webstation plus

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」

 そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなるんですよね。間違いなくハマりますよ。

 物語の始まりから惹き込まれる

 楽して金儲けをしたいって思っている人は多いと思います。物語の主人公・溝口と岡田もそのひとり。彼らは、急ブレーキをかけてわざとクルマをぶつけさせ、相手からお金を脅しとるような仕事をしていました。

 ところがある日。岡田が急に仕事を辞めたいと言い出します。もうこれ以上、相手がつらそうにしている姿を見てられないって言うんですよね。

 そこで、溝口が提案したのが、適当な携帯番号にメールを送って、そいつと友達になれたら辞めてもいいと言うもの。友達になれなければ耳たぶを切ると言います。

 岡田はこの提案にかけてメールを送りますが、そのメールが届いた相手は少々変わった家族でした。父が浮気をしていて、娘が高校進学を機に寮に入るので、今日限りで家族は解散…明日からは残り全部バケーションと考えている家族でした。

 もうこの時点で、設定の面白さに惹き込まれます。しかも、彼らと食事に出かけることができた岡田は、これで解放されると思いきや…。

 岡田がどうなったのか気になって仕方がない

 そんなに甘くありませんでした。毒島という怖ろしい人物から独立した理由を溝口が全て岡田のせいにしたからです。

 その結果、岡田は消され、溝口は助るのですが、本当に岡田が消されたのか気になって仕方ありません。

 一方の溝口は、少しは反省したのか、岡田の真似をするようになりました。稼いだお金で人助けをはじめるんですよね。

「相手の弱みをついたり、ミスにつけ込んだりするんじゃなくてな、相手を喜ばせて、貸しを作ろうってことだよ」

 なんて言い始めます。そして、溝口は、これまで怖れていた毒島に立ち向っていくのですが、追い詰められた毒島は岡田は生きていると言い出しました。

 ラストまで岡田が生きているのか明かされませんが、この空白を埋めたくて、いろいろ考えてしまうんですよね。

 読み終わってからも、楽しめる物語です。

 「俺なら飛ぶぜ。だっておまえ、飛びたいじゃねえか」

 この物語のテーマは、結果よりもプロセスを大切にしようというもの。

 昔は、「とんでもない」と謝るときに、「とんでも八分、歩いて十分」なんてシャレで言っていたそうです。

 飛んでも八分、歩いても十分だとしたら、二分しか変わりませんよね。それでも、俺なら飛ぶぜと溝口が言うのは、

「八分も十分も大差ねえ、なんて言ってるのはな、『どうせ人間は、死んじゃうんだから何したって関係ねえよ』って言ってるのと同じだろ」

 という思いがあったからなんです。どうせいつかは死ぬけれど、生き方は大事だってこと。

 そう考えると、他人を傷つけたり、陥れたりすることで、大金を稼げたとしても、それでは幸せになれないことを溝口が身をもって教えてくれているように思えます。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなる小説です。間違いなくハマりますよ。

 関連記事

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …