webstation plus

 結果ばかり追い求めていませんか?

 私は結果ばかり追い求めていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』を読んで、結果だけでなくプロセスも大切にしたくなりました。

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」という主人公たちのセリフが心に響き、そう思えるようになったんですよね。

 当たり屋や強請りで生計を立てている主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、当たり屋や強請りで生計を立てている溝口と岡田。

 彼らは、急ブレーキをかけてわざと後続車にクルマをぶつけさせ、相手からお金を脅しとるような仕事をしていました。

 ところがある日。岡田が急に仕事を辞めたいと言い出します。もうこれ以上、相手がつらそうにしている姿を見てられないって言うんですよね。

 とはいえ簡単に辞められる仕事ではありません。

 そこで、溝口が提案したのが、適当な携帯番号にメールを送って、そいつと友達になれたら辞めてもいいと言うものでした。しかし、失敗すれば耳たぶを切ると言います。

 岡田はこの提案に人生をかけてメールを送りましたが…。そのメールが届いた相手は少々変わった家族でした。

 父が浮気をしていたのがバレて、しかも娘が高校進学をきっかけに寮に入ることになったので、母が今日限りで家族は解散…明日からは残り全部バケーションだと言うような家族だったのです。

 岡田はその家族と会い、一緒にドライブと食事をして友達になれたので、これで仕事が辞められると思っていましたが…。

 岡田を売ったことを後悔していた溝口の物語

 この世界はそれほど甘くありませんでした。毒島という恐ろしい人物に連れて行かれたのです。

 岡田が毒島に連れていかれたのは、溝口が自分の立場が悪くなると岡田に罪を擦り付けていたことも関係していました。独立しようとしていたのがバレたときも、岡田のせいにしていたのです。

 その結果、岡田は毒島に連れて行かれて生死がわからなくなったわけですが…。

 溝口は岡田を売ったことを後悔していました。そこで、新しいパートナーと共に岡田を探し始めるんですよね。

 それだけでなく、あくどいことばかりしていた溝口が岡田の真似をするようになります。稼いだお金で人助けをはじめたのです。

「相手の弱みをついたり、ミスにつけ込んだりするんじゃなくてな、相手を喜ばせて、貸しを作ろうってことだよ」

 なんて言い始めます。

 そしてついに、溝口は岡田の行方を知るために、これまで恐れていた毒島に立ち向っていくのですが、追い詰めた毒島から驚きの事実を聞かされました。その事実とは…。

 結果よりもプロセスを大切にしたくなる物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』は、結果よりもプロセスを大切にしたくなる物語です。

 特に、溝口の変貌ぶりに驚き、また

「俺なら飛ぶぜ。だっておまえ、飛びたいじゃねえか」
「どうせいつかは死ぬけどな、生き方は大事なんだよ」

 といったセリフが心に響いて、プロセスを大切にしたくなるんですよね。

 とにかく、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』は、プロセスを大切にしたくなる物語としてだけでなく、サスペンスとしても、岡田と溝口の絆が描かれる物語としても、最後に驚きがまっている物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』はコメディとしても楽しめるサスペンス小説

 サスペンスはお好きですか?  私はサスペンスと聞くとシリアスなイメージを思い浮かべますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はシリアスとはかけ離れていました。  前作同様に、シリアスなシーンでもギャング …

小川糸『キラキラ共和国』は嫌な過去も意味ある過去へと変えられることがわかる物語

 嫌な過去はありませんか?  私は結婚した直後がとてもツラかったので、ときどき嫌な過去として思い出すことがありますが…。  子供ができて、幸せな家庭が築けた今では、その時間も愛おしく思えるようになりました。  小川糸さん …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 身内と上手くいってますか?  私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。  三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子 …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …