webstation plus

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。

 感想は「想像していたよりも面白かった!」です。2巻で完結する短編なので1時間程度で読み終わりましたが、その後しばらくは物語の世界観に浸っていました。色々考えさせられる作品です。

 今回は漫画『All You Need Is Kill』の感想とおすすめポイントを紹介します。

 『All You Need Is Kill』のあらすじ

 物語の舞台は、異星人が「ギタイ」と呼ばれる化物を送り込んでくる地球。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り広げられる戦闘に参加するため、統合防衛軍に入団したのが主人公のキリヤ・ケイジでした。

 初めて参加する戦闘は今から30時間後。しかし、キリヤは、これから起こる出来事も、そして自分が死ぬことも知っていました。なぜなら――。

 ループするたびに強くなるキリヤ

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 この漫画の最大の謎は、キリヤが死ぬと出撃前日の朝に戻るところ。しかも、死んでも記憶が引き継がれるので、ギタイにやられた原因を考察&対策することができます。そのため、死ぬたびにどんどん強くなっていくんですよね。その過程が面白い。

 さらにこの物語を面白くしているのは、行動を変えれば結果も変わるというところ。

 作者はこの物語の着想をリセットとコンテニューを繰り返すゲームプレイヤーの経験から得たそうで、失敗も人生の糧として受け入れて肯定して欲しいという想いが込められているそうです。

 キリヤの成長する姿を通してその想いがストレートに伝わってくる作品です。

 ループから抜け出せないのはツライ

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 ループすることで強くなっていくキリヤですが、その一方でツライことも。

 たとえば、毎朝食堂に用意されているのは同じメニューの朝ごはん、先輩や友人が毎朝同じ話をしてくる、たとえ恋に落ちたとしても一から関係を築きなおす必要がある…などなど。

 もちろん、何度も死ぬ辛さを味わう必要もありますが、何よりもツライのは「同じことの繰り返し」なのかもしれません。そのため、キリヤも「ループから抜け出すこと」にしか興味を持てなくなっていきます。

 「もう一度人生をやり直したい!」と思うことはありますが、その代償は大きいのかもしれませんね。

 圧倒的な強さを誇るもう一人の主人公・リタ

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)


 この物語のもう一人の主人公がリタ・ヴラタスキ。

 見た目の可愛さとは裏腹に圧倒的な強さを誇ります。一人でギタイをどんどん倒していく姿に惚れること間違いなし!?

 ではなぜ、彼女はそこまで強くなれたのか。その謎が2巻で語られます。

 つまり、1巻はキリヤの視点で、2巻はリタの視点で物語が進んでいくわけですね。そして最後は再びキリヤの視点に戻るのですが、このときに最大の謎が。ギタイを殲滅してもループから抜け出せないのです。その理由は…。

 最後に

 2巻で完結する短い物語ですが、内容がギッシリ詰まっているので、読了後も色々考えさせられる作品です。興味をもたれた方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

『いぬやしき』は強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画

(※『いぬやしき(1)』表紙より)  つい先日までイブニングで連載されていた漫画『いぬやしき』。ある日突然、強大な力を手に入れたらどうする?がテーマの漫画です。  今回は『いぬやしき』のあらすじと感想を紹介します。 &n …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

『約束のネバーランド』は読み始めたら止まらないサスペンス漫画

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)  週刊少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』。  読み始めてしばらくは「ほんわか」しているので、どうなることかと思っていましたが…。40ページを過ぎると、ページをめくる …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …