webstation plus

(※『アナログ』表紙より)


 ビートたけしさんの小説『アナログ』。

 メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙すること間違いなし!?

 今回は『アナログ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『アナログ』のあらすじ

 デザイン会社で働く水島悟は、友人との待ち合わせまでの時間つぶしにピアノという名の喫茶店に入りました。

 そこで彼は偶然出会ったみゆきに一目惚れ。連絡先を交換しようとしますが、みゆきがそれを望んでおらず、毎週木曜日の夕方にピアノで待ち合わせをすることになりました。

 こうして二人のアナログな関係が始まります。彼らの恋の行方は!?

 『アナログ』のおすすめポイント

1. みゆきがアナログな関係にこだわった理由に納得!?

 みゆきがアナログな関係にこだわったのは、デジタルのある特徴を嫌っていたからでした。

 たとえば、ファッション。みゆきの言葉を引用すると、

前はよくブランドの服やバッグなんかも見て回ったのですが、最近は違うブランドでもみんな同じ方向に向かっている気がしてしまって。これといって気に入る物がなくてあんまり行かなくなりました。
最近は個性的な物がだんだんなくなって、一つ流行ると同じような物が大量に出回るというのが風潮ですね。
みんなと同じ行動を取るのが、安心するみたいですね。古くていい物や使い込むと味が出る物は、少数の人にしか売れないから作らないんですよね。

 つまり、みゆきは個性を埋没させる特徴を嫌っていたのです。

 そこで、彼女は悟との関係もアナログなものにしようとしました。他のカップルと似たような、ありきたりな関係ではなく、自分たちらしい関係を築こうとしたのです。

 そんな彼らの恋の行方は!?

2. 悟の母親への愛情に涙!?

 一方の悟も、みゆきとのアナログな関係を気に入っていました。それは幼い頃の影響によるもの。

 悟の母は彼を育てるために、近所のスーパーの店員をしたり、小さな会社で働いたりと一日中働き詰めでした。

 そこで、悟は母との限られた時間を大切にするため、友だちと遊んでいる途中でも、母の帰宅時間にあわせて帰っていました。まさにアナログな関係。

 しかし、そんな母も今では過度な労働と栄養不足の影響で、骨や内臓が悪くなり、病院で寝たきりの状態。

 もちろん、悟は親孝行したいと思っていましたが、お見舞いくらいしか出来ませんでした。

 そんなときに出会ったのがみゆきです。彼女とのアナログな関係は、母への想いと重なりました。そして、その想いが――。

 悟の深い愛情に涙すること間違いなし!?

3. ビートたけしさんらしい笑いが!?

 とはいえ、ただの泣ける恋愛小説ではありません。ビートたけしさんらしい笑いが随所に散りばめられています。

 ぜひ、実際に読んで、泣いたり笑ったりしてください。

 最後に

 ビートたけしさんの小説『アナログ』。読めば母親への愛情に涙すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

大人を馬鹿にするなよ!?伊坂幸太郎『マリアビートル』は中学生が大人を手玉にとる小説

(※『マリアビートル』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』。  殺し屋シリーズ第二弾の本作は、前作『グラスホッパー』から6年後の世界を描いた物語です。読めば、大人を馬鹿にする中学生に殺意を覚えること間違い …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …