webstation plus

(※『All You Need Is Kill 1』より)


 同じ仕事をしていても「成長できる人」と「成長できない人」がいますよね。

 似たような仕事を何度も繰り返している人と、新しい仕事に次々と挑戦している人。この差は一体どこにあるのでしょうか。

 今回は漫画『All You Need Is Kill』を参考に、「成長できる人」と「成長できない人」の違いについて考えてみたいと思います。

 『All You Need Is Kill』ってどんな漫画?

 物語の舞台はギタイという異星人が攻め込んできた地球。主人公のキリヤ・ケイジは、ジャパンでギタイを迎え撃つために統合防衛軍に入りました。

 初出撃は明日の朝。しかし、キリヤはこれから起きる出来事も自分が明日の戦闘で死ぬことも知っていました。なぜなら、彼はすでに経験していたからです。キリヤは死ぬとなぜか出撃の前日にループしていたのです。

 そんなキリヤの前に圧倒的な強さを誇る少女が現れます。彼女の名前はリタ・ヴラタスキ。リタはキリヤに接近してきます。なぜなら――。

 2巻で完結する短い物語ですが、色々考えさせられる漫画です。

 「成長できる人」と「できない人」の違い

1. 仕事のスピードが違う

 成長できるかどうかは、どれだけ多くの経験を積んでいるかで決まります。

 たとえば、じっくりと時間をかけて仕事をする人がいますよね。失敗したくないという思いがあるからでしょうが、これでは同じ時間で積める経験は少なくなってしまいます。

 では、スピード重視で仕事をすればどうでしょうか。失敗する確率は高くなるかもしれませんが、同じ時間でより多くの経験が積めます。

 本作の主人公・キリヤは、物理的に時間をループすることで多くの経験を積み、誰よりも強い軍人へと成長していきました。しかし、現実にはループすることなんてありえませんよね。

 だからこそ、自分でループしたのと同じ効果を出すのです。具体的には、とにかく早く仕上げること。失敗しても、それを補って余りあるスピードで仕事を終わらすのです。

 そうすれば、今までの自分よりも早く成長できるはずです。

2. 死ぬ気で頑張る

 成長する人は死ぬくらいの気持ちで努力をしています。驚くような努力をしているからこそ成長できるのです。

 キリヤは実際に死を味わうことで必死になって努力をしました。こんなにツライ想いを何度もしたくないと思っていたからです。

 もちろん、現実には何度も死ねません。また、たとえ死ぬほどツライ思いをしても、何日かすぎると普段の生活に逆戻りしがちです。

 しかし、それでは成長できませんよね。だからこそ、必死になって今を生きる。できることを全部やってみる。そんな想いがあるかどうかで成長できるかどうかが決まります。

 これから何回もチャンスが訪れるつもりで過ごしていませんか?

3. 絶対に成し遂げたいという強い想いを持つ

 とはいえ、人間は弱い生き物。どれだけやろうと思っていても、壁にぶつかるとすぐに挫折します。

 そこで大切になるのが「絶対に達成したい」という強い想いをもつこと。キリヤはリタと出会うことで、その想いを強めていきました。

 恋愛でも、友情でも、自己実現でもなんでもかまいません。とにかく、何があってもやり遂げたいと思える何かを見つけること。それが長期的に成長できるかどうかを分けます。

 『All You Need Is Kill』は短い物語ですが、キリヤの頑張りに触発されること間違いなしの漫画です。

 最後に

 今回は漫画『All You Need Is Kill』を参考に、成長できる人とできない人の違いについて考えてきました。

 成長するためには、仕事のスピードをはやめ、できることすべてをやりきり、何があっても負けない強い心を持つこと。

 もし仕事で成長したいのなら、漫画『All You Need Is Kill』を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

仕事優先の生き方に限界を感じている人へ

 家族を養うには仕事をする必要があります。「家族を大切にするために働いている」という人も多いのではないでしょうか。  しかし、あまりの忙しさに、家族よりも仕事を優先してしまいがちに。家族と一緒に過ごす時間が取れなくなるこ …

AIに仕事を奪われないようにするために必要なたったひとつの能力

(※『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』表紙より)  人間にしかできない仕事をしていますか?  オックスフォード大学のある研究チームの予測によると、AI化によって10年から20年後に全雇用者の約47%が職を失うそ …

新しい家族の形!?矢部太郎『大家さんと僕』は優しい気持ちになれる漫画

(※『大家さんと僕』表紙より)  カラテカ矢部太郎さんの漫画『大家さんと僕』。  お笑い芸人の矢部太郎さんが、借家から追い出され、新たな引っ越し先で86歳のおばあちゃんと共に暮らす物語です。読めば心温まること間違いなし! …

『3月のライオン』は悩みに立ち向かう主人公たちに心動かされる漫画

(※『3月のライオン 1』表紙より)  ヤングアニマルで連載中の漫画『3月のライオン』。将棋を舞台に、自分の課題に真正面から取り組む登場人物たちに心動かされること間違いなしの漫画です。  今回は『3月のライオン』のおすす …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

ワクワク感がとまらないサスペンス漫画/『約束のネバーランド』感想

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)  週刊少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』。  あまりの面白さに読みながら顔がにやけたり、泣きそうになったりしたので、電車で読むのが恥ずかしくなりましたが、それでも読 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

学力だけでは足りない!?10年後に仕事がある人、ない人

 2020年には東京オリンピックが予定されていますよね。楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、2020年代に入ると求人が半減するかもしれません。  その理由は次の2つ。 ロボットとAIの活躍によって仕事が …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …