webstation plus

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。ずっと前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。

 感想は「想像していたよりも面白かった!」です。2巻で完結する作品なので1時間くらいで読み終わりましたが、その後しばらくは余韻に浸っていました。色々考えさせられる作品なんですよね。

 というわけで、今回は漫画『All You Need Is Kill』の感想とおすすめポイントを紹介していきます。

 『All You Need Is Kill』のあらすじ

 舞台は異星人が「ギタイ」と呼ばれる化物を送り込んでくる地球。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り広げられる戦闘に参加するために、統合防衛軍に入団したのが主人公のキリヤ・ケイジでした。

 初めて参加する戦闘は今から30時間後。しかし、キリヤは、これから起こる出来事も、そして自分が死ぬことも知っていました。それは――。

 ループするたびに強くなるキリヤ

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 この漫画の最大の謎は、死ぬと出撃前日の朝に戻るところ。記憶は引き継がれるので、ギタイにやられた原因を考察&対策することができます。そのため、死ぬたびにどんどん強くなっていくんですよね。その過程が面白い。

 さらにこの物語を面白くしているのは、行動を変えれば結果も変わるというところ。

 作者はこの物語の着想をリセットとコンテニューを繰り返すゲームプレイヤーの経験から得たそうで、失敗も人生の糧として受け入れて肯定して欲しいという想いが込められているそうです。

 キリヤの姿を通してその想いがストレートに伝わってくる作品です。

 ループから抜け出せないのはツライ

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 ループすることで強くなっていくキリヤですが、その一方でツライことも。

 たとえば、食堂で用意されている同じ朝ごはんを何度も食べなければいけない、先輩や友人と同じ話を何度も繰り返さなければいけない、恋に落ちても一から関係を築き直す必要がある…などなど。

 もちろん、何度も死ぬ辛さを味わう必要もありますが、何よりもツライのは「ループから抜け出すこと」にしか興味が持てなくなることかもしれません。

 「もう一度人生をやり直したい!」と思うことはありますが、その代償は大きいのかもしれませんね。

 圧倒的な強さを誇るもう一人の主人公・リタ

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 この物語にはもう一人の主人公がいます。それがリタ・ヴラタスキ。

 見た目の可愛さとは裏腹に圧倒的な強さを誇ります。一人でギタイをどんどん倒していく姿に惚れること間違いなし!?

 ではなぜ、彼女がそこまで強くなれたのか。その謎が2巻で語られます。

 つまり、1巻はキリヤの視点で、2巻はリタの視点で物語が進んでいくわけですね。そして最後は再びキリヤの視点に戻るのですが、このときに最大の謎が。ギタイを殲滅してもループから抜け出せないのです。その理由は…。

 最後に

 2巻で完結する短い物語ですが、内容がギッシリ詰まっているので、色々考えさせられる作品です。興味がある方は是非!

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。  「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

『フィッシュストーリー』は黒澤が大活躍する中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が大活躍する『サクリファイス』『ポテチ』などの四作品を集めた中編集です。  今回は『フィッシュストー …