webstation plus

(※『アナログ』表紙より)


 メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。

 それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちはアナログなものを求めてしまいます。

 たとえば、音楽。昔はレコードで聞いていた曲がCD化され、今ではスマホで聴ける時代になりました。

 ところが、そんな時代にあえてレコードで聴く人たちが増えています。デジタル化でカットされた音域に価値があると考える人たちがいるからです。

 実際、最新の研究では、その音域に含まれる音が私たちの健康に大きな影響を与えていることがわかりました。

 このように、あえてアナログを選択している人たちがいるわけですが、人間関係もアナログの方がいいのでは?と主張している小説があります。それが、ビートたけしさんの小説『アナログ』。

 今回は『アナログ』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、なぜ人間関係もアナログがいいのか考えてみたいと思います。

 『アナログ』のあらすじ

 デザイン会社で働く水島悟は、友人との待ち合わせまでの時間つぶしにピアノという名の喫茶店に入りました。

 彼はそこで偶然出会ったみゆきに一目惚れ。連絡先を交換しようとしますが、みゆきがそれを望んでおらず、毎週木曜日の夕方にピアノで待ち合わせをすることになりました。

 こうして二人のアナログな関係が始まります。彼らの恋の行方は!?

 『アナログ』のおすすめポイント

1. みゆきがアナログな関係にこだわった理由に納得

 みゆきがアナログな関係にこだわったのは、デジタルのある特徴を嫌っていたからでした。

 たとえば、ファッション。みゆきの言葉を引用すると、

前はよくブランドの服やバッグなんかも見て回ったのですが、最近は違うブランドでもみんな同じ方向に向かっている気がしてしまって。これといって気に入る物がなくてあんまり行かなくなりました。
最近は個性的な物がだんだんなくなって、一つ流行ると同じような物が大量に出回るというのが風潮ですね。
みんなと同じ行動を取るのが、安心するみたいですね。古くていい物や使い込むと味が出る物は、少数の人にしか売れないから作らないんですよね。

 つまり、みゆきは個性を埋没させるデジタルの特徴を嫌っていたのです。

 そこで、彼女は悟との関係もアナログなものにしようとしました。他のカップルと似たような、ありきたりな関係ではなく、自分らしい関係を築こうとしたのです。

 すべてがデジタル化されていく時代にあえて自分らしい恋愛をする――なんだか羨ましいですよね。

 そんな彼らの恋の行方が気になる物語です。

2. 悟の母親への愛情に感動

 一方の悟も、みゆきとのアナログな関係を気に入っていました。それは幼い頃の影響によるもの。

 悟の母は彼を育てるために、近所のスーパーで店員をしたり、小さな会社で働いたりと一日中働き詰めでした。

 そこで、悟は母との限られた時間を大切にするようになります。友だちと遊んでいる途中でも、母の帰宅時間にあわせて帰りました。まさにアナログな関係。

 しかし、そんな母も今では過度な労働と栄養不足の影響で、骨や内臓が悪くなり、病院で寝たきりの状態です。

 もちろん、悟は親孝行したいと考えていましたが、お見舞いくらいしかできません。

 そんなときに出会ったのがみゆきです。彼女とのアナログな関係は、母への想いと重なりました。そして、その想いが――。

 私たちがアナログな人間関係を求めるのは、心のどこかで他の人とも両親と似たような関係を築きたいと思っているからかもしれませんね。

 悟の深い愛情に涙すること間違いなしの物語です。

3. ビートたけしさんらしい笑いが

 とはいえ、ただの泣ける恋愛小説ではありません。ビートたけしさんらしい笑いが随所に散りばめられています。

 ぜひ、実際に読んで、泣いたり笑ったりしてください。

 最後に

 ビートたけしさんの小説『アナログ』。読めばアナログな人間関係もいいかなと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …