webstation plus

 読書好きの私は、新聞や雑誌に紹介されていた本や本屋さんで直接手に取った気になる本をメモとして残しています。それを参考に、次に読む本を決めているんですね。

 しかし、メモをしたまま読まない本があまりにも多くなってきたので、毎月まとめとして残すことにしました。そうすれば、今よりも読書に励むはず…。

 今回は、その第1弾です。

 ビジネス&自己啓発系の本

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

家族>仕事で生きる。

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

仕事が「ツライ」と思ったら読む本

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法

自分を好きになれば、人生はうまくいく

豊田泰光のチェンジアップ人生論

漫画 君たちはどう生きるか

小さな習慣

 子育ての本

「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ

世界標準の子育て

世界で800万人が実践! 考える力の育て方――ものごとを論理的にとらえ、目標達成できる子になる

子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」

子どもの脳を傷つける親たち

心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本

 文章術の本

超スピード文章術

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

3行しか書けない人のための文章教室

どう書いたらいいの?!がなくなるWeb文章の書き方

 ライフハック系の本

科学的に元気になる方法集めました

世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ

 小説

騙し絵の牙

乗りかかった船

チョコレートの町

淳子のてっぺん

スロウハイツの神様

ふたご

西郷どん!

アナログ

か「」く「」し「」ご「」と「

烏に単は似合わない

 最後に

 気になる本があればぜひ読んでみてください。私も読み終えたら随時感想を更新していきます。

 関連記事

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

子供にも読ませたい!東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30

 2017年10月9日放送の「Qさま!!」で発表された「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」。  私は国語の教科書でしか読んだことがない本ばかりでしたが、「この機会に改めて読んでみよう!」&「子どもたちにも読ん …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

『All You Need Is Kill』は物語の世界観に浸れるオススメのSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも面白 …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …