webstation plus

smartphone_01

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。

 たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジャーとしての実績がないと一般的な日本企業には採用してもらえません。

 結婚だってそうです。独身のまま35歳を迎えた女性の9割以上が一生シングルという統計データからも、35歳が結婚・出産のリミットだと考えることができるでしょう。

 このように35歳は未来の選択が狭まっていく年齢とも言えますが、一方で、35歳を転機に人生が飛躍した著名人もいます。

 『半沢直樹シリーズ』の著者である池井戸潤さんもそのひとり。池井戸さんは、35歳まで銀行員として働いたり、データサービス会社を立ち上げるなど、金融関係の仕事をされていましたが、うまくいかず、行き詰っていたそうです。そこで、自分の強み、得意分野を分析。そうして書いた小説『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を見事受賞されました。このとき池井戸さんは35歳。

 他にも、ビートたけしさんやタモリさん、漫画『テルマエ・ロマエ』の作者であるヤマザキマリさんなど、多くの著名人が35歳前後で人生の転機を迎えています。

 「三十にして立つ。四十にして惑わず。」とは孔子の言葉ですが、35歳という年齢は、人生における重要な転換期なのかもしれませんね。

 では、この転換期にやっておくべきことは何なのでしょうか。

 35歳を迎えるまでにやっておきたい5つのこと

 明治大学文学部教授であり、作家でもある齋藤孝さんは、著書『35歳のチェックリスト』の中で、35歳までにやっておきたいことをいくつか紹介されています。なかでも、私が特にやっておきたいと思ったのは次の5つ。

  1. 人間関係の中心を「昔からの友人」に置かない
  2. 「親」以外に信頼できる人をもつ
  3. 「過去の栄光」を引きずらない
  4. 「しがみつく」姿勢ではなく、「ここで生きていく」覚悟を持つ
  5. 「自立心」を持つ

 それぞれ簡単に紹介していきますね。

1. 人間関係の中心を「昔からの友人」に置かない

 学生時代の友人や、同じ趣味・嗜好をもつ仲間は気楽で付き合いやすいものですが、30代半ばになっても、このような仲間たちとばかりツルんでいるようではいけない、と言われています。なぜなら、現実逃避に陥りやすくなるから。

 30歳を過ぎても結婚していない友人が周りにたくさんいれば、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」という気持ちになりがちですよね。しかし、これでは本質的な問題は何も解決しませんし、そればかりか危機感を鈍らせてしまいます。

 そのため、歳の離れた人や自分とは異なるジャンルで活躍する人、発想や環境がまったく違う人など、普段なかなか接点がない人とも付き合うようにしていきましょう。異質な価値観に触れれば、30代を過ぎて固着してしまいがちな感覚を広げることができるはず。

2. 「親」以外に信頼できる人をもつ

 もし、いちばん信頼している人が「親」だという人は、いまだに親に依存している可能性があります。一日も早く親以外に信頼できる人を作るべきです。

 なぜなら、信頼とは、自分を庇護してくれる存在、一方的に与えてもらう関係性ではなく、お互いのコミュニケーションと絆を結ぶものだから。上下関係ではなく、対等な立場で築くべきものなんですね。

 つまり、親が最も信頼できるという人は、未だに自立できていないわけです。一日も早く自立できるように行動していきましょう。

3. 「過去の栄光」を引きずらない

 卒業した大学が一流大学であったり、前職が一流企業であったりすると、変なプライドを持ってしまいがちですが、どんな一流大学も、一流企業も、今所属していなければブランド価値はありません。

 今現在やるべきことにベストを尽くしてない人に限って、過去の栄光を引き合いに出したくなるもの。しかし、どれだけ過去の栄光にしがみついても、現実は何も変わりません。潔く清算して、今を生きましょう。

4. 「しがみつく」姿勢ではなく、「ここで生きていく」覚悟を持つ

 終身雇用で家族的経営が行われていた時代には、「この人はもはや業績を上げるような働きはしていないけれど、長年一生懸命働いてきてくれたし、この人がいることで経験的に教えてもらえる部分もあるから、定年までいてもらいましょう」という発想がありましたが、今は違います。

 その人が明らかに組織内で価値ある存在であり、必要とされる存在でなければ、会社に居続けることは難しくなっています。なぜなら会社の業績が厳しくなっているから。

 だからこそ、これからも今の会社で働きたいのであれば、「しがみつく」姿勢ではなく、「ここで生きていく」覚悟を持つこと。すなわち、自分の強みを磨き続け、強みを発揮し続ける必要があるわけです。

 もし、自分の強みがわからないようなら、死に物狂いで見つけ出し、磨いていくしかありません。

5. 「自立心」を持つ

 会社員であっても、「自分は一個の事業主」だという覚悟を持つべきだと言われています。そうすれば、仕事に対する意識や責任感が変わるから。部長や社長がお得意先だと考えれば、自ずと意識の張り巡らし方が違ってきますよね。

 いつかは独立したい、起業したいと考えている人で、今やっている仕事を疎かにしている人はいないそうです。実績を出したい、仕事の幅を広げたい、今やっていることがすべて経験になる、無駄なことは何もない、と思っているから。得られることを精一杯吸収して、今の仕事で地歩を固めて、独立してもやっていける自信をつけたいと考えているからです。

 大事なのは、今いる場所でどれだけ全力が出せるかです。今いる場所で出せないものは、他の場所に行っても出せません。やりたい仕事ができる日など永遠にやってこないでしょう。

 だからこそ、自立心を持って、今いる場所で全力を出しきる必要があるわけですね。

 最後に

 私はすでに35歳を過ぎましたが、今回紹介したチェックリストが十分にできていませんでした。いまでも会社に甘え、「自立」した気持ちを持たずに仕事に取り組んでいるように思います。

 最近では、シャープや東芝といった大手電器メーカーに勤めていても、リストラされる時代です。私のように甘えた気持ちで仕事をしていては、早晩、リストラされるかもしれません。

 だからこそ、独立した気概をもって、今の仕事で確実に結果を出し、次につなげていく必要があるわけですね。そうすれば、35歳という年齢が人生の転機になるはずです。

 関連記事

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …