webstation plus

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。

 読み聞かせた絵本15冊

『くろくんとちいさいしろくん』

 仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし、なかなかしろくんの仲間は見つかりません。くろくんはしばらく自分の寝場所を貸してあげることに。そうして仲良くなったしろくんとくろくんは――。

 子どもたちの感想は、「しろくんが仲間と会えてよかった」「くろくんの寝場所をしろくんにゆずってあげたのが優しいと思った」でした。

『そらの100かいだてのいえ』

 お腹を空かせたシジュウカラのツピくんは、お腹いっぱいご飯が食べたくて、ヒマワリの種を植える場所を探します。そうして見つけたのが100階だての空の家でした。ツピくんは100階まで登ってヒマワリの種を植えようとします。無事にお腹いっぱい食べられるかな!?

 子どもたちの感想は、「ヒマワリがキレイに咲いてよかった」「ヒマワリの種が食べられることに驚いた」でした。

『わんぱくだんのおかしなおかしや』

 わんぱくだんのけん、ひろし、くみは、お腹がペコペコでした。そこで、歌をうたいながらおやつを探して歩いていると、目の前に「おかしなおかしや」があらわれます。黒猫についてお店の中に入ってみると――。

 子どもたちの感想は、「おかしなおかしやに行って、お菓子を食べてみたいと思った」でした。

『コんガらガっち ぬきあしさしあし すすめ!の本』

 忍者になったイグラが悪者のお屋敷に忍び込みます。悪者に見つからずに無事に巻物を取り返せるのか!?他にも「いぐら、どうぐをつかってすすめ」「いぐら、いいにおいをさがせ!!」が収録されています。

 子どもたちの感想は、「あっちこっち行ったけど、最後は辿りつけて良かった」「絵がキレイだった」でした。

『ノラネコぐんだん おすしやさん』

 ワンワンずしにやって来たノラネコ軍団。お寿司が食べたくて、自分たちがいるところまでレーンを伸ばす工作をしますが――。

 子どもたちの感想は、「ネコちゃんは色々思いつくのが早くて、頭がいいなと思った」「ネコちゃんのお口が面白い形だった」でした。

『ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ』

 ノラネコ軍団は、運転手さんたちが休憩している間に勝手に汽車に乗り込みます。そして、石炭を入れて運転していると――。

 子どもたちの感想は、「とうもろこしがポップコーンになるのに驚いた」でした。

『発想力をアップ!なぞ解きトリック・イラスト―ミスター・エムのからくりやしきへようこそ』

 1mくらい離れて見ると浮かび上がってくる絵や反対に向けると違ったものに見える絵、頭がこんがらがる絵など面白いトリックが盛りだくさんの絵本です。

 子どもたちの感想は、「頭がこんがらがるサーカスの部屋が特に面白かった」でした。

『はるのおおそうじ』

 ある春の日。外は雨が降っているので、ピグレットは掃除をすることにしました。しかし、押入れを開けると、中から多くの荷物が。そこにやって来たプーさんたちと一緒に楽しく片付けをするお話。

 子どもたちの感想は、「箱の中に全部片づけられてよかった」でした。

『はしるはしるとっきゅうれっしゃ』

 かがくのとも傑作集。ストーリーは特になく、街中から出発した特急列車が、田園風景を通過して、終点にたどり着くまでを描いた絵本です。

 子どもたちの感想は、「知らないことがたくさん出てきて面白かった」でした。

『まいごのまいごのフーとクー』

 くまの子・ウーフとキツネのツネタは、キャッチボールをしていましたが、ウーフが受けそこなってしまい、ボールがどこかに飛んで行ってしまいました。草の中を探しても見つかりません。林のなかでやっと見つけのは、フクロウの子ども・フーとクーでした。迷子になったフーとクーのお母さんを探しに、ウーフとツネタが頑張る!?

 子どもたちの感想は、「フーとクーが無事にお家に帰れてよかった」でした。

『またまた!ねずみくんのチョッキ』

 ねみちゃんにチョッキを作ってもらったねずみくん。自分よりも身体の細いヘビさんにだけ貸してあげましたが、似合いませんでした。しかし、ライオンさんやゾウさんのせいでチョッキが伸びたので、ねみちゃんはチョッキをほどいて帽子をつくることに。この帽子が似合ったのは――。

 子どもたちの感想は、「ゾウさんがチョッキを引っ張るのはよくなかった」「ヘビさんがチョッキを着れてよかった」でした。

『ひつじのショーン―どっちがショーン?』

 テレビで大人気のアニメ『ひつじのショーン』。その絵本版です。

 今回の物語は、宇宙人に連れ去られたショーンと飼い猫のピッツリーが入れ替わってしまうお話。子どもたちの感想は、「ねずみが助かってよかった」でした。

『おさるのジョージ ピザをつくる』

 テレビで大人気のアニメ『おさるのジョージ』。その絵本版です。

 今回の物語は、近くに住んでいる女の子からピザ・パーティーに招待されたジョージが色々やらかしてしまうお話。子どもたちの感想は、「ピザがおいしそうで食べたくなった」でした。

『あんぱんまん』

 砂漠ではぐれた旅人や森で迷子になった子どもたちに顔を食べさせてあげるあんぱんまん。顔がなくなればジャムおじさんにまた作ってもらいます。

 子どもたちの感想は、「あんぱんまんは顔がなくなっても真っすぐ飛べることに驚いた」でした。

『もけら もけら』

 幼児向けの絵本。久しぶりに読みたくなったみたいで、自分たちで読んでいました。子どもたちの感想は、「最後の『だばっ』が面白かった」でした。

 最後に

 今月もたくさんの絵本が読み聞かせられました。気になる絵本があればぜひ読み聞かせてあげてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考えること」よりも「誰かが決めた答えに従うこと」が多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、どうやってその答えに辿り着くのかを教わり …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めて …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

子育てのイライラを解消するたったひとつの方法

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  なんて怒りたくなることばかり。ある自治体 …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …