webstation plus

child_12

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?

 『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。

 親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」な気持ちで子どもと接していると、子どもの中に「僕はこの世界で受け入れられている」「私という存在はOKなんだ」という感覚、すなわち「自己肯定感」が育まれていくからだそうです。

 とはいえ、いつもラブ&ハッピーな気持ちでなんていられませんよね?

 夜中におしっこを垂れたり、プレゼントでもらったオモチャを踏んづけてすぐに壊してしまったり、話をしてもまったく聞いてなかったり…。そんな子どもの姿をみると、イライラしたり、ガミガミ言いたくなってしまいます。

 では、どうすればいいのでしょうか。結論から言えば、リフレッシュタイムを持つようにすることです。こちらの機嫌が悪くなりそうなときは、子どもと接するのをやめ、ちょっとしたストレス解消をするのです。たとえば:

  • 腹式呼吸をする
  • 車の中などで大声で叫ぶ
  • 紙にイライラを書き出す
  • アロマをかぐ
  • 新聞紙などの紙をちぎる
  • トイレにこもって漫画を読む、好きな音楽を聴く

 そうやって、5分程度のリフレッシュタイムを設ければ気持ちがスッキリし、子どもにも「ラブ」&「ハッピー」な気持ちで接することができるはず。

 それでも、どうしてもスッキリしないときは、「今日は子育てやーめた!」と割り切って、実家や民間の保育ルームに預けてしまうのもひとつでしょう。

 とにかく、親がスッキリした状態でいることが子どもの幸せにつながります。ぜひ、安定した気持ちで子どもと接するように心がけましょう。

 関連記事

【5歳の子どもと家遊び】考える力を育てるカードゲーム『UNO』

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出しまくっていたので、家で遊ぶことにしました。  とはいえ、せっかくのGWなので、「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている息子(5歳)のた …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

子どもの年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

子どもの能力は無限大!小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省するようになりました。子どもは私の想像以上に、成長していけるんで …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう/個性を伸ばす子育て法

 子どもへの最高の褒め言葉とは何でしょうか。  私は「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」だと思っていたのですが――名作童話『ぐりとぐら』の作者である中川李枝子さんは、そうではないといいます。「子どもらしい子ども」 …