webstation plus

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」

 そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなるんですよね。間違いなくハマりますよ。

 物語の始まりから惹き込まれる

 楽して金儲けをしたいって思っている人は多いと思います。物語の主人公・溝口と岡田もそのひとり。彼らは、急ブレーキをかけてわざとクルマをぶつけさせ、相手からお金を脅しとるような仕事をしていました。

 ところがある日。岡田が急に仕事を辞めたいと言い出します。もうこれ以上、相手がつらそうにしている姿を見てられないって言うんですよね。

 そこで、溝口が提案したのが、適当な携帯番号にメールを送って、そいつと友達になれたら辞めてもいいと言うもの。友達になれなければ耳たぶを切ると言います。

 岡田はこの提案にかけてメールを送りますが、そのメールが届いた相手は少々変わった家族でした。父が浮気をしていて、娘が高校進学を機に寮に入るので、今日限りで家族は解散…明日からは残り全部バケーションと考えている家族でした。

 もうこの時点で、設定の面白さに惹き込まれます。しかも、彼らと食事に出かけることができた岡田は、これで解放されると思いきや…。

 岡田がどうなったのか気になって仕方がない

 そんなに甘くありませんでした。毒島という怖ろしい人物から独立した理由を溝口が全て岡田のせいにしたからです。

 その結果、岡田は消され、溝口は助るのですが、本当に岡田が消されたのか気になって仕方ありません。

 一方の溝口は、少しは反省したのか、岡田の真似をするようになりました。稼いだお金で人助けをはじめるんですよね。

「相手の弱みをついたり、ミスにつけ込んだりするんじゃなくてな、相手を喜ばせて、貸しを作ろうってことだよ」

 なんて言い始めます。そして、溝口は、これまで怖れていた毒島に立ち向っていくのですが、追い詰められた毒島は岡田は生きていると言い出しました。

 ラストまで岡田が生きているのか明かされませんが、この空白を埋めたくて、いろいろ考えてしまうんですよね。

 読み終わってからも、楽しめる物語です。

 「俺なら飛ぶぜ。だっておまえ、飛びたいじゃねえか」

 この物語のテーマは、結果よりもプロセスを大切にしようというもの。

 昔は、「とんでもない」と謝るときに、「とんでも八分、歩いて十分」なんてシャレで言っていたそうです。

 飛んでも八分、歩いても十分だとしたら、二分しか変わりませんよね。それでも、俺なら飛ぶぜと溝口が言うのは、

「八分も十分も大差ねえ、なんて言ってるのはな、『どうせ人間は、死んじゃうんだから何したって関係ねえよ』って言ってるのと同じだろ」

 という思いがあったからなんです。どうせいつかは死ぬけれど、生き方は大事だってこと。

 そう考えると、他人を傷つけたり、陥れたりすることで、大金を稼げたとしても、それでは幸せになれないことを溝口が身をもって教えてくれているように思えます。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなる小説です。間違いなくハマりますよ。

 関連記事

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

他人の考えに縛られる必要なんてない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小 …