webstation plus

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)


 身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなのか』です。政治に興味がなくても、ミステリー好きならハマること間違いなし!?

 今回は『アコギなのかリッパなのか』のあらすじと感想を紹介します。

 『アコギなのかリッパなのか』のあらすじと感想

開会『政治家事務所の一日』

 引退した大物政治家・大堂の事務所で雑用係をしている佐倉聖。彼は21歳という若さですが、選挙応援を任せれば彼ほど役立つ人物は他にいません。この物語では、都議会議員に立候補予定の小原の事務所に手伝いにやって来て、ボランティア達の指揮をとります。

 議員の仕事は想像しているほど楽じゃないというお話。たとえば次のセリフがそれを物語っています。

まず選挙民達が何を考え、求めているのはどんなことなのかを知ること。とにかく、知らなければ始まらないのだ。
「しかも教えて下さいじゃあなくて、こちらから知るようにすることだ。自分で動く、聞く。ここ、重要ね」

 自分で考えて行動すること。しかも、その行動が誰かの役に立つこと。そうしなければ誰からも応援してもらえないんですね。

 当たり前のことなのかもしれませんが、これが自分の仕事だと考えると…。これまでダークなイメージしかなかった政治の世界が少し違った色で見えてきますね。

案件の一『五色の猫』

 大堂のもとに寄せられた難事件。飼い猫の毛の色が突然変わるので、その原因を調べて欲しいという有権者からの要望でした。しかし、実際に相談者の家に行ってみると…。

 猫の話が親子関係の物語へと発展。親子関係の問題って難しいですよね。しかし、この難しい問題を見事解決するのが政治家の役目!?聖の解決方法が見事でした。

案件の二 『白い背広』

 本当は嫌味ったらしいのに主婦に大人気の加納議員。弟の私立高校進学と引き換えに加納議員の手伝いをすることになった聖は、今回も難事件を押し付けられます。それは、加納議員の後援会幹部のひとりが殴られ、大騒ぎになっているのを収めることでした。次々と見つかる不可思議な出来事。全ての謎が解けるのか!?

 最後はあっけない結末ですが、全ての謎が回収されてスッキリする物語。聖と加納議員のやりとりが笑えます。

案件の三 『月下の青』

 新興宗教にハマった小島議員の秘書が、勝手に絵画を寄付したので取り返して欲しいとの要請が。美人なのにまったく料理ができない真紀秘書と共に聖が宗教団体に乗り込む!?

 何かあれば宗教団体にまで乗り込む必要があるんですね。政治家の仕事は本当に大変そうです。物語としては、聖と大堂のメールのやり取りが面白い。オチで笑えること間違いなし!?

案件の四 『商店街の赤信号』

 三ヶ月後の東京区議選に出馬予定の菊田議員。彼の応援に駆けつけた聖は、事務所に着いてすぐにファイルとヤカンをぶつけられます。それはボランティアに来ている夫婦の喧嘩に巻き込まれたから。

 夫婦喧嘩の原因は夫が隠れて甘いものを食べていたからなのですが、その証拠が見つかりません。いったい彼はどうやって間食しているのか!?

 力ある有権者であれば夫婦喧嘩も解決するのが政治家の仕事なんですね。しかも、夫も妻も共に納得できるカタチで解決すること。そのためには、表面的な悩みに惑わされずに、本質的な悩みを解決する必要があると教えてくれる物語でした。

案件の五 『親父とオヤジとピンクの便せん』

 聖のもとに十数年音信不通だった父親が突然現れます。しかもその後、弟の拓を連れて行方不明に。いったい拓達はどこへ行ったのか!?

 大堂の事務所にやって来たインターンシップの学生の話と共に、政治家に必要な力とは何か?が学べる物語です。学歴だけでは政治家として活躍できないんですね。

閉会 『選挙速報と小原和博』

 開会で聖が手伝いに行った小原選挙事務所のその後の話。

 選挙に当選する苦労と喜びが伝わってくる物語でした。政治家になるのは、想像している以上に大変なことなんですね。

 最後に

 政治家と聞くと「楽して金儲けをしている人たち」という印象がありますが、この小説を通してその印象が変わりました。

 作中の言葉を借りると、政治家に必要なのは、

気力、体力、時の運
 まさに私たちが仕事で求められているものと同じものが求められているんですよね。しかも、私たちよりも強く。

 というわけで、『アコギなのかリッパなのか』は政治の世界を身近に感じられるミステリー小説です。興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …