webstation plus

child_03

 絵本の読み聞かせをしていますか。

 多くの子育て本にも書かれているように、絵本の読み聞かせには学力を高める効果があります。

 そこで今回は、本『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』を参考に、読み聞かせの効果と、本書で紹介されていたおすすめの絵本145冊を紹介します。

 東大生の親が共通して行っていたものとは?

 東大生の親に行ったあるアンケートによると、共通して子どもの頃にさせていたのは「絵本の読み聞かせ」でした。

 林修先生も子どもの頃に絵本の読み聞かせをしてもらったひとり。林先生は幼い頃、祖父に紙芝居『みにくいアヒルの子』を買ってもらい、何度も読み聞かせてもらったそうです。

 そうしているうちに、一字一句全てを暗記し、自分でも読めるまでに。この経験が自分を読書好きにし、小学校入学前に日本語力の基礎を定着させ、脳のスペックを大きくしてくれたと林先生は言われています。

 絵本の読み聞かせをきっかけに、本の世界に入っていけば、語彙力や文章理解力、思考力、集中力、表現力など、学力向上に欠かせない力が養われます。林先生のように学力を高めたいのなら、絵本の読み聞かせが効果的です。

 勉強できるかどうかは日本語力で決まる

 では、なぜ絵本の読み聞かせが学力向上に関係するのでしょうか。それは、何を学ぶにしても日本語力が必要になるからです。

 算数の文章問題を解くにも、社会や理科を学ぶにも、自分の考えをまとめて発表するにも日本語力が必要ですよね。

 実際、中学二年生で漢字どころかひらがなも書けない生徒が、『徒然草』の音読をくり返した結果、クラスでビリから2番目だった成績が5段階評価の「3」まで上がったという事例もあります。

 幼い頃から絵本を読み聞かせれば、耳から日本語のリズムが注入できます。ぜひ、絵本の読み聞かせを通して、日本語力を育んであげましょう。

 子どもを本好きに育てるには?

 絵本の読み聞かせをするには、子どもに本好きになってもらう必要があります。では、どうすれば子どもを本好きに育てられるのでしょうか。

 ひとつは本がいっぱいある環境を整えること。ユダヤ系の人たちが優秀なのは、子どもの頃から「本をいっぱいあげよう」「本棚を本でいっぱいにしよう」と本好きになる環境を整えているからだそうです。

 リビングに本がいっぱいある環境で育つと、子どもの知的好奇心が刺激され、自然と読書の世界に入っていけます。「させる」「与える」ではなく、自然とそうなるように「引き出す」のがポイント。

 他にも親自身が読書に夢中になるのも効果的。子どもだけでなく私たち親も読書に挑戦していきましょう。(※以下のエントリでも親が実践することの大切さを紹介しています。)

 おすすめの絵本145冊

 では、本書に紹介されていたおすすめの絵本を紹介していきます。私も子どもたちに読み聞かせたら、感想を更新していきますね。

1、2歳から

赤ちゃんの頃から読み聞かせできる絵本。物語性は最小限に、短い文の中にギュッと言葉が凝縮されている。そのため、とても練り込まれていて、リズムやゴロの良い文が多く、上の年齢の子が覚えて暗唱するのにも最適。同じ本をくり返し読んであげよう。

3、4歳から

もっとも種類が豊富。ページも文字も少なめで、ストーリーもシンプルなので、音に集中できる。5、6歳はもちろんのこと、小学生でも楽しめる作品ばかり。自分で読むスタートにも。好みも出てくる年頃、一緒に眺めて子どもに選ばせるといい。

5、6歳から

文章が長く、話の内容も小学生が主人公だったりする、大きい子向けの絵本。読み聞かせで集中力を鍛えられる。もちろん下の年齢の子でも、興味を持ったら読んであげたい。この段階の本が難しそうだったら、「3、4歳から」に戻ってみる。

【文学】幼年童話

絵本から児童書の橋渡しになる本。絵本より挿絵は少なめだが、児童書よりは文章が少なく活字も大きくて、読みやすい。小学校低学年の子に最適。短編集が多いので、読み聞かせをしてあげるのもオススメ。

【文学】児童書

小学校中学年くらいからに最適の本。子ども向けに平易な文章のものから、大人でも読み応えのある本格的な文章のものまで様々。冒険物からファンタジー、ミステリーまで、好きなジャンルからどんどん読んでいきたい。

【文学】名作シリーズ

古今東西の名作と呼ばれる作品を集めたシリーズ。世界文学であれば、たいてい子ども向けに平易な文章でダイジェスト的にまとめ直されている。それが後々、原作を読むハードルを低くしてくれる。シリーズすべてを読破したら相当の名作通に。

【知識】自然

虫や植物、天体、地球のしくみまで、自然に関する本。小学生向けには写真やイラストを多用した、絵本的なものが多い。眺めるだけでも楽しい。なかでも図鑑は、知識の宝庫。決して高価ではないので、いつでも本棚から取り出せるよう、買い揃えたい。

【知識】数学・科学

算数や理科の教科につながるジャンル。すぐれた絵本が多く、絵を楽しみながら数学的、科学的な考え方を体感できる。理数系が苦手な子にもオススメ。

【知識】社会

社会科(生活科)につながるジャンル。世の中の仕組みを、イラストや図解でわかりやすく教えてくれるものが多い。社会の常識を今のうちに知っておくことも大切。その他、地図帳も家に置いておきたい。

【知識】歴史

小学生の歴史入門は「偉人伝」から。偉人伝にはその人物の歴史的背景がそのまま載っている。物語として読み通すことで、ムリなく歴史が頭に入る。また、偉人の生き方を知ることは、倫理観も育んでくれる。

【知識】遊び

探し絵本や迷路本など、楽しく遊べる本。小学校に上がる前から楽しめる。遊びながら、記憶力や集中力、自由な発想を鍛えられる。外出時に1冊持っていけば、十分時間をつぶせるので親は助かる。

 最後に

 絵本の読み聞かせは子どもの将来の学力に大きな影響を与えます。気になる絵本があれば、ぜひ読み聞かせてあげてください。

 あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

子どもに読ませたい!東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30

 2017年10月9日放送の「Qさま!!」で発表された「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」。  私は国語の教科書でしか読んだことのない本ばかりでしたが、「この機会に改めて読んでみよう」&「子どもたちにも読んで …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めて …

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 子どもを叱ってはいけないと頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところで、 …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう/個性を伸ばす子育て法

 子どもへの最高の褒め言葉とは何でしょうか。  私は「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」だと思っていたのですが――名作童話『ぐりとぐら』の作者である中川李枝子さんは、そうではないといいます。「子どもらしい子ども」 …