webstation plus

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)


 身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなのか』です。政治に興味がなくても、ミステリー好きならハマること間違いなし!?

 今回は『アコギなのかリッパなのか』のあらすじと感想を紹介します。

 『アコギなのかリッパなのか』のあらすじと感想

開会『政治家事務所の一日』

 引退した大物政治家・大堂の事務所で雑用係をしている佐倉聖。彼は21歳という若さですが、選挙応援を任せれば彼ほど役立つ人物は他にいません。この物語では、都議会議員に立候補予定の小原の事務所に手伝いにやって来て、ボランティア達の指揮をとります。

 議員の仕事は想像しているほど楽じゃないというお話。たとえば次のセリフがそれを物語っています。

まず選挙民達が何を考え、求めているのはどんなことなのかを知ること。とにかく、知らなければ始まらないのだ。
「しかも教えて下さいじゃあなくて、こちらから知るようにすることだ。自分で動く、聞く。ここ、重要ね」

 自分で考えて行動すること。しかも、その行動が誰かの役に立つこと。そうしなければ誰からも応援してもらえないんですね。

 当たり前のことなのかもしれませんが、これが自分の仕事だと考えると…。これまでダークなイメージしかなかった政治の世界が少し違った色で見えてきますね。

案件の一『五色の猫』

 大堂のもとに寄せられた難事件。飼い猫の毛の色が突然変わるので、その原因を調べて欲しいという有権者からの要望でした。しかし、実際に相談者の家に行ってみると…。

 猫の話が親子関係の物語へと発展。親子関係の問題って難しいですよね。しかし、この難しい問題を見事解決するのが政治家の役目!?聖の解決方法が見事でした。

案件の二 『白い背広』

 本当は嫌味ったらしいのに主婦に大人気の加納議員。弟の私立高校進学と引き換えに加納議員の手伝いをすることになった聖は、今回も難事件を押し付けられます。それは、加納議員の後援会幹部のひとりが殴られ、大騒ぎになっているのを収めることでした。次々と見つかる不可思議な出来事。全ての謎が解けるのか!?

 最後はあっけない結末ですが、全ての謎が回収されてスッキリする物語。聖と加納議員のやりとりが笑えます。

案件の三 『月下の青』

 新興宗教にハマった小島議員の秘書が、勝手に絵画を寄付したので取り返して欲しいとの要請が。美人なのにまったく料理ができない真紀秘書と共に聖が宗教団体に乗り込む!?

 何かあれば宗教団体にまで乗り込む必要があるんですね。政治家の仕事は本当に大変そうです。物語としては、聖と大堂のメールのやり取りが面白い。オチで笑えること間違いなし!?

案件の四 『商店街の赤信号』

 三ヶ月後の東京区議選に出馬予定の菊田議員。彼の応援に駆けつけた聖は、事務所に着いてすぐにファイルとヤカンをぶつけられます。それはボランティアに来ている夫婦の喧嘩に巻き込まれたから。

 夫婦喧嘩の原因は夫が隠れて甘いものを食べていたからなのですが、その証拠が見つかりません。いったい彼はどうやって間食しているのか!?

 力ある有権者であれば夫婦喧嘩も解決するのが政治家の仕事なんですね。しかも、夫も妻も共に納得できるカタチで解決すること。そのためには、表面的な悩みに惑わされずに、本質的な悩みを解決する必要があると教えてくれる物語でした。

案件の五 『親父とオヤジとピンクの便せん』

 聖のもとに十数年音信不通だった父親が突然現れます。しかもその後、弟の拓を連れて行方不明に。いったい拓達はどこへ行ったのか!?

 大堂の事務所にやって来たインターンシップの学生の話と共に、政治家に必要な力とは何か?が学べる物語です。学歴だけでは政治家として活躍できないんですね。

閉会 『選挙速報と小原和博』

 開会で聖が手伝いに行った小原選挙事務所のその後の話。

 選挙に当選する苦労と喜びが伝わってくる物語でした。政治家になるのは、想像している以上に大変なことなんですね。

 最後に

 政治家と聞くと「楽して金儲けをしている人たち」という印象がありますが、この小説を通してその印象が変わりました。

 作中の言葉を借りると、政治家に必要なのは、

気力、体力、時の運
 まさに私たちが仕事で求められているものと同じものが求められているんですよね。しかも、私たちよりも強く。

 というわけで、『アコギなのかリッパなのか』は政治の世界を身近に感じられるミステリー小説です。興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …