webstation plus

(※『残り全部バケーション』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。

 しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ちになれること間違いなし!?

 今回は『残り全部バケーション』のあらすじと感想を紹介します。

 『残り全部バケーション』のあらすじと感想

第一章 『残り全部バケーション』

 年下の女性と浮気をしていた父のせいで解散することになった早坂家。その解散当日。引越しの準備が終わり、業者を待っている間に、父のPHSに一通のメールが届きます。内容は「友達になろうよ」というものでした。

 父はそのメールに返信し、父、母、そして娘・沙希の3人でメールを送った人物・岡田に会いにいくことに。そこで起こった出来事とは!?

 悪どい仕事から手を洗って無職になった岡田と早坂家のやり取りが面白い物語。岡田の「明日から、もう俺の人生、残り全部、バケーションみたいなものだし」というセリフが心に残りました。

第二章 『タキオン作戦』

 悪どい仕事に手を染めていた頃の岡田は、上司である溝口と歩いている途中、背中に青痣のある少年に出会います。その少年は父親から虐待されていました。

 一方、暴力を振るっていた父親は、喫茶店で「タキオン」という物質の存在を知ります。過去へのタイムスリップに応用できる物質だと言うのですが…。

 自己中心的な人物は、自分のことしか大事にしない。他人を見下しているから、他人の忠告には耳を貸さない。唯一耳を貸すとしたら、自分自身の忠告かも。というセリフが印象的でした。岡田のセリフが心に残ります。

第三章 『検問』

 溝口は、岡田の代わりに新たに部下になった太田と共に、ある女性を誘拐して海岸近くの倉庫裏に連れていくことに。その途中、警察の検問に合いますが、なぜか何事もなく無事通過。その理由とは!?

 最後はあっけない終わり方でしたが、溝口と女性の会話が楽しめる物語でした。

第四章 『小さな兵隊』

 小学生だった頃の岡田の物語。彼はクラスメイトから問題児と言われていました。突然、クラスの女の子のランドセル全部にマジックでいたずら書きをしたり、学校の門を青色で塗りつぶしたり。しかし、実際は…。

 目に映るものが全てではないと思える物語。岡田の行動がカッコ良すぎです。

第五章 『飛べても8分』

 ボスである毒島を裏切った溝口は、すべてを岡田のせいにして毒島のもとに戻ります。しかし、そのせいで岡田は毒島に消されてしまいました。

 一方の溝口は、新たな部下・高田と共に当たり屋の仕事を再開。しかし、ちょっとしたミスを犯し、太腿を轢かれ、病院に運ばれることに。その病院には命を狙われている毒島も入院していました。溝口は毒島の信頼を取り戻せるのか!?

 これまでの物語がリンクして、にやけること間違いなしの物語。溝口のセリフも心に残ります。たとえば:

「やっぱり、岡田の言った通り、人に物を頼むには、脅しよりも、『親切』だよ。良くしてやれば、良くしてくれる」
「いいか、飛んでも八分、歩けば十分、メールは一瞬。だとしても、飛べるなら飛ぶべきだ。そんな経験、しなきゃ損だろうが」

 前向きな気持ちになれるセリフが満載です。

 最後に

 『残り全部バケーション』は、物事は捉え方次第でポジティブにもネガテイブにもなることを教えてくれる小説です。たとえ辛い出来事に遭遇していても、岡田と溝口のセリフに促されて、前向きな気持ちになれること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

『首折り男のための協奏曲』は理不尽に立ち向かう勇気をくれる短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …