webstation plus

 100歳まで生きられる時代になりました。

 ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。

 つまり、60歳から65歳で定年を迎えたとしても、そこから30年以上も生きることになります。ところが、定年後も今の仕事が出来る人はほとんどいません。

 そこで大切になるのが、「自分はどういう生き方をすれば幸せを感じられるか」を理解していること。これまでのように定年後を余生として生きるには長すぎます。

 今回は、本:『人生後半の幸福論』を参考に、どうすれば50歳以降の人生を幸せに生きられるか考えてみたいと思います。

 人生後半を幸せに生きるために必要なのは?

 50代に入ると役職定年や配置転換、あるいは出向・転籍など、仕事における環境が変わります。

 家庭においても、子どもが進学や就職で親元を離れる年齢を迎え、一人暮らしを始めたり、結婚をしたり、それぞれの道を歩み始めます。夫婦の関係も変わるでしょう。

 自分自身の健康にも何らかの問題が出てきます。

 そんな環境の変化に振り回されず、人生を前向きに生きるにはどうすればいいのでしょうか。

 伊能忠敬は50歳から日本全国を歩いて測量し、実測に基づいた初めての日本地図を作成しました。「もう一度勉強し直したい!」と思って始めたことですが、いつの間にか大きな仕事になりました。

 それは寝ても覚めてもエネルギーを投入出来る対象を持ったからです。だからこそ、その後の人生が充実したのでしょう。

 つまり、50歳を過ぎてから必要なのは、エネルギーを注ぎ込める何かを持つこと。

 では、どうすればエネルギーを注ぎ込める何かを見つけられるのでしょうか。本書で紹介されている50のチェックリストから7つだけ紹介します。

 50歳以降の人生を精力的に楽しむためのチェックリスト

1. 最近、感動していますか?

 感動するというのは「心が動く」ことです。エネルギーを注ぎ込める何かを見つけるには、心が動いている必要があります。

 ところが人間は省エネしたくなる生き物。小説や映画でもあらすじを読むだけで満足することがありますが、それでは感動できませんよね。実際に読んだり観たりするからこそ心が動くのです。

 もし、最近感動していないようなら、主体的に物事に関わっていない証拠。省エネするのはやめ、主体的に行動しましょう。

2. ワクワクしていますか?

 エネルギーを注ぎ込める何かを見つけるにはワクワクを増やすことが大切です。

 その方法として、一つは好きなこと、楽しいことをやること。もう一つは、良いところ探しをすることです。

 ただ散歩をしているときと、何かいい写真を撮りたいと思って歩いているときでは見える景色が違いますよね。

 何をするにしても良いところを探そうとするとワクワクしてきます。漫然と行動するのではなく、良いところ探しをするようにしましょう。

3. 今の仕事をいつまで続けることができそうですか?

 定年ではなく、今の仕事をいつまで続けられるか考えてみてください。そこから先、どういう展開が想定され、どうしたいと思っていますか?

 会社が教えてくれるのは、「今後あなたはこうなりますよ」という情報だけです。自分の進退は自分で考えなければいけません。

 つまり、自分の頭でプランを練るだけでなく、主体的に行動する力、エネルギーが必要です。

 普段から感動やワクワクを少しでも増やし、定年する前には自分で考え行動できる力をつけておきたいですね。

4. 生涯現役を目指したいですか?

 長く仕事をするには、「心技体」すべてを健やかに保つ必要があります。

 「心」は気力、意欲、情熱。情熱を燃やさなければ、大きな仕事を成し遂げることはできません。

 「技」は技能、技術、スキル。熟練しているつもりでも、つねに学び、変化していかなければ、いずれ役に立たなくなってしまいます。

 「体」は体力や健康状態。体力がなければ仕事をするのが難しくなります。

 つまり、仕事をするにはこの3つをいかに健やかに保てるかがポイント。なかでも「どうしてもやりたい!」という情熱がなければ仕事を続けるのは難しいでしょう。

 もし、仕事に情熱が持てないなら、仕事以外でもかまいません。情熱を注ぎ込める何かを見つけましょう。

5. あなたの考えるやりがいのある仕事とは何ですか?

 とはいえ、情熱が注ぎ込める仕事や趣味が見つからない場合もあるでしょう。それは思い込みのせいかもしれません。

 そもそも、目の前にある仕事に「やりがいのある仕事」「やりがいのない仕事」という差があるわけではありません。

 どんな仕事でも「これはやりがいのない仕事」と決めつければ退屈なものになり、反対に「やりがいがある」と思って取り組めば、やりがいは出てきます。

 若い頃のように「人に認められる仕事」かどうかで判断するのではなく、目の前にある仕事に真剣に取り組み、気づきや学びを見出そうとすれば、やりがいのある仕事になるはずです。

 情熱が注ぎ込める何かがなければ、目の前の仕事に全力を尽くしましょう。

6. 「苦にならずにできること」はありますか?

 好きとまでは言えないけれど、苦にならずにやれることはありませんか?

 実はこれこそが、人生後半にふさわしい仕事。苦にならずにできることは「疲労を感じにくいこと」とも言えるからです。

 先ほども紹介したように、心技体すべてが揃っていないと仕事になりません。すぐに疲れるようでは継続できないですよね。

 金銭という報酬があるかどうかはさておき、自分が苦にならず、疲れず、張り合いを持ってエネルギーを注ぐことができる活動に挑戦してみる。そうすれば後半の人生も有意義なものにできるはずです。

7. 新しいことに挑戦していますか?

 歳を重ねることは、豊かな経験を積み、たいていのことはなんとかできる知恵を身につけることでもあります。

 しかし、経験値があることで、「新鮮な刺激」を遠ざけてしまうことも。それは失敗を避けたいからですが、これでは前半より楽しい人生は過ごせませんよね。

 今まで行ったことがないところに行ったり、やったことのないことに挑戦してみる。

 伊能忠敬も49歳で家業を長男に譲り、暦学、天文学を学ぶために江戸に出てきました。

 何歳からでも挑戦はできます。ぜひ新しいことに挑戦して、エネルギーを注ぎ込める何かを見つけましょう。

 最後に

 今回は『人生後半の幸福論』を参考に、どうすれば50歳以降の人生を幸せに生きられるか考えてきました。

 結論を言えば、私たちは何歳になっても勇気を持って生きていくことが大切なんですね。

 能力があっても、ものすごく頑張っても、うまくいかないことはあります。それでも一歩踏み出す勇気さえ持てば、エネルギーがあれば、状況を変えることができます。

 ぜひ今回紹介した内容を取り入れて、これからの人生を楽しみましょう。より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書をお読みください。

 関連記事

毎日の腕立て伏せ1回が習慣を変える!?新しい習慣の身につけ方

 新しい目標を立てても、すぐに挫折していませんか。  そんなとき、根性がない、努力が足りない、精神力が弱すぎる…などなど、自分を責めてしまいがちですが、やり方が間違っているだけだとしたら。  今回は、本『小さな習慣』を参 …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …

小さな力で大きな成果が得られる!?成果につながる自己投資のやり方

「すぐ始めよ、始めた者が成功する」  とは、本『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』に書かれていた言葉ですが、行動しない人に限って「やらない理由」をグダグダ並べています。  「やり方がわからない」「失敗したらど …

「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、 ・お金持ちになりたい ・いい仕事をして成果を上げたい ・友人や家族に恵まれたい  など、今すぐ実現したいことが山ほど浮かんできます。一方で、 …