子供の学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

子育て

子供に絵本の読み聞かせをしていますか?

私の家では、毎晩寝る前に絵本の読み聞かせをしています。その効果もあって、子供たちは1学年以上先の勉強まで勝手にやっています。

一方で、まわりを見渡してみると、幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をしている子供たちが増えています。

しかし、何よりも大切なのは絵本の読み聞かせをすることなんですよね。なぜなら…。

スポンサーリンク

勉強ができるかどうかは国語力で決まる!?

勉強ができるかどうかは国語力で決まるからです。

算数の文章問題を解くにも、社会や理科を学ぶにも、自分の考えをまとめて発表するにも国語力が必要ですよね。

実際、中学二年生で漢字どころかひらがなも書けない生徒が、『徒然草』の音読をくり返した結果、クラスでビリから2番目だった成績が5段階評価の「3」まで上がったという事例もあります。

私の子供たちが1学年先の勉強まで出来るようになったのも、絵本の読み聞かせのおかげなのかもしれません。

もちろん、他にも「絵本の読み聞かせには学習能力を伸ばす効果がある」という事例は山ほどあります。

たとえば…。

スポンサーリンク

東大生の親は共通して絵本の読み聞かせをしていた!?

東大生の親に行ったあるアンケートによると、多くの親が幼い頃から子供に「絵本の読み聞かせ」をしていたことがわかりました。

「今でしょ!?」でおなじみの林修先生もそのひとり。

林先生は幼い頃、祖父に紙芝居『みにくいアヒルの子』を買ってもらい、何度も読み聞かせてもらったそうです。

そうしているうちに、一字一句すべてを暗記し、自分でも読めるようになりました。

「この経験が自分を読書好きにし、小学校入学前に日本語力の基礎を定着させ、脳のスペックを大きくしてくれた」

と林先生は言われています。

その後、本好きになった林先生は、百科事典に興味を持ち、小学校に通うようになると歴史に関心を持つようになりました。

知らないことは本や辞書で調べ、「歴史新聞」を手書きするようになったそうです。

このように、絵本の読み聞かせには、勉強の世界に自然と入っていける効果があります。林先生のように好きな分野が見つかれば、遊び感覚で学力を高めることもできるでしょう。

だからこそ、まずは何よりも絵本の読み聞かせをすることが大切なんですよね。

ちなみに、この前のエントリで紹介した天才児・大川翔くんのお母さんも、絵本の読み聞かせが大切だと言われています。

誰でも天才児に育てられる!?子供の地頭を良くする3つの方法
子供の地頭を鍛えていますか? 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが…。 実は、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれ...
スポンサーリンク

どのような絵本を読み聞かせればいいの?

では、どのような絵本を読み聞かせればいいのでしょうか。

結論から言うと、次の5つの特徴をもつ絵本が望ましいそうです。

  1. 耳で聞くだけでわかる
  2. 一音一音読んでも乱れない
  3. そのまま覚えたくなってしまうようなリズムがある
  4. ゆっくり読んでも意味が通じる
  5. 黙読してもためになる

子供たちは、日本語を音として認識できるようになると、音を頼りに文字を追いかけます。そうなると、文字を教えなくても、自然と文字が読めるようになります。

このとき大切なのが、先ほど紹介した5つの特徴をもつ絵本を読み聞かせることです。

耳から注入した音と文字が結びつきやすい絵本を読み聞かせることが望ましいんですよね。

というわけで、ここからは『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』でおすすめされていた絵本を145冊紹介していきます。

ぜひ、絵本選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 1、2歳から

赤ちゃんの頃から読み聞かせできる絵本。物語性は最小限に、短い文の中にギュッと言葉が凝縮されている。そのため、とても練り込まれていて、リズムやゴロの良い文が多く、上の年齢の子が覚えて暗唱するのにも最適。同じ本をくり返し読んであげよう。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 3、4歳から

もっとも種類が豊富。ページも文字も少なめで、ストーリーもシンプルなので、音に集中できる。5、6歳はもちろんのこと、小学生でも楽しめる作品ばかり。自分で読むスタートにも。好みも出てくる年頃、一緒に眺めて子どもに選ばせるといい。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 5、6歳から

文章が長く、話の内容も小学生が主人公だったりする、大きい子向けの絵本。読み聞かせで集中力を鍛えられる。もちろん下の年齢の子でも、興味を持ったら読んであげたい。この段階の本が難しそうだったら、「3、4歳から」に戻ってみる。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【文学】幼年童話

絵本から児童書の橋渡しになる本。絵本より挿絵は少なめだが、児童書よりは文章が少なく活字も大きくて、読みやすい。小学校低学年の子に最適。短編集が多いので、読み聞かせをしてあげるのもオススメ。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【文学】児童書

小学校中学年くらいからに最適の本。子ども向けに平易な文章のものから、大人でも読み応えのある本格的な文章のものまで様々。冒険物からファンタジー、ミステリーまで、好きなジャンルからどんどん読んでいきたい。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【文学】名作シリーズ

古今東西の名作と呼ばれる作品を集めたシリーズ。世界文学であれば、たいてい子ども向けに平易な文章でダイジェスト的にまとめ直されている。それが後々、原作を読むハードルを低くしてくれる。シリーズすべてを読破したら相当の名作通に。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【知識】自然

虫や植物、天体、地球のしくみまで、自然に関する本。小学生向けには写真やイラストを多用した、絵本的なものが多い。眺めるだけでも楽しい。なかでも図鑑は、知識の宝庫。決して高価ではないので、いつでも本棚から取り出せるよう、買い揃えたい。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【知識】数学・科学

算数や理科の教科につながるジャンル。すぐれた絵本が多く、絵を楽しみながら数学的、科学的な考え方を体感できる。理数系が苦手な子にもオススメ。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【知識】社会

社会科(生活科)につながるジャンル。世の中の仕組みを、イラストや図解でわかりやすく教えてくれるものが多い。社会の常識を今のうちに知っておくことも大切。その他、地図帳も家に置いておきたい。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【知識】歴史

小学生の歴史入門は「偉人伝」から。偉人伝にはその人物の歴史的背景がそのまま載っている。物語として読み通すことで、ムリなく歴史が頭に入る。また、偉人の生き方を知ることは、倫理観も育んでくれる。

スポンサーリンク

おすすめ絵本 【知識】遊び

探し絵本や迷路本など、楽しく遊べる本。小学校に上がる前から楽しめる。遊びながら、記憶力や集中力、自由な発想を鍛えられる。外出時に1冊持っていけば、十分時間をつぶせるので親は助かる。

スポンサーリンク

最後に

絵本の読み聞かせは、子供の将来の学力に大きな影響を与えます。そのため、私も引き続き絵本の読み聞かせを続けていきたいと思います。

もし、気になる絵本があれば、ぜひ読み聞かせてあげてください。

コメント