webstation plus

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)


 身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなのか』です。ミステリー好きな方は、ハマること間違いなし!?

 というわけで、今回は小説『アコギなのかリッパなのか』のあらすじと感想を紹介していきます。

 『アコギなのかリッパなのか』のあらすじと感想

開会『政治家事務所の一日』

 引退した大物政治家・大堂の事務所で雑用係をしている佐倉聖。彼は21歳という若さですが、その道のプロ。この物語では、都議会議員に立候補予定の小原の事務所に手伝いにやって来て、ボランティア達の指揮をとります。

 議員の仕事は想像しているほど楽じゃないというお話。なかでも次のセリフが心に残りました。

まず選挙民達が何を考え、求めているのはどんなことなのかを知ること。とにかく、知らなければ始まらないのだ。 「しかも教えて下さいじゃあなくて、こちらから知るようにすることだ。自分で動く、聞く。ここ、重要ね」

 自分で考えて行動すること。誰にとっても大切ですね。

案件の一『五色の猫』

 大堂のもとに寄せられた難事件。内容は、飼い猫の毛の色が時々変わるので、その原因を突き止めて欲しいというものでした。しかし、実際に相談者の家に行ってみると…。

 猫の話が親子関係の物語へと発展。親子関係って難しいですよね。

案件の二 『白い背広』

 本当は嫌味ったらしいのに主婦に大人気の加納議員。弟の私立高校進学と引き換えに加納議員の手伝いをすることになった聖は、今回も難事件を押し付けられます。それは、加納議員の後援会幹部のひとりが殴られ、大騒ぎになっているのを収めることでした。

 次々と見つかる不可思議な出来事。全ての謎が解けるのか!?

 最後はあっけない結末ですが、全ての謎が回収されてスッキリする物語。聖と加納議員のやりとりが笑えます。

案件の三 『月下の青』

 新興宗教にハマった小島議員の秘書が、勝手に小島議員の絵を寄付したので取り返して欲しいとの要請が。美人なのにまったく料理ができない真紀秘書と共に聖が宗教団体に乗り込む!?

 聖と大堂がメールでやり取りをするのですが、そのやり取りが面白い。オチで笑えます。

案件の四 『商店街の赤信号』

 三ヶ月後の東京区議選に出馬予定の菊田議員。彼の応援に駆けつけた聖は、事務所に着いてすぐにファイルとヤカンをぶつけられます。それはボランティアに来ている夫婦の喧嘩に巻き込まれたから。

 夫婦喧嘩の原因は夫が隠れて甘いものを食べていたからなのですが、その証拠が見つかりません。いったい彼はどうやって間食しているのか!?

 ダイエットの話から商店街の未来へと繋がっていく物語。アイデアはどこにでも転がっていると思えるお話でした。

案件の五 『親父とオヤジとピンクの便せん』

 聖のもとに十数年音信不通だった父親が突然現れます。しかもその後、弟の拓を連れて行方不明に。いったい拓達はどこへ行ったのか!?

 大堂の事務所にやって来たインターンシップの話と共に、生きていくために必要な力とは何か?が学べる物語です。学歴だけでは生きてはいけないってことですね。

閉会 『選挙速報と小原和博』

 開会で聖が手伝いに行った小原選挙事務所のその後の話。

 選挙に当選することの大変さと喜びがよくわかる物語でした。政治家になるのは、ものすごく大変なことなんですね。

 最後に

 政治家と聞くと「楽して金儲けをしている人たち」という印象がありますが、この小説を通してその印象が大きく変わりました。

 政治家に必要なのは、

気力、体力、時の運
まさに私たちが仕事で求められているものと同じものが求められているんですよね。

 というわけで、『アコギなのかリッパなのか』は政治の世界を身近に感じられる物語です。興味を持たれた方は是非!

 関連記事

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

『All You Need Is Kill』は短いのに内容がギッシリ詰まったSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。ずっと前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

理不尽な出来事もいつかは終わる/『首折り男のための協奏曲』

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕の …

『フィッシュストーリー』は黒澤が大活躍する中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が大活躍する『サクリファイス』『ポテチ』などの四作品を集めた中編集です。  今回は『フィッシュストー …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …