webstation plus

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。

 それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。

 平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、どちらなんだろう…と考えるようになりましたが、難しい問題ですね。

 偽りの過去を信じて結婚した女性

 物語は、文房具屋で働く谷口里枝の夫・大佑が仕事中に事故死したところから始まります。

 大佑は群馬県の伊香保温泉にある旅館の次男坊で、兄が跡を継ぐつもりでしたが、グレて母の手を焼かせたので、大佑が継ぐことになりました。

 しかし、大佑の両親は、それでも兄に期待をしていました。兄が事業に失敗して多額の借金を抱えて帰ってきても、受け入れます。それだけでなく、兄に跡を継がせると言い出したのです。

 さらに、父が肝臓ガンになったときも、兄ではなく大佑に臓器移植をしてほしいと言ってきました。

 大佑はその申し出も受け入れましたが、「ありがとう」の一言もありませんでした。

 そこで大佑は、家族との縁を切り、知らない土地にやってきて、文房具屋の里枝と結婚して幸せな家庭を築いたのですが…。

 実は、これらの過去はすべて偽りだったのです。彼は、谷口大佑という名前でさえありませんでした。

 妻と倦怠期を迎えた弁護士が調査に乗り出す

 そこで里枝は、以前世話になった弁護士の城戸に相談します。

 城戸は家庭を持つ中年でしたが、妻との関係がうまくいかず、倦怠期を過ごしていました。

 だからこそ城戸は、谷口大佑と名乗っていた人物がどのような人生を過ごしてきたのか気になって調査を始めるんですよね。

 自分も違う人生を歩みたいと心のどこかで思っていたからです。

 調査を始めた城戸は、里枝の感情について、繰り返し考えるようになりました。彼女が愛していたのは、谷口大佑と名乗っていた人物の過去なのか、それとも実際に彼と過ごした時間なのか。

 また、過去がすべて偽りであれば、これまで愛してきた感情も、すべて偽りになるのだろうかと考えるようになります。

 このように考えるようになったのは、城戸が在日韓国人だったことも関係していました。

 自分は日本人だと思っていても、ヘイストスピーチやSNSでの心無い発言をみていると、なぜこんな思いをしないといけないのか?とやるせない気持ちになったからです。

 そんな城戸がたどり着いた答えは…。

 過去よりも大切なのは今

 過去よりも大切なのは今だと言うことです。

 なぜ、彼がこの答えにたどり着いたのかは実際に本書を読んでもらうとして、どれだけ過去に問題があったとしても、大切なのは今目の前にある事実です。

 そんな思いにさせてくれた小説が平野啓一郎さんの『ある男』。過去ではなく今を生きようと思える物語です。

 関連記事

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

村山早紀『星をつなぐ手』は今すぐ本屋さんで本を買いたくなる物語

 本屋さんで本を買っていますか?  私はネットで買ったり、図書館で借りたりすることが多いのですが、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』を読んで、これからは出来るだけ本屋さんで買おうと思いました。  一人でも多くの人が本屋さ …

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …