webstation plus

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。

 それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。

 平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、どちらなんだろう…と考えるようになりましたが、難しい問題ですね。

 偽りの過去を信じて結婚した女性の物語

 では、あらすじから。

 物語は、文房具屋で働く谷口里枝の夫・大佑が仕事中に事故死したところから始まります。

 大佑は群馬県の伊香保温泉にある旅館の次男坊で、兄が跡を継ぐつもりでしたが、グレて母の手を焼かせたので、大佑が継ぐことになりました。

 しかし、大佑の両親は、それでも兄に期待していました。兄が事業に失敗して多額の借金を抱えて帰ってきても、何も言わずに受け入れます。それだけでなく、兄に跡を継がせると言い出したのです。

 さらに、父が肝臓ガンになったときも、兄ではなく大佑に臓器移植をしてほしいと言ってきます。

 大佑はその申し出も受け入れましたが、「ありがとう」の一言もありませんでした。

 そこで大佑は、家族との縁を切り、知らない土地にやってきて、文房具屋の里枝と結婚して幸せな家庭を築いたのですが…。

 実は、これらの過去はすべて偽りでした。彼は、谷口大佑という名前でさえなかったのです。

 妻と倦怠期を迎えた弁護士が調査に乗り出す

 そこで里枝は、以前お世話になった弁護士の城戸に相談します。

 城戸は家庭を持つ中年でしたが、妻との関係がうまくいかず、倦怠期を過ごしていました。

 だからこそ城戸は、谷口大佑と名乗っていた人物がどのような人生を過ごしてきたのか気になって調査を始めるんですよね。

 城戸もこれまでとは違う人生を歩みたいと心のどこかで思っていたからです。

 こうして調査を始めることになった城戸は、里枝の感情について、繰り返し考えるようになりました。彼女が愛していたのは、谷口大佑と名乗っていた人物の過去なのか、それとも実際に彼と過ごした時間なのか…。

 また、過去がすべて偽りであれば、これまで愛してきた感情も、すべて偽りになるのだろうかと考えるようになります。

 このように考えるようになったのは、城戸が在日韓国人だったことも関係していました。

 自分は日本人だと思っていても、ヘイストスピーチやSNSでの心無い発言をみていると、誰もが今の自分ではなく過去の自分を見ているように思えてきます。

 在日というだけで、なぜこんな思いをしないといけないのか?とやるせない気持ちになることが多かったからです。

 そんな城戸がたどり着いた答えは…。

 過去よりも大切なのは今

 過去よりも大切なのは今だと言うことです。

 なぜ、彼がこの答えにたどり着いたのかは実際に本書を読んでもらうとして、どれだけ過去に問題があったとしても、大切なのは今目の前にある事実です。

 そんな思いにさせてくれた小説が平野啓一郎さんの『ある男』。過去ではなく今を生きようと思える物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖6』感想/自分の欲望を満たすために他人を犠牲にできますか?

 自分の欲望を満たすために他人を犠牲にできますか?  私はそれほど欲望がないので他人を犠牲にできませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖6』に登場する多くの人たちは自分の欲望のために行動していました。  それ …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』は人のために生きるのも悪くないかもしれないと思える物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  私はできるだけまわりの人たちと一緒に良くなる行動をとっているつもりですが、自分だけ幸せになれれば、他人はどうなったって構わない…と考えている人も多いように思います。  そんな …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

伊坂幸太郎『PK』感想/臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 勇気を振り絞って生きていますか?  私はできるだけ勇気を振り絞りながら生きているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『PK』を読んで、臆病も勇気も伝染することに気づきました。  そのため、今よりも勇気を振り絞って生きてい …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

伊坂幸太郎『SOSの猿』は複数の視点をもつクセがないと簡単に洗脳されてしまうことがわかる物語

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?  私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強 …

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋したくなる恋愛ミステリー小説

 最近、誰かに恋していますか?  私は結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋していますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」と思いました。  それだけでなく、本 …

小野寺史宜『縁』感想/魔が差しても止めてくれる人はいますか?

 生きていると魔が差すような出来事ってありますよね。  そんなとき、その誘惑に負けずにいられるかどうかは、周りにいる人たちの影響も大きいように思います。  小野寺史宜さんの小説『縁』を読んで、魔が差しても止めてくれる人が …

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』はコメディとしても楽しめるサスペンス小説

 サスペンスはお好きですか?  私はサスペンスと聞くとシリアスなイメージを思い浮かべますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はシリアスとはかけ離れていました。  前作同様に、シリアスなシーンでもギャング …