webstation plus

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。

 それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。

 平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、どちらなんだろう…と考えるようになりましたが、難しい問題ですね。

 偽りの過去を信じて結婚した女性

 物語は、文房具屋で働く谷口里枝の夫・大佑が仕事中に事故死したところから始まります。

 大佑は群馬県の伊香保温泉にある旅館の次男坊で、兄が跡を継ぐつもりでしたが、グレて母の手を焼かせたので、大佑が継ぐことになりました。

 しかし、大佑の両親は、それでも兄に期待をしていました。兄が事業に失敗して多額の借金を抱えて帰ってきても、受け入れます。それだけでなく、兄に跡を継がせると言い出したのです。

 さらに、父が肝臓ガンになったときも、兄ではなく大佑に臓器移植をしてほしいと言ってきました。

 大佑はその申し出も受け入れましたが、「ありがとう」の一言もありませんでした。

 そこで大佑は、家族との縁を切り、知らない土地にやってきて、文房具屋の里枝と結婚して幸せな家庭を築いたのですが…。

 実は、これらの過去はすべて偽りだったのです。彼は、谷口大佑という名前でさえありませんでした。

 妻と倦怠期を迎えた弁護士が調査に乗り出す

 そこで里枝は、以前世話になった弁護士の城戸に相談します。

 城戸は家庭を持つ中年でしたが、妻との関係がうまくいかず、倦怠期を過ごしていました。

 だからこそ城戸は、谷口大佑と名乗っていた人物がどのような人生を過ごしてきたのか気になって調査を始めるんですよね。

 自分も違う人生を歩みたいと心のどこかで思っていたからです。

 調査を始めた城戸は、里枝の感情について、繰り返し考えるようになりました。彼女が愛していたのは、谷口大佑と名乗っていた人物の過去なのか、それとも実際に彼と過ごした時間なのか。

 また、過去がすべて偽りであれば、これまで愛してきた感情も、すべて偽りになるのだろうかと考えるようになります。

 このように考えるようになったのは、城戸が在日韓国人だったことも関係していました。

 自分は日本人だと思っていても、ヘイストスピーチやSNSでの心無い発言をみていると、なぜこんな思いをしないといけないのか?とやるせない気持ちになったからです。

 そんな城戸がたどり着いた答えは…。

 過去よりも大切なのは今

 過去よりも大切なのは今だと言うことです。

 なぜ、彼がこの答えにたどり着いたのかは実際に本書を読んでもらうとして、どれだけ過去に問題があったとしても、大切なのは今目の前にある事実です。

 そんな思いにさせてくれた小説が平野啓一郎さんの『ある男』。過去ではなく今を生きようと思える物語です。

 関連記事

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …