webstation plus

(※『All You Need Is Kill 1』より)


 同じ仕事をしていても「成長できる人」と「成長できない人」がいますよね。

 似たような仕事を何度も繰り返している人と、新しい仕事に次々と挑戦している人。この差は一体どこにあるのでしょうか。

 今回は漫画『All You Need Is Kill』を参考に、「成長できる人」と「成長できない人」の違いについて考えてみたいと思います。

 『All You Need Is Kill』ってどんな漫画?

 物語の舞台はギタイという異星人が攻め込んできた地球。主人公のキリヤ・ケイジは、ジャパンでギタイを迎え撃つために統合防衛軍に入りました。

 初出撃は明日の朝。しかし、キリヤはこれから起きる出来事も自分が明日の戦闘で死ぬことも知っていました。なぜなら、彼はすでに経験していたからです。キリヤは死ぬとなぜか出撃の前日にループしていたのです。

 そんなキリヤの前に圧倒的な強さを誇る少女が現れます。彼女の名前はリタ・ヴラタスキ。リタはキリヤに接近してきます。なぜなら――。

 2巻で完結する短い物語ですが、色々考えさせられる漫画です。

 「成長できる人」と「できない人」の違い

1. 仕事のスピードが違う

 成長できるかどうかは、どれだけ多くの経験を積んでいるかで決まります。

 たとえば、じっくりと時間をかけて仕事をする人がいますよね。失敗したくないという思いがあるからでしょうが、これでは同じ時間で積める経験は少なくなってしまいます。

 では、スピード重視で仕事をすればどうでしょうか。失敗する確率は高くなるかもしれませんが、同じ時間でより多くの経験が積めます。

 本作の主人公・キリヤは、物理的に時間をループすることで多くの経験を積み、誰よりも強い軍人へと成長していきました。しかし、現実にはループすることなんてありえませんよね。

 だからこそ、自分でループしたのと同じ効果を出すのです。具体的には、とにかく早く仕上げること。失敗しても、それを補って余りあるスピードで仕事を終わらすのです。

 そうすれば、今までの自分よりも早く成長できるはずです。

2. 死ぬ気で頑張る

 成長する人は死ぬくらいの気持ちで努力をしています。驚くような努力をしているからこそ成長できるのです。

 キリヤは実際に死を味わうことで必死になって努力をしました。こんなにツライ想いを何度もしたくないと思っていたからです。

 もちろん、現実には何度も死ねません。また、たとえ死ぬほどツライ思いをしても、何日かすぎると普段の生活に逆戻りしがちです。

 しかし、それでは成長できませんよね。だからこそ、必死になって今を生きる。できることを全部やってみる。そんな想いがあるかどうかで成長できるかどうかが決まります。

 これから何回もチャンスが訪れるつもりで過ごしていませんか?

3. 絶対に成し遂げたいという強い想いを持つ

 とはいえ、人間は弱い生き物。どれだけやろうと思っていても、壁にぶつかるとすぐに挫折します。

 そこで大切になるのが「絶対に達成したい」という強い想いをもつこと。キリヤはリタと出会うことで、その想いを強めていきました。

 恋愛でも、友情でも、自己実現でもなんでもかまいません。とにかく、何があってもやり遂げたいと思える何かを見つけること。それが長期的に成長できるかどうかを分けます。

 『All You Need Is Kill』は短い物語ですが、キリヤの頑張りに触発されること間違いなしの漫画です。

 最後に

 今回は漫画『All You Need Is Kill』を参考に、成長できる人とできない人の違いについて考えてきました。

 成長するためには、仕事のスピードをはやめ、できることすべてをやりきり、何があっても負けない強い心を持つこと。

 もし仕事で成長したいのなら、漫画『All You Need Is Kill』を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

『めしにしましょう』はクスッと笑えるグルメ漫画

(※『めしにしましょう(1)』表紙より)  イブニングで連載中の漫画『めしにしましょう』。  現代の魔法使いである漫画家が締め切りに追われ、切羽詰まった状況を打破するために「美味しいご飯を食べよう!」がテーマのグルメ漫画 …

「何のために働くの?」会社のため?自分のため?

(※『言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密』表紙より)  「何のために働くの?」と聞かれてすぐに答えられますか。  もし答えられないようなら、少し考えてみたほうがいいかもしれません。なぜなら、私たちは理由が …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

『あさひなぐ』は薙刀に青春を捧げる女子高生に胸が熱くなる漫画

(※『あさひなぐ 1』表紙より)  高校生の頃、帰宅部だった私は、家に帰ってからゲーム三昧の毎日を過ごしていました。今から思うと、なんてもったいない生き方をしていたのでしょうか。  そんなダラけきった高校生活を過ごしてい …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

『ばくばく!バクチごはん』はギャンブル場の激旨グルメ紹介漫画

(※『ばくばく!バクチごはん(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『ばくばく!バクチごはん』。  競馬・競輪・競艇・オートレースなどの実在するギャンブル場を舞台に、新人アイドルが激旨グルメを食べ …

「3ヶ月」あれば仕事の成果は劇的に変えられる

(※『「3か月」の使い方で人生は変わる』表紙より)  仕事で思うようなアウトプットが出せない…と悩んでいませんか?  私はよく悩んでいました。そして、その原因を「時間が足りない」「リソースが足りない」からだと言い訳をして …

ビジネス書を読んで年収を上げる方法/おすすめ本50冊も紹介

 ビジネス書を読んでいますか?  私は一時期、毎日のように読んでいましたが、最近はまったく読まなくなりました。どの本を読んでも似たようなことばかり書いてあるからです。  しかし、久しぶりに読んでみると、知っている内容ばか …

なぜ強くなりたい?『リクドウ』はボクシングに存在価値を求める殺人少年を描いた漫画

(※『リクドウ』表紙より)  週間ヤングジャンプで連載中の漫画『リクドウ』。  父親に虐待され、母親と付き合っていた暴力団に殺されかけた主人公のリクが、その暴力団を殺してボクサーになる物語です。  読めば、命がけで自分の …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …