webstation plus

smartphone_01

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャーとしての実績がないと、一般的な日本企業には採用してもらえません。

 結婚だって同じです。独身のまま35歳を迎えた女性の9割以上が一生シングルというデータもあるように、35歳が結婚・出産のリミットだと考えることができるでしょう。

 一方で、35歳を転機に人生が飛躍した著名人も多くいます。『半沢直樹シリーズ』の著者として有名な池井戸潤さんもそのひとり。池井戸さんは、35歳まで銀行員やデータサービス会社を立ち上げるなど、金融関係の仕事をされていましたが、うまくいかず、行き詰っていました。そこで、自分の強み、得意分野を分析。そうして書いた小説『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞することができたのです。このとき池井戸さんは35歳でした。

 他にも、ビートたけしさんやタモリさん、『テルマエ・ロマエ』の作者であるヤマザキマリさんなど、多くの著名人たちが35歳前後で人生の転機を迎えています。

 「三十にして立つ。四十にして惑わず。」と孔子も言っているように、35歳という年齢は、人生における重要な転換期だといえるのかもしれませんね。

 では、この重要な転換期に、以降の人生を豊かにするために、楽しむために「やっておきたいこと」とは何でしょうか。

 35歳を迎えるまでにやっておきたい5つのこと

 明治大学文学部教授であり、作家でもある齋藤孝さんは、著書『35歳のチェックリスト』の中で、35歳までにやっておきたいことをいくつか紹介されています。なかでも、私が以降の人生を楽しむために必要だと思ったのは、次の5つ。

  1. 人間関係の中心を「昔からの友人」に置かない
  2. 「親」以外に信頼できる人をもつ
  3. 「過去の栄光」を引きずらない
  4. 「しがみつく」姿勢ではなく、「ここで生きていく」覚悟を持つ
  5. 「自立心」を持つ

1. 人間関係の中心を「昔からの友人」に置かない

 学生時代の友人や、同じ趣味・嗜好をもつ仲間は気楽で付き合いやすいものですが、30代半ばになっても、このような仲間たちとツルんでばかりいてはいけません。同じような仲間がいれば、現状に対する自己肯定ができ、不安や焦燥感も軽くなるので、現実逃避に陥りやすくなるからです。

 たとえば、30歳を過ぎても結婚していない友人が周りにたくさんいれば、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」という気持ちになりがちですよね。これでは本質的な問題は何も解決しませんし、危機感を鈍らせてしまいます。

 そのため、大人になってから友だちをつくるなら、歳の離れた人、自分とは異なるジャンルで活動する人、発想や環境がまるっきり違う人など、普段なかなか接点のなさそうな人がいいでしょう。異質な価値観に触れることで、30代を過ぎて固執してしまいがちな感覚を広げることができるからです。

2. 「親」以外に信頼できる人をもつ

 いちばん信頼している人が「親」というのは、いまだに親に依存している人だといえるでしょう。大人へと脱皮した30代は、「パートナー」や「上司」などと答えるはずです。

 なぜなら、自分を庇護してくれる存在、一方的に与えてもらう関係性ではなく、お互いのコミュニケーションと絆を結ぶものが「信頼」だからです。つまり、「親が最も信頼できる人」と答えた人は、いまだに自立できていないわけですね。

 そんなことでは、これからの人生を豊かに過ごしていくことなどできません。一日も早く、親以外に信頼できる人を見つけ、その人に対して何か与えられる自分に成長していきましょう。

3. 「過去の栄光」を引きずらない

 卒業した大学が一流大学であったこと、前職が一流企業であったことなどに変なプライドを持っている人もいますが、どんな一流大学も、一流企業も、今所属していないのであれば、もはやブランド価値はありません。

 今現在やるべきことにベストを尽くしていない人に限って、過去の栄光を引き合いに出したがるものです。しかし、どれだけ過去の栄光にしがみついたところで、現実は何も変わりませんし、みっともないだけです。潔く棚卸ししましょう。

4. 「しがみつく」姿勢ではなく、「ここで生きていく」覚悟を持つ

 終身雇用で家族的経営が行われていた時代には、「この人はもはや業績を上げるような働きはしないけれど、長年一生懸命働いてきてくれたし、この人がいることで経験的に教えてもらえる部分もあるから、定年までいてもらいましょう」という発想がありましたが、今は違います。

 その人が明らかに組織内で価値のある存在であり、必要とされる存在でなければ、会社に居続けることは難しいのです。他の決断ができないから、なんとなく居続けているだけの人は、早晩いらなくなるでしょう。

 だからこそ、これからも今の会社でやっていきたいのであれば、「しがみつく」姿勢ではなく、「ここで生きていく」覚悟を持ってやっていく必要があります。すなわち、自分の強みを発揮する必要があるのです。もし、強みがないようであれば、今すぐ死に物狂いで磨いていきましょう。

5. 「自立心」を持つ

 会社員であっても、「自分は一個の事業主」だという覚悟をもちましょう。そうすれば、仕事に対する意識や責任感が変わります。部長や社長がお得意先だと考えれば、自ずと意識の張り巡らし方が違ってきますよね。

 いつかは独立したい、起業したいと考えている人で、今やっている仕事を疎かにする人はいません。なぜなら、実績を出したい、仕事の幅を広げたい、今やっていることがすべて経験になる、無駄なことは何もない、と思っているからです。得られることを精一杯吸収して、今の仕事で地歩を固めて、独立してもやっていける自信をつけたいと考えているからです。

 大事なのは、今いる場所でどれだけ全力が出せるかです。今いる場所で出せないものは、たぶんどこに行っても出せません。やりたい仕事ができる日など永遠にやって来ないでしょう。

 最後に

 私はすでに35歳を過ぎていますが、今回紹介したチェックリストが十分できているとはいえません。いまでも会社に甘え、「自立」した気持ちをもたずに仕事をしているからです。

 最近では、シャープや東芝といった大手電器メーカーに勤めていても、リストラに追いやられる時代です。私のように甘えた気持ちで仕事をしていては、早晩、リストラされることになるでしょう。

 だからこそ、独立した気概をもって、今の仕事で確実に結果を出し、次につなげていきたいと思います。スティーブ・ジョブズも「いま一見無関係に見える点もいずれは自分の人生の中で大きな線でつながることを信じなくてはいけません」といっています。さぁ、目の前の仕事に真剣に取り組んでいきましょう。

 関連記事

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …