webstation plus

 人とのつながりを大切にしていますか。

 私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。

 むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分を客観的にみつめたり、まわりにいる人たちの頑張りに励まされたりすることが大切なんですよね。

 そんな想いにさせてくれた小説が柚木麻子さんの『ランチのアッコちゃん』。アッコの言動に励まされる物語です。

 物語の主人公は和田アキ子を彷彿させる女性

 物語は、澤田三智子が4年間お付き合いをしていた恋人にフラれて凹んでいるところから始まります。

 彼女は、恋人にフラれたことで、生きる理由を見失いました。「なんで生きているんだろう…」と自分自身に問いかけるほどに。

 もちろん、それほど落ち込んだのには理由がありました。

「お前ってNOが言えないっていうより、YESしか言えないんじゃねぇの?」

 と、他人の要求に従ってばかりいる性格に愛想をつかされたからです。しかも、そんな八方美人な性格なのに、誰からも必要とされているように思えませんでした。

 三智子には、友達と呼べる人が誰もおらず、再婚相手と幸せに暮らしている母のもとに帰るわけにもいきません。残念ながら会社からも必要とされていませんでした。

 そんなどん底の三智子に声をかけてくれたのが、物語の主人公である黒川敦子部長ことアッコちゃん。和田アキ子を彷彿させる彼女は、「一週間ランチを取り替えっこしよう」と提案します。

 三智子の手作り弁当をアッコが食べる代わりに、アッコが指定する場所で外食しなさいと言うのです。その理由は…。

 外の世界を眺めれば励まされることばかり

 外の世界を眺めれば、「頑張ろう!」と思えることが山ほどあるからです。

 たとえば、児童書もその一つ。三智子は、大人になってから読まなくなった児童書に触れることで、読書の喜びを思い出しました。

 『大きな森の小さな家』や『大草原の小さな家』、『プリム・クリークの土手で』など、幼い頃に読んだ本に再び触れることで、生きるエネルギーが湧き上がってきます。

 それだけでなく、人生が大きく変わる出会いにも恵まれました。

 さらに、夜遅くまで新聞社で働いている整理記者や、救急病棟で働く看護師、夜も眠らずに働くアッコたちと接することで、仕事にも真剣に向き合おうと考えるようになるんですよね。

 つまり、凹んでいるときや悩み苦しんでいるときほど、自分の小さな世界に閉じこもるのではなく、外に目を向けることが大切なのです。

 だからこそ…。

 人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にする必要があります。

 とはいえ、誰とでもつながっていれば良いわけではありません。アッコのように前向きに人生を生きている人とのつながりが必要です。

 アッコは、会社で部長職を全うするだけでなく、ホノルルマラソンに挑戦したり、読書をしたり、カレー屋を手伝ったりと、精力的に行動していました。

 さらに、会社が倒産してからは、ポトフを宅配する会社を立ち上げて奮闘しています。

 そんな頑張り屋さんのアッコとのつながりがあったからこそ、三智子は元気になれたんですよね。慰めあうだけのつながりでは、前を向いて生きていくエネルギーは絶対に手に入りません。

 ◆

 柚木麻子さんの小説『ランチのアッコちゃん』。読めば、本が読みたくなったり、運動したくなったり、もっと仕事に励みたくなるなど、今すぐ何かに挑戦したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気を持って生きていますか?  ここで言う勇気とは、勉強や仕事、家事・育児など、目の前のやるべきことに挑戦する勇気のことです。  もし、そんな勇気を持っていないなら、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んでみてはどうでし …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …