフィールド全体を俯瞰する能力を持っていたからでした。

 この能力は生まれつきのもので、早くユースチームに入ったからといって身につくものではありません。だからこそ、サッカー選手として基礎ができていない葦人を誘ったのです。

 しかし、葦人は自分がそんな能力を持っていることを自覚していませんでした。それだけでなく、FW(フォワード)としての能力を買われて誘われたと勘違いしています。

 そんな葦人に福田監督は厳しい現実を突きつけます。FWからSB(サイドバック)に転向しろと言うのです。もし、転向しなければプロとしては活躍できないと…。FWにこだわりを持っていた葦人の決断は!?

 プロとして活躍するには、才能が絶対に必要だとわかる物語です。

2. 才能に甘えず努力する選手たちに感動!?

 もちろん、才能があるからといって努力しなくていい…なんてことはありません。

 他のチームメイトに比べて、基礎ができていない葦人は、チームの練習が終わった後も、ボールを蹴って止めるという基礎練習をひとりで繰り返していました。

 とはいえ、闇雲に練習しても意味はありません。コーチから指示された練習には必ず意味があります。その意味を理解した上で、何度も何度も練習する必要があるんですね。

 才能があって、その才能を伸ばすために必要な練習とはいったい何か?――考え抜いた上で努力しなければ、身につかないからです。

 もちろん、葦人以外の選手も考え抜きながら努力しています。そんな彼らの姿に心打たれる物語です。

3. 何よりも大切なのは自分の考えや行動を言語化できること

 自分の考えや行動を言語化できないようでは、プロとして活躍できないそうです。なぜなら、再現性がないから。

 Jユースの考える力は高校生の平均を圧倒しています。考えて、考えて、考えて…。そうやって言語化できるようになると、考えなくても行動できるようになります。言語化できてはじめて自分のものになるんですね。

 はじめは「そこまで考える必要があるのか?」と疑っていた葦人でしたが、チームメイトや圧倒的なプレーをする栗林の姿を見て、行動を変えていきました。そして――。

 プロとして活躍するには、才能や努力だけでなく、言語化できるまで考え抜く力が必要だとわかる物語です。

 最後に

 ビッグコミックスピリッツで連載中のサッカー漫画『アオアシ』。読めばプロサッカー選手として活躍できる条件の厳しさに驚き、気合いが入ること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『あさひなぐ』は薙刀に青春を捧げる女子高生に胸が熱くなる漫画

(※『あさひなぐ 1』表紙より)  高校生の頃、帰宅部だった私は、家に帰ってからゲーム三昧の毎日を過ごしていました。今から思うと、なんてもったいない生き方をしていたのでしょうか。  そんなダラけきった高校生活を過ごしてい …

なぜ強くなりたい?『リクドウ』はボクシングに存在価値を求める殺人少年を描いた漫画

(※『リクドウ』表紙より)  週間ヤングジャンプで連載中の漫画『リクドウ』。  父親に虐待され、母親と付き合っていた暴力団に殺されかけた主人公のリクが、その暴力団を殺してボクサーになる物語です。  読めば、命がけで自分の …

完璧よりも繰り返しが成長への近道/『All You Need Is Kill』感想

(※『All You Need Is Kill 1』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読み終えました。  読み終えた感想は「想像してい …

『約束のネバーランド』は読み始めたら止まらないサスペンス漫画

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)  週刊少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』。  読み始めてしばらくは「ほんわか」しているので、「本当に面白い漫画なの?」と疑っていましたが、40ページを過ぎたあたりか …

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめ …

『ばくばく!バクチごはん』はギャンブル場の激旨グルメ紹介漫画

(※『ばくばく!バクチごはん(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『ばくばく!バクチごはん』。  競馬・競輪・競艇・オートレースなどの実在するギャンブル場を舞台に、新人アイドルが激旨グルメを食べ …

80歳からでも人生はやり直せる!?と思える漫画『傘寿まり子』

(※『傘寿まり子』表紙より)  「私の人生もう終わった」「これが限界」と思うような出来事ありますよね。  そんなとき、私たちは現状を受け入れて諦めてしまいがちですが、それでも前を向いて生きている人たちがいます。そんな人に …

面白くて泣ける漫画『ONE PIECE』のおすすめエピソードまとめ

 国内の累計発行部数が3億5000万部を突破している漫画『ONE PIECE』。これほど人気で、しかも面白い漫画は他にありません。  今回はそんな『ONE PIECE』からおすすめの泣けるエピソードを厳選して紹介します。 …

『双亡亭壊すべし』は怖い物語が苦手でも読みたくなるホラー漫画

(※『双亡亭壊すべし 1』表紙より)  週刊少年サンデーで連載中の漫画『双亡亭壊すべし』。  子どもの頃に夏の風物詩である怪談話を夢中になって聞いていた記憶が蘇ってくる物語です。怖いものが苦手な人にもおすすめ!?  今回 …

『ワールドトリガー』はバトルだけでなく思想戦も楽しめるSF漫画

(※『ワールドトリガー 1』より)  週刊少年ジャンプに連載中の漫画『ワールドトリガー』。  現在は休載されていますが、バトルだけでなく思想戦も楽しめる漫画です。読めばハマること間違いなし!?  今回は『ワールドトリガー …