webstation plus

(※『アナログ』表紙より)


 ビートたけしさんの小説『アナログ』。

 メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙すること間違いなし!?

 今回は『アナログ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『アナログ』のあらすじ

 デザイン会社で働く水島悟は、友人との待ち合わせまでの時間つぶしにピアノという名の喫茶店に入りました。

 そこで彼は偶然出会ったみゆきに一目惚れ。連絡先を交換しようとしますが、みゆきがそれを望んでおらず、毎週木曜日の夕方にピアノで待ち合わせをすることになりました。

 こうして二人のアナログな関係が始まります。彼らの恋の行方は!?

 『アナログ』のおすすめポイント

1. みゆきがアナログな関係にこだわった理由に納得!?

 みゆきがアナログな関係にこだわったのは、デジタルのある特徴を嫌っていたからでした。

 たとえば、ファッション。みゆきの言葉を引用すると、

前はよくブランドの服やバッグなんかも見て回ったのですが、最近は違うブランドでもみんな同じ方向に向かっている気がしてしまって。これといって気に入る物がなくてあんまり行かなくなりました。
最近は個性的な物がだんだんなくなって、一つ流行ると同じような物が大量に出回るというのが風潮ですね。
みんなと同じ行動を取るのが、安心するみたいですね。古くていい物や使い込むと味が出る物は、少数の人にしか売れないから作らないんですよね。

 つまり、みゆきは個性を埋没させる特徴を嫌っていたのです。

 そこで、彼女は悟との関係もアナログなものにしようとしました。他のカップルと似たような、ありきたりな関係ではなく、自分たちらしい関係を築こうとしたのです。

 そんな彼らの恋の行方は!?

2. 悟の母親への愛情に涙!?

 一方の悟も、みゆきとのアナログな関係を気に入っていました。それは幼い頃の影響によるもの。

 悟の母は彼を育てるために、近所のスーパーの店員をしたり、小さな会社で働いたりと一日中働き詰めでした。

 そこで、悟は母との限られた時間を大切にするため、友だちと遊んでいる途中でも、母の帰宅時間にあわせて帰っていました。まさにアナログな関係。

 しかし、そんな母も今では過度な労働と栄養不足の影響で、骨や内臓が悪くなり、病院で寝たきりの状態。

 もちろん、悟は親孝行したいと思っていましたが、お見舞いくらいしか出来ませんでした。

 そんなときに出会ったのがみゆきです。彼女とのアナログな関係は、母への想いと重なりました。そして、その想いが――。

 悟の深い愛情に涙すること間違いなし!?

3. ビートたけしさんらしい笑いが!?

 とはいえ、ただの泣ける恋愛小説ではありません。ビートたけしさんらしい笑いが随所に散りばめられています。

 ぜひ、実際に読んで、泣いたり笑ったりしてください。

 最後に

 ビートたけしさんの小説『アナログ』。読めば母親への愛情に涙すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

終わりがあるから面白い!?畠中恵『ちんぷんかん』は少し切ないミステリー小説

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  読めば少し切ない気持ちになること間違い …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

大人を馬鹿にするなよ!?伊坂幸太郎『マリアビートル』は中学生が大人を手玉にとる小説

(※『マリアビートル』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』。  殺し屋シリーズ第二弾の本作は、前作『グラスホッパー』から6年後の世界を描いた物語です。読めば、大人を馬鹿にする中学生に殺意を覚えること間違い …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違 …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …