webstation plus

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」

 そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなるんですよね。間違いなくハマりますよ。

 物語の始まりから惹き込まれる

 楽して金儲けをしたいって思っている人は多いと思います。物語の主人公・溝口と岡田もそのひとり。彼らは、急ブレーキをかけてわざとクルマをぶつけさせ、相手からお金を脅しとるような仕事をしていました。

 ところがある日。岡田が急に仕事を辞めたいと言い出します。もうこれ以上、相手がつらそうにしている姿を見てられないって言うんですよね。

 そこで、溝口が提案したのが、適当な携帯番号にメールを送って、そいつと友達になれたら辞めてもいいと言うもの。友達になれなければ耳たぶを切ると言います。

 岡田はこの提案にかけてメールを送りますが、そのメールが届いた相手は少々変わった家族でした。父が浮気をしていて、娘が高校進学を機に寮に入るので、今日限りで家族は解散…明日からは残り全部バケーションと考えている家族でした。

 もうこの時点で、設定の面白さに惹き込まれます。しかも、彼らと食事に出かけることができた岡田は、これで解放されると思いきや…。

 岡田がどうなったのか気になって仕方がない

 そんなに甘くありませんでした。毒島という怖ろしい人物から独立した理由を溝口が全て岡田のせいにしたからです。

 その結果、岡田は消され、溝口は助るのですが、本当に岡田が消されたのか気になって仕方ありません。

 一方の溝口は、少しは反省したのか、岡田の真似をするようになりました。稼いだお金で人助けをはじめるんですよね。

「相手の弱みをついたり、ミスにつけ込んだりするんじゃなくてな、相手を喜ばせて、貸しを作ろうってことだよ」

 なんて言い始めます。そして、溝口は、これまで怖れていた毒島に立ち向っていくのですが、追い詰められた毒島は岡田は生きていると言い出しました。

 ラストまで岡田が生きているのか明かされませんが、この空白を埋めたくて、いろいろ考えてしまうんですよね。

 読み終わってからも、楽しめる物語です。

 「俺なら飛ぶぜ。だっておまえ、飛びたいじゃねえか」

 この物語のテーマは、結果よりもプロセスを大切にしようというもの。

 昔は、「とんでもない」と謝るときに、「とんでも八分、歩いて十分」なんてシャレで言っていたそうです。

 飛んでも八分、歩いても十分だとしたら、二分しか変わりませんよね。それでも、俺なら飛ぶぜと溝口が言うのは、

「八分も十分も大差ねえ、なんて言ってるのはな、『どうせ人間は、死んじゃうんだから何したって関係ねえよ』って言ってるのと同じだろ」

 という思いがあったからなんです。どうせいつかは死ぬけれど、生き方は大事だってこと。

 そう考えると、他人を傷つけたり、陥れたりすることで、大金を稼げたとしても、それでは幸せになれないことを溝口が身をもって教えてくれているように思えます。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくてあれこれ考えたくなる小説です。間違いなくハマりますよ。

 関連記事

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気を持って生きていますか?  ここで言う勇気とは、勉強や仕事、家事・育児など、目の前のやるべきことに挑戦する勇気のことです。  もし、そんな勇気を持っていないなら、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んでみてはどうでし …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じられないんですよね。  しかし、小川糸さ …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …