webstation plus

child_12

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?

 『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。

 親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」な気持ちで子どもと接していると、子どもの中に「僕はこの世界で受け入れられている」「私という存在はOKなんだ」という感覚、すなわち「自己肯定感」が育まれていくからだそうです。

 とはいえ、いつもラブ&ハッピーな気持ちでなんていられませんよね?

 夜中におしっこを垂れたり、プレゼントでもらったオモチャを踏んづけてすぐに壊してしまったり、話をしてもまったく聞いてなかったり…。そんな子どもの姿をみると、イライラしたり、ガミガミ言いたくなってしまいます。

 では、どうすればいいのでしょうか。結論から言えば、リフレッシュタイムを持つようにすることです。こちらの機嫌が悪くなりそうなときは、子どもと接するのをやめ、ちょっとしたストレス解消をするのです。たとえば:

  • 腹式呼吸をする
  • 車の中などで大声で叫ぶ
  • 紙にイライラを書き出す
  • アロマをかぐ
  • 新聞紙などの紙をちぎる
  • トイレにこもって漫画を読む、好きな音楽を聴く

 そうやって、5分程度のリフレッシュタイムを設ければ気持ちがスッキリし、子どもにも「ラブ」&「ハッピー」な気持ちで接することができるはず。

 それでも、どうしてもスッキリしないときは、「今日は子育てやーめた!」と割り切って、実家や民間の保育ルームに預けてしまうのもひとつでしょう。

 とにかく、親がスッキリした状態でいることが子どもの幸せにつながります。ぜひ、安定した気持ちで子どもと接するように心がけましょう。

 関連記事

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …