webstation plus

(※『尾木ママ流 叱らない子育て』表紙より)  子どもを叱っていませんか?  私もこれまでたくさん叱ってきましたが、残念ながら叱るメリットはありませんでした。もちろん、命に関わることや犯罪につながるようなこと、他人に迷惑 … 続きを読む 
(※『魔法のコンパス』表紙より)  好きなことを仕事にしていますか。  今後、AIとロボットの進化によって多くの仕事が奪われます。商店のレジ打ち係や、箱詰めや積み下ろしなどの作業員、会計士なども時間の問題。もっと多くの仕 … 続きを読む 
(※『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』表紙より)  子どもに「勉強しなさい!」と言っていませんか。  しかし、小学校最初の3年間は学校の勉強よりも学んでおきたいことがあります。それを学んでおけば、中学生や高校 … 続きを読む 
 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp … 続きを読む 
 それは、「叱る」ことでも、「ほめる」ことでも、「教える」ことでもありません。結論から言えば、「認める」ことです。  では、なぜ「認める」ことが子どもの成長につながるのでしょうか。  「叱る」「ほめる」は子ども … 続きを読む 
 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ … 続きを読む 
 生きていると悩みがつきませんよね。仕事が上手くいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど、次々と悩みが増えていきます。  しかし、このように悩んだり苦しんだりするのは、信じているものが間違っているからだとし … 続きを読む 
 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 … 続きを読む 
 メールやSNS、ブログなどの普及によって文章を書く機会が劇的に増えました。しかし、私のブログもそうですが、その多くは一度消費された後、誰の記憶にも残らずに忘れ去られる運命にあります。  もちろん、できることなら後世に残 … 続きを読む 
 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに … 続きを読む