町田その子『52ヘルツのクジラたち』は心の叫びを聞き取れる人間でありたいと思える物語

おすすめ小説

自分のことばかり考えていませんか?

私は他人のことも考えているつもりでしたが、自分のことで精一杯になり、あまり考えていないことに気づきました。

町田その子さんの小説『52ヘルツのクジラたち』を読んで、周りにいる人たちの心の叫びを聞き取れる強い人間でありたいと思えたんですよね。

本当の優しさを手に入れたいと思える物語です。

おすすめ度:4.5

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • 虐待について描かれた物語に興味がある人
  • 心の叫びを聞き取れる人間になりたいと思っている人
  • 感動できる物語が好きな人
  • 町田その子さんの小説が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:大分の田舎町に引っ越してきた女性の物語

物語の主人公は、大分県にある小さな海辺の町に引っ越してきた三島貴瑚(きこ)。

彼女は床の修繕をお願いした村中という業者から、「風俗やってたの?」と聞かれたので、思わず平手打ちをお見舞いしました。

しかし、彼の話をよくよく聞いてみると、この辺りに住む婆さんたちが、

貴瑚のことを「ヤクザに追われて東京から逃げ出してきた人間」だと噂していたので、否定するために確かめたのだと言います。

彼女はある出来事があってお腹に傷があり、あまりにも傷口が痛かったので、個人病院に行ったのですが、

その情報が老人たちの間でダダ漏れになっていたので、そんな噂話が広まっていたのです。

貴瑚は静かに暮らすためにここに引っ越してきたのに、土足で踏み込んでくる田舎町の連中に腹を立て、村中を置いて外に出かけます。

しかし、雨が降ってきたので、雨宿りをしたところ、ボサボサの髪をした少女のような中学生の少年と出会いました。

その少年は昔の貴瑚と同じように虐待を受けていることがわかります。そこで貴瑚は…。

という物語が楽しめる小説です。

スポンサーリンク

感想①:虐待を受けている子供を助けるのは難しい

あらすじでも紹介しましたが、貴瑚は両親から虐待を受けていました。

母は妾の子として生まれた自分のことが嫌いで、そんな自分を産んだ祖母のことを憎んでいました。

ところが、母も同じ境遇になります。貴瑚という真っ当じゃない子を産んだのです。

そのため、母は貴瑚に目も当てられないような厳しい仕打ちをするようになりました。

さらに、地場輸送会社の社長だった義父と結婚したことで、これまで以上にキツい虐待をするようになります。

たとえば、小学校四年生のときに担任の先生が、アイロンがけをしていないことを母に指摘したことがありました。

「もっと愛情を注いであげてください…」というメッセージが込められた言葉でしたが、母は家に帰ってから玄関で貴瑚を思いっきり殴りました。

恥をかかせるなと言うのです。

さらに、冬休みに入ってからは食事を満足に与えてもらえませんでした。

1日に1食、夕食にふりかけをかけた白飯を茶碗一杯渡され、それを来客用のトイレで食べなければいけませんでした。

新学期の前日にようやく食事をもらえるようになりましたが、「外でひとに心配をかけません」とノート一冊分、ぎっしりと書かされました。

具体的に何をすれば良いのか、何をしてはいけないのかまったくわかりませんでしたが、

貴瑚は虐待をされずに済むように、自らアイロンがけをするようになります。

その姿を見た担任は「よかったじゃん」と言ってきましたが、貴瑚は唾をかけたくなりました。

中途半端な善意のせいで、食事をもらえなくなり、これまで以上にキツい暴力を振るわれたからです。

中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』の感想で、無関心な大人たちの振る舞いがいじめを増長すると書きましたが、

いじめは心の弱い人たちが作り出した逃げ道!?いじめられたときの対処法
いじめが後を絶ちませんよね。 小学校や中学校でいじめられて自殺をする人も大勢いますが、今では社会人になっても、いじめられて自殺をする人がいます。 それだけいじめが大きな問題になっていますが、いじめをするような心の弱い人間を相手に...

この物語では、中途半端な善意は、何の助けにもならないだけでなく、かえって状況が悪化することを教えてくれます。

スポンサーリンク

感想②:虐待する側も闇を抱えている

とはいえ、貴瑚はアンさんというすべてを包み込んでくれる人と出会い、両親の虐待から救い出されました。

家から出て行こうとする貴瑚を責める母に対して、「そのうるさい口を閉じろよ、おばさん」と言って外の世界へと連れ出してくれたのです。

ところが、ある出来事がキッカケでアンさんはいなくなり、貴瑚はお腹に傷を負いました。

こうして貴瑚は何もかもが嫌になって、大分の田舎町にやってきたのですが、

そこで母親から虐待されているムシと呼ばれる少年と出会います。

彼は母から酷い仕打ちを受けており、声が出せなくなっていました。

身体中に痣ができており、お腹が空いて家にあったピザを食べただけでケチャップを頭からかけられたりしていたのです。

しかし、そうした虐待をする母親にも闇があったんですよね。

彼女は甘やかされて育てられてきたので、どうしようもない男に騙されて付き合うようになり、子供を身篭りました。

初めのうちはその男が帰ってくるのを心待ちに子育てに励んでいましたが、その男を迎えに愛人の家に行くと、殴られ蹴られて帰ってきたと言います。

それでもパートに子育てに励んでいたのですが、水商売を始めてチヤホヤされるようになってから変わりました。

偉そうに振る舞うようになり、子供に暴力を振るうようになったのです。

このような物語を読むと、虐待をしているのは、心に大きな闇を抱えているからだとわかります。

『他人を攻撃せずにはいられない人』の感想には、そういう人たちとは付き合わないに限ると書きましたが、

他人に支配されていませんか?/攻撃欲の強い人から逃れる方法
他人に支配されていませんか? 私は親にいつまでも反抗期だね…と言われるほど、他人に支配されるのが嫌な性格ですが、実際に他人に支配されてしまうと、いつまで経っても自分らしく生きることができません。 それだけでなく、無気力になったり...

攻撃的な人にも誰にも言えない悩みを抱えていることがわかる物語でした。

スポンサーリンク

感想③:心の叫びを受け止められる人間でありたいと思う

さて、この小説のタイトル『52ヘルツのクジラたち』には、心の叫びが誰にも届かない貴瑚やムシと呼ばれる少年の思いが込められています。

一般的なクジラは10から39ヘルツという高さで歌うのですが、52ヘルツという他のクジラには届かない高い周波数で歌うクジラがいるのです。

仲間が近くにいても、その歌声が誰にも届かないクジラがいるんですよね。

そんなクジラと同じように寂しい思いをしてきた貴瑚は、寂しくて死にそうなときに52ヘルツのクジラの声を聴くというのですが、

アンさんに助けられたのに、アンさんの歌声を聴くことが出来なかった彼女は、贖罪としてムシと呼ばれる少年を全力で助けようとします。

凪良ゆうさんの小説『流浪の月』でも、心の叫びを受け止める優しい人たちが苦悩する姿が描かれていましたが、

自分のことだけでなく、他人のことでも心を痛められる強い人間でありたいと思える物語でした。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、町田その子さんの小説『52ヘルツのクジラたち』のあらすじと感想を紹介してきました。

自分のことだけでなく、他人の悩みも受け止められる強い人間でありたいと思える物語です。

気になった方は、ぜひ実際に読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました