webstation plus

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)


 人とのつながりを大切にしていますか。

 仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。

 むしろ忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分を客観的にみつめたり、人の頑張りに励まされたりすることが大切です。

 そんな想いにさせてくれたのが柚木麻子さんの小説『ランチのアッコちゃん』。今回は『ランチのアッコちゃん』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ランチのアッコちゃん』のあらすじ(『ランチのアッコちゃん』)

 澤田三智子は、生きている理由を見失いました。「なんで生きているんだろう」と自分自身に問いかけるほど。

 それもそのはずです。昨夜、4年間お付き合いをしていた恋人にフラれたからです。

「お前ってNOが言えないっていうより、YESしか言えないんじゃねぇの?」

 と他人の要求に従ってばかりいる性格に愛想をつかされました。

 しかも、三智子には友達がいませんでした。再婚相手と幸せに暮らしている母のもとに帰るわけにもいきません。残念ながら会社からも必要とされているように思えませんでした。

 そんなどん底の三智子に声をかけたのが黒川敦子部長ことアッコちゃん。アッコは三智子に「一週間ランチを取り替えっこしよう」と提案します。

 はじめは面倒なことになったと泣きそうになっていた三智子でしたが――。

 本が読みたい、運動がしたい、もっと仕事に励みたい!?など今すぐ行動したくなる物語です。

 『ランチのアッコちゃん』のおすすめポイント

1. 児童書を読み返したくなる

 『ランチのアッコちゃん』には多数の児童書が登場します。

 たとえば、『大きな森の小さな家』『大草原の小さな家』『プリム・クリークの土手で』。

 他にも『やかまし村』『ロッタちゃん』『長くつ下のピッピ』といった懐かしい児童書が紹介されています。

 『本屋さんのダイアナ』でも多くの児童書が紹介されていたので、著者の柚月さんは児童書が好きなのかもしれませんね。

 とはいえ、児童書を読むのはなんだか恥ずかしいですよね。そんな私たちに柚木さんは、

いいと思いますよ。大人が児童書読んだって。面白いものは、いくつで読んでも面白いでしょ

 と言われています。物語では、その言葉を受けとった三智子が本を読む決意をするのですが、それがきっかけで彼女の人生は大きく変わりました。「好きなことをしたい!」と思うと、エネルギーが溢れてくるからでしょうか。

 とにかく、そんな彼女の姿をみていると、今すぐ懐かしい児童書を読み返したくなるんですよね。

 これまで読書に興味がなかった方も、この機会に児童書に触れてみてはどうでしょうか。

2.仕事に打ち込みたくなる

 先ほど好きなことをするとエネルギーが溢れてくると書きましたが、他にもエネルギーが湧いてくる方法があります。

 それは頑張っている人に接すること。

 第ニ話『夜食のアッコちゃん』では、アッコと三智子が夜食を宅配するのですが、そこに登場する人たちの頑張りに励まされます。

 たとえば、新聞社に勤める整理記者。彼らはニュース記事が届く午後8時から本格的に仕事を始め、翌日の午前2時頃まで時間と戦いながら必死で働いています。

 救急病棟で働く看護師さんもそうです。急患で持ち場を離れる暇がないため、飲まず食わずで働いています。

 もちろんアッコもそうです。夜食を宅配するために夜も寝ずに働いています。

 そんな夜遅くまで頑張る人たちの姿をみていると、自分も仕事に向き合おうと自然と思えるんですよね。

 彼らの頑張りに励まされる物語です。

3. 人間関係を大切にしたくなる

 『ランチのアッコちゃん』は全四話で構成された短編集です。どれも人とのつながりを通じて問題を解決していく物語なので、人間関係を大切にしたくなるんですよね。

 たとえば、三智子はアッコの頑張りに励まされてどん底から這い上がりました。

 アッコは、部長として仕事に励むだけでなく、ホノルルマラソンに挑戦しようと昼休みに走ったり、読書をしたり、カレー屋の手伝いをしたりと大忙し。

 会社が倒産してからは、ポトフを宅配する会社を立ち上げて奮闘します。

 他にも夜遊びをする女子高生を更生しようと必死で生徒を追いかける先生やダメ社員というレッテルを貼られても新規事業の立ち上げに挑戦する若手社員など、本気で何かに挑戦している人たちが多数登場します。

 そんな頑張っている人たちとの出会いは、私たちに大きな影響を与えないはずがありません。

 だからこそ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分を客観的にみつめたり、人の頑張りに励まされたりすることが大切なんですね。

 いつかは自分も励ます側にまわりたいと思える物語です。

 最後に

 柚木麻子さんの小説『ランチのアッコちゃん』。読めば、本が読みたい、運動がしたい、もっと仕事に励みたい!?など今すぐ行動したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …