【完結】漫画『All You Need Is Kill 1-2巻』は圧倒的な量をこなすことが成長への近道だとわかる物語

おすすめ漫画

 仕事でもプライベートでも趣味でも、圧倒的な量をこなしていますか?

 私はどうしても、ある一定量をこなすと満足して行動するのをやめてしまいますが、それではいつまで経っても成長できないんですよね。

 漫画『All You Need Is Kill』を読んで、強くそう思うようになりました。




スポンサーリンク

 異星人と戦う主人公の物語

 では、あらすじから。

 物語の舞台はギタイという異星人が攻め込んできた地球。主人公のキリヤ・ケイジは、ジャパンでギタイを迎え撃つために統合防衛軍に入りました。

 ところが、キリヤは初出撃にも関わらず、これから起こる出来事も、自分の身に何が起こるのかもすべて知っていました。なぜなら…。

 彼はタイムループに巻き込まれていたからです。キリヤは死ぬと出撃前日のある時刻に遡ってワープします。

 なぜタイムループに巻き込まれたのかはわかりませんが、キリヤは殺されても何度もギタイに立ち向かうことになりました。たとえ戦場から逃げ出しても、防衛軍がギタイに負けてしまうので、結果として殺されてしまうからです。

 そこでキリヤは自分が強くなるしかないことを悟り、ある行動に出ます。その行動とは…。

スポンサーリンク

 もう一人の主人公がループから抜け出す糸口に

 この物語のもう一人の主人公で、「戦場の牝犬」と呼ばれるリタ・ヴラタスキが使っている武器・バトルアックスを使えるようになることでした。

 キリヤは繰り返し戦場に出ることで、この巨大な武器を使いこなせるようになり、ギタイとも互角以上に戦えるようになります。すると、リタから声をかけられました。

「お前は何周目だ?」

 リタ自身もタイムループに巻き込まれていたことがあったのです。今では彼女はタイムループから抜け出し、英雄扱いされていましたが、はじめはごく普通の少女でした。

 ところが、彼女もキリヤと同じように何度もギタイに殺され、それでも戦場に出て、戦いを繰り返してきたので、強くなれたんですよね。

 つまり、この漫画は圧倒的な量をこなすことが成長への近道だと教えてくれる物語なのです。

 さて、物語としては、キリヤが自分と同じようにタイムループに巻きこまれていることを知ったリタが彼との距離を縮めていきます。そして、彼らは恋に落ちますが…。

スポンサーリンク

 圧倒的な量をこなすことが成長への近道

 なぜかギタイを殲滅してもタイムループから抜け出せません。リタはそうすることでタイムループから抜け出せたのにです。

 そのことを知ったリタはある行動に出ます。キリヤはリタの行動に戸惑いましたが、彼女を止めることができませんでした。そして二人は…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、漫画『All You Need Is Kill』は、圧倒的な量をこなすことが成長への近道だと教えてくれる物語です。

 2巻で完結する短い物語なので、気になった方はぜひ読んでみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました