webstation plus

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」

 そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなるんですよね。間違いなくハマりますよ。

 物語の始まりから惹き込まれる

 楽して金儲けをしたいって思っている人は多いと思います。物語の主人公・溝口と岡田もそのひとり。彼らは、急ブレーキをかけてわざとクルマをぶつけさせ、相手からお金を脅しとるような仕事をしていました。

 ところがある日。岡田が急に仕事を辞めたいと言い出します。もうこれ以上、相手がつらそうにしている姿を見てられないって言うんですよね。

 そこで、溝口が提案したのが、適当な携帯番号にメールを送って、そいつと友達になれたら辞めてもいいと言うもの。友達になれなければ耳たぶを切ると言います。

 岡田はこの提案にかけてメールを送りますが、そのメールが届いた相手は少々変わった家族でした。父が浮気をしていて、娘が高校進学を機に寮に入るので、今日限りで家族は解散…明日からは残り全部バケーションと考えている家族でした。

 もうこの時点で、設定の面白さに惹き込まれます。しかも、彼らと食事に出かけることができた岡田は、これで解放されると思いきや…。

 岡田がどうなったのか気になって仕方がない

 そんなに甘くありませんでした。毒島という怖ろしい人物から独立した理由を溝口が全て岡田のせいにしたからです。

 その結果、岡田は消され、溝口は助るのですが、本当に岡田が消されたのか気になって仕方ありません。

 一方の溝口は、少しは反省したのか、岡田の真似をするようになりました。稼いだお金で人助けをはじめるんですよね。

「相手の弱みをついたり、ミスにつけ込んだりするんじゃなくてな、相手を喜ばせて、貸しを作ろうってことだよ」

 なんて言い始めます。そして、溝口は、これまで怖れていた毒島に立ち向っていくのですが、追い詰められた毒島は岡田は生きていると言い出しました。

 ラストまで岡田が生きているのか明かされませんが、この空白を埋めたくて、いろいろ考えてしまうんですよね。

 読み終わってからも、楽しめる物語です。

 「俺なら飛ぶぜ。だっておまえ、飛びたいじゃねえか」

 この物語のテーマは、結果よりもプロセスを大切にしようというもの。

 昔は、「とんでもない」と謝るときに、「とんでも八分、歩いて十分」なんてシャレで言っていたそうです。

 飛んでも八分、歩いても十分だとしたら、二分しか変わりませんよね。それでも、俺なら飛ぶぜと溝口が言うのは、

「八分も十分も大差ねえ、なんて言ってるのはな、『どうせ人間は、死んじゃうんだから何したって関係ねえよ』って言ってるのと同じだろ」

 という思いがあったからなんです。どうせいつかは死ぬけれど、生き方は大事だってこと。

 そう考えると、他人を傷つけたり、陥れたりすることで、大金を稼げたとしても、それでは幸せになれないことを溝口が身をもって教えてくれているように思えます。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなる小説です。間違いなくハマりますよ。

 関連記事

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …